「竹粉とコーヒーかす」で作られた弁当箱「BENTO box COFFEE」

株式会社フレンバシーが運営する「Good Good Mart」にて、新素材の弁当箱「BENTO box COFFEE」の販売がスタートした。

プラスチックを使わず、100%天然素材プラントファイバーセラミックで作られている(シリコーンゴム製パッキンを除く)。本体およびフタ部分の主な原材料は「竹粉とコーヒーかす」だ。

本来は捨てられてしまう素材を使用したリサイクルプロダクトで、人体に悪影響を及ぼすといわれている素材や、健康へのリスクが懸念されるメラミンも不使用。可燃ごみとして処分することができ、土に埋めると約半年から分解が始まり、最終的には完全分解されるという。

日本伝統のわっぱ弁当箱の楕円型で、フタには台湾伝統のタイル模様をアレンジした美しい曲線をデザイン。割れにくく、食洗機の使用もOK。容量は550mlで、おとな1人分にちょうど良いサイズだ。

価格は4345円(税込)で、購入はコチラ。なお、同素材のタンブラーもラインナップされている!

©フレンバシー
Top image: © フレンバシー
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事