コーヒーを愛するすべての人へ!映画『A Film About Coffee』が公開決定!

いつの間にか、私たちの暮らしに欠かすことが出来なくなったコーヒー。そんな何気ない日常のカップの奥底には、遙かなるコーヒー豆たちの冒険が隠されている。

果たして、その1杯はどのように私たちの手元に届けられるのだろうか?物語『Seed to Cup(種からカップまで)』を美しい映像で綴ったドキュメンタリーが、12月に日本で公開される。映画『A Film About Coffee』のことだ。

sub3_s_R

実は、もともと、自主制作映画だった本作。その上映会が、世界30カ国108都市にもおよぶコーヒー愛好者の手で自発的に開催され、大きな話題に。その反響を受け、ついに本国アメリカで配給が決定したという経緯がある。

制作したのは、サンフランシスコ在住のCMクリエイター、ブランドン・ローパー監督。彼は、世界のコーヒーカルチャーを牽引するプロフェッショナルたちの熱き仕事ぶりと哲学を追求。新潮流の中核をなす、高品質で風味の優れた「スペシャルティコーヒー」の現場を紐解きつつ、ブームにはとどまらない大きなコーヒームーブメントの今を鮮やかに浮き彫りにした。

sub1_s_R

sub7_s_R

sub2_s_R

中には、日本進出が話題になった「ブルーボトルコーヒー」創始者のジェームス・フリーマンが、自らのコーヒーの原体験や日本の純喫茶への強い憧憬を語るシーンも。

そこで登場する大坊勝次さんは、2013年に多くのファンから惜しまれつつも閉店した、東京・表参道の「大坊珈琲店」のオーナー。コーヒー1杯を淹れる一連の研ぎ澄まされた所作はあまりにも美しく、今はなき名店の佇まいが再びスクリーンに立ち現れるよう。映画には、大坊さんの他にも、東京で活躍中のプロフェッショナルたちが登場する。

sub5_s_R

ここ数年で拡大を見せる「スペシャルティコーヒー」の担い手たちは、豆の生産地からカフェに至るまでのあらゆる場所に新たな経済の仕組みを息吹かせつつある。本作では、コーヒーから始まるこうした変革の姿も、美しい映像とともに映しだされることに。

main_s_R

映画A Film About Coffee』は、2015年12月新宿シネマカリテほか全国順次公開。きっと、本作を観た後は、コーヒーがより身近に、より愛しく思えるはずだ。

Licensed material used with permission by © 2014 Avocados and Coconuts.

コーヒーとチェリーパイと1枚の写真、下世話なテディベア、ドラッグ入りのミルク……。
お店の名前でもある「ONIBUS」は、コーヒー大国ブラジルの公用語ポルトガル語で「公共バス」「万人の為に」という意味なんだそうです。今回、インタビューした...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
「ルーフトップは、野外シネマの王様だ」コレ、ほとんどの日本人の頭の中には「?」が浮かびそうですが、アメリカ、イギリスの人にとっては当たり前の謳い文句なのか...
機能的にはごく普通のコーヒーミルで、ローテクではあるのですが、アウトドア好きかつデザインにこだわりたい人にはぴったりかも。単純に見た目がオシャレなので、自...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
人の手で作られた、ぬくもりを感じさせるものは、なにも形あるものだけに限りません。『I Love Coffee』は、シアトル在住の岩田リョウコさんが、香りを...
「Original Travel Company」は、独自の視点で旅をプロデュースしてくれるイギリスの旅行代理店です。
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
シアトルで「I Love Coffee」(こちら日本語版)というサイトを始めて、もうすぐ5年が経ちます。コーヒーのサイトを運営していると、やっぱりコーヒー...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
ここは、中国最大のカンフーアカデミー「Shaolin Temple Kung Fu Academy」。動画は、そこで修行を積んでいる36,000人の子ども...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持たせたもの。なんでも、「食」にまつわる作品ばかりを、世界中からセレクトしているのだとか!