映画『ノーマ、世界を変える料理』を見逃してはいけない3つの理由

美食のトレンドを牽引するレストランと、オーナーシェフの4年間を追ったドキュメンタリー映画『ノーマ、世界を変える料理』が、2016年GWより全国で順次公開されています。

料理界のアカデミー賞といわれる『世界のベスト・レストラン50』で、4度にわたって第1位に選ばれたのが、ご存知「ノーマ(noma)」。その名こそ知ってはいても、どこにあるかまで言える人は、そう多くないはず。ましてや、料理人の名前となれば尚のこと。

まったく新しい北欧料理をデンマークから世界に向けて発信し続けている料理人、レネ・レゼピを知ると、料理だけでなく、チームビルディングから、人と自然の関わり合いまで、それこそフルコースと言ってもいいくらい、ノーマにもこの映画にも、見どころがたくさんあるのです!

01.
レストランまるごと各国に出張
予約待ちは“6万人”

Photo by PierreDeschamps©2015DOCUMENTREEFILMSLTD

2015年1月、本国コペンハーゲンの店を一時休業し、「マンダリン・オリエンタル・東京」に期間限定で出張レストランをオープンさせたノーマ。わずか23日間の営業にもかかわらず、用意した2,000席に対し、世界各国から応募が殺到。じつに6万人以上がウェイティングリストに名を連ねたことで話題になりました。その後、約半年間かけて日本各地を巡っては、本国と同じクオリティで舌の肥えた人々を魅了。

期間限定とはいえ、本店を休業してまでスタッフ全員引き連れて他国へ赴き、そこで出張店舗を開いてしまうとは大胆!今年も1月下旬から4月までシドニーに出張店舗をオープンしていたほど。

©2015DOCUMENTREEFILMSLTD

本国を離れている間も、レネの新しい料理への構想は着々と進行中。2017年には新しい試みとして、コペンハーゲン中心部にあるヒッピーたちの自治地区(クリスティアニア)付近に、自ら家畜や農作物を育て食材とする「都市農園」を準備中だとか。

こうした、従来の高級レストランが挑んで来なかった新しい試みに、果敢にチャレンジし続けるのが「ノーマ」であり、レネ・レゼピという料理人というわけ。

02.
生きたアリに苔。
美食の常識をくつがえす
“超ぶっ飛び料理”

©2015DOCUMENTREEFILMSLTD

──レシピは参考にしない、今まさにレシピを作っているんだ

作中に登場するレネの言葉に、世界の美食家たちを魅了し続けてきた彼のイノベーションが現れているのではないでしょうか。なぜって、ノーマでは生きたアリがソースに合わさり、道端に咲くバラや採取した苔が、美しい料理と変貌を遂げてしまうのだから。

©2015DOCUMENTREEFILMSLTD

この、自然と生命が息づいた奇想天外で革新的なアイデアは、レネの徹底した地場素材、北欧の味覚へのこだわりにあるようです。

その厳しい自然環境から、“美食とは無縁の地”なんて形容されてきた北欧で、あえてその土地の恩恵や地産地消にこだわる。そうすることで、彼は新しい北欧料理をゼロから創造し、世界中に体現して見せました。まったく新しいコンセプトでありながら、北欧の大地へのリスペクトが多分に込められています。

03.
コック服の下はTattoo
厨房で流れるのはRock

Photo by Pierre Deschamps ©2015 DOCUMENTREE FILMS LTD

独創的なのは料理そのものだけではありません。これまでの高級レストランにみられる、ステレオタイプで塗り固められた暗黙の了解を次々に打ち破るのがレネのスタイル。

たとえば、ノーマには、テーブルクロスも銀食器もないし、厨房に立つコックの腕にはタトゥー。料理中には、厨房のスピーカーからロックサウンドがガンガン。

©2015DOCUMENTREEFILMSLTD

レネの感性と人柄に魅了された料理人たちは、世界中から続々と集まってきます。そして、そこには唯一日本人シェフが。2011年、ノーマで初めて食事したその場でレネに直談判し、見習いからシェフの座を勝ち取った人物、高橋 惇一氏です。

彼が過去のインタビュー記事で語った内容によれば、ノーマに集まる料理人は年齢や国籍、スキルもバラバラ。しかし、同じ音楽を聴き、ダンスをしながら床を掃き、酒を酌み交わし、談笑しているうちに、バラバラのスキルが、チームとして連動していくそう。

人間味を隠さずに、シェフであれ見習いであれ同じように接するレネは、誰にも等しくチャンスがあることを強調。独創的なオーナーシェフひとりのインスピレーションだけでは、ノーマの料理は生み出されないものなのです。

北欧料理をつくった男
世界を変える料理

食の世界に新風を巻き起こした38歳の料理人について、同じく世界で最も予約が取れない人気店として君臨した、「エル・ブリ」の天才料理人フェラン・アドリアはこうコメントしました。

「レネは偉業を成し遂げたんだ。それまで存在すらしなかった北欧独自の料理をつくったんだから」。

歓喜と苦悩の4年間を追ったドキュメンタリーは、レネ・レゼピの人間力により迫る内容に。6月18日には、渋谷アップリンク、横浜シネマ・ジャック&ベティ、USシネマつくば、京都シネマなどで上映開始します。この機会にぜひチェックしてみては?

タイトル:『ノーマ、世界を変える料理』
監督:ピエール・デュシャン
出演:レネ・レゼピほか
公開:2016年4月29日より全国順次公開中
配給:ロングライド
web:http://www.noma-movie.com/

(C)2015 DOCUMENTREE FILMS LTD

Top Photo by Pierre Deschamps ©2015 DOCUMENTREE FILMS LTD
Reference:EPOCH MAKERS
Licensed material used with permission by ロングライド
世界の頂点に4度輝いた「ノーマ(noma)」が、1ヶ月半の期間限定レストランを東京で成功させたのは2015年のこと。食材も勝手もまったく違う不慣れな土地で...
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
「株式会社行雲」が運営する美観堂から「美観堂謹製 岡山パクチーしょうゆ」が新発売。
映画『エキストラ・バージン〜世界一のオリーブオイル〜』。世界最大のオリーブ畑を舞台に、次世代を担う若き生産者たちを追ったドキュメンタリー映画。
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
大きなスクリーンで映画鑑賞しながら、テーブル付きの座席まで運ばれてくる本格的な料理を味わい、ビールやワインに酔いしれるーー。そんな映画館が2016年4月2...
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
アカデミー賞4冠を獲得した、話題の映画『パラサイト 半地下の家族』。劇中に登場するB級グルメ「チャパグリ」のレシピ動画が公開された。
シリーズ人気作の“実写版リメイク”を“8年間”かけて制作したファンが現れて大きな話題となっている。『Toy Story 3 IRL(現実世界のトイストーリ...
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
ポーランドを知るなら映画から入るのもアリでしょう。というのも、同国は古くから映画先進国だったから。そんなポーランドの映画に対する関心度の高さがわかるホテル...
愛犬と一緒に行ける映画館がないなら自分で作ってしまおう、という考えのもとできた「K9 Cinemas」。愛犬と一緒に映画鑑賞を楽しむことができる!
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
2月15日から「Makuake」で先行販売中のモバイルバッテリー「BRICKSPOWER」の新シリーズは、無線給電、LEDライト、スピーカーなどに変化する...
古くなった同社の靴を回収して、高い技術力で修復されたのち、コレクションとして店頭で売られるという。またデザイナーによって新たにデザインされた特別な一足も発...
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
映画『アイリッシュマン』を日本国内のスクリーンで観ることは諦めるしかない。日本では11月5日に「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」で3回上映されるのみ。チケ...
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できているだろうか?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらい...