廃棄された食材はおいしかった。映画『0円キッチン』をすすめる3つの理由

あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?

いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが、映画『0円キッチン』。

食料廃棄問題という、いま世界が抱える重たいテーマを快活で、ノリがよく、ときにコミカルに描くロードムービーだ。

廃棄されるはずの食材を使って、人と人が交流して、おいしい料理へと仕上げていく。豊かさとは何なのか?を考えるきっかけにもなるはず。では、その見どころを3つのポイントに絞ってご紹介。

01.
告発、扇動、ディスりなし。
終始リラックスのエンタメ感覚が◎

E8cd0b2ad2fc4e9b48f31b9250b6553534573e4a

廃油を燃料にして走れるよう自ら改造した自動車に、ゴミ箱でつくった特製キッチンを取り付け、ヨーロッパ5カ国をめぐる旅に出た主人公のダーヴィド・グロス。この映画の監督であり、ジャーナリストであり、食料活動家としての肩書きを持つ。

“エンタメ・ドキュメンタリー”と本人が位置付けるように、この映画は誰かを告発したり、ディスることもなければ、食品ロス削減を扇動したり、押し付けることもしない。ただ目の前にある問題を受け止め、各地で食に対するユニークで、おいしいアプローチを実践する人々と出会い、ともに廃棄食材で料理をつくっていくというのが趣旨だ。

楽しくないと食料廃棄を減らす真意は伝わらない」、単なるドキュメンタリー映画の枠にはまらない演出は、全編を通して通底するダーヴィドのこのメッセージが象徴している。 

02.
「ゴミ箱ダイブ」から「昆虫食」まで
食糧問題に対する世界のアクションが知れる

Fbcf99cbd6c5f6f595c9a106bbcc52a2724337920c2fe4084237a820538a64ed48f2790e8bfd442a

また、ダーヴィドは自らを「食材救出人」と称している。意味するところは、まだ食べられそうな廃棄食品をあさりに、ゴミ箱へとダイブ(ダンプスター・ダイブ)することから。

映画にも描かれているように、大手スーパーから廃棄される賞味期限切れ、あるいは独自に設けた販売期限を過ぎた食品のなかには、画面を通してでも十分にフレッシュさが伝わってくるものも存在する。実際どの程度それが新鮮だったのかは、本編で確認してほしい。

少々脱線するが、ここ数年アメリカやドイツの都市部で、「もったいない!」を理由にゴミ箱へとダイブする人々が増加しているという。でもこれ、決してホームレスに限った話ではないようだ。ゴミ箱から拾った食材を誰でもシェアでき、それを目的としたNPOも存在するというのだから。

それから、“未来の食料”として国連食糧農業機関(FAO)も認める昆虫食も映画に登場する。触れることすらためらってしまう子供たちにこの料理がどう受け入れられるのか、そこにも注目。

03.
自分にも「できること」があるかも、
という気にさせてくれる

47d106b61723037a44f5ad7f08b387cb40662dff

決して押し売りからこう言うわけではないが、見終わった後、自分にできることを考えてみたくなるに違いない。

ちなみに僕の行動は、自宅の冷蔵庫の中をじっくり見渡してみることだった。案の定(という他ないが)、冒頭のようなありさまだったからこそ、こんなセリフが胸に“刺さった”。

私はね、刻印された日付よりも自分の感覚の方を信じているの」。

これは、ドイツの集合住宅を訪れたダーヴィドが、一般家庭の冷蔵庫を抜き打ちチェックする場面でのもの。食材が手に入らない時代を生き抜いた人間(老女)の重みあるひと言は、大量生産、大量消費の現代社会の工夫のなさを嘆いているようにも聞こえてこないか。

はたしてどれだけの人が、自分の感覚を信じて毎日を送っているだろう、本当に必要なものが見極められているだろうか。そんな想いで冷蔵庫を見渡すと、どこか身の引きしまる思いがする。

世界で生産される食料の1/3が
毎年、廃棄されている

0a5657ba03ee67f83a38de097dc6ce0551194dac

FAOによると、世界で生産される食料の1/3は食べられることなく捨てられており、その重さは世界中で毎年13億トンにもなるという。5カ国を旅してダーヴィドが救出したおよそ690キロの食材が霞んでしまうほど、途方もない数字…。

それでも、廃棄されるはずの食材たちがどう料理に生まれ変わっていったのか。ゴミ箱のりんごや、路上の雑草、賞味期限を10年以上過ぎた調味料や昆虫、それらを恐るおそる口にしたときの人々の表情、そこがいちばんの見どころだろう。 

映画『0円キッチン』は、2017年1月21日(土)アップリンク渋谷より、全国順次ロードショー。詳細はこちらでチェックを。なお、あと数日に迫った公開に向け、現在ダーヴィド監督来日のためのクラウドファウンディングを実施中だ。

Photo by Mischief Films
Licensed material used with permission by ユナイテッドピープル
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
「moviepass」は、月額9.95ドル(約1080円)で映画館に通い放題の激安プラン。3D・Imaxの作品は不可など多少制限はあるが、ニューヨーク中心...
夏の間だけ星空の下に開館する映画館。あなたは、そんなロマンチックな空間の存在を知っているだろうか?舞台となるのは八ヶ岳の麓、長野県原村。実は、毎年夏になる...
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
先日、20万キロを走行した1996年式のホンダ・アコードに、「eBay」のオークションで驚愕の値段が付きました。その額は、約1,700万円!出品者は、どん...
今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持たせたもの。なんでも、「食」にまつわる作品ばかりを、世界中からセレクトしているのだとか!
小劇場、ミニシアター。大きなスクリーンのシネコンではなく、小さな空間でこだわりの一本を味わう。それは、多くの映画ファンにとっては至福の時間だろう。ブルック...
まだ食べられるのに、消費期限が近いからという理由だけで廃棄されてしまう大量の食材。誰もが「もったいない!」とは思うものの、具体的に解決しようと思うとそれは...
体の内側からキンキンに冷やしてくれるデトックスウォーターの紹介です。
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
サウジアラビア文化情報省が、12月11日に映画館の営業を35年ぶりに解禁することを発表した。一番最初に公開されるのが『少女は自転車にのって』ということを知...
三浦半島城ケ島公園で、初の野外映画祭「星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN」が、9月30日に1日限定で開催されます。映画監督専用のギャ...
映画鑑賞する際、監督や出演者をチェックする人は多いが、配給会社で映画を決める人は少ないのでは? けれども、多少なりとも社会問題に関心があり、世界で起きてい...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
映画館に行く。ストリーミングで見る。DVDを借りる。そんな選択肢の中に屋外映画祭があります。珍しくは感じないかもしれませんが、参加する機会が多いわけでもな...
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
好きな映画から好きなワンシーンを抜き出して描くイラストレーター長場 雄と、好きなセリフを抜き出し好き勝手に解説を描いたライターの鍵和田啓介。6つのジャンル...
ハロウィンの時期も近づき、ホラー映画で恋人との距離を縮めるためにも、名作ホラー映画を一緒に鑑賞してみてはいかがだろうか。『エクソシスト』、『シャイニング』...
『アップリンク渋谷』は、2017年公開の話題作(全47作品だって!)を、12月23日(土)〜2018年1月26日(金)の約1か月間、特別に再上映してくれま...
コーヒーとチェリーパイと1枚の写真、下世話なテディベア、ドラッグ入りのミルク……。
ジャケット写真も、出演者の情報もない。たったひとつのセリフだけをみて、心に刺さった作品を選んでみる。