たぶん、世界でもっとも薄〜い(最薄2.2cm)弁当箱

下の写真、奥から「SPACE GRAY」「ROSE GOLD」、そして「SILVER」。

カラーリングも見た目もタブレット端末のコレ。ところが、実際のところは「弁当箱」だというのだからオモシロイ。

©2019 Pola Mola, Inc.

コンパクトを謳う弁当箱は数あれど、容量もきちんと担保しながらここまでスリム化が適うアイテムがあったろうか。

その実、この「MolaBox」、我々のイメージする弁当箱とは少し異なる概念でデザインされている。いわゆる家でお弁当を詰めて持ち運ぶという用途ではなく、マイボトルのようにテイクアウト容器として持参するといった意味合いのよう。

それにつけても、どう?

©2019 Pola Mola, Inc.

縦20cm × 横12cm × 高さ2.8cmのスリムなボディをケースから取り出すと、折りたたみ式のボディが高さ8cmにまでむくむくと膨らんでくる。中身を食べてしまえば、パタンとたたんで元のケースに収納するだけ。ついでに専用カトラリーもケース内に収まる優れものだ。ちなみに、ボディもケースもともに廃棄品のリサイクル素材を用いている。

開発した香港のスタートアップ「Pola Mola, Inc.」の目指すゴールはプラスチックフリーの社会実現。いかにエコフレンドリーな生き方を選択するか。今の時代のキーワードを反映した弁当箱。気になる人は「MolaBox」で検索してみて。

©2019 Pola Mola, Inc.
Top image: © 2019 Pola Mola, Inc.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

自分に合った「お弁当箱」を見つけるための、選び方のポイント(素材、容量、デザイン、機能性など)を解説。合わせておすすめのお弁当箱を10点紹介。節約やダイエ...
デザインが良いだけじゃない、機能的で使いやすさも兼ね備えた「おしゃれ」なお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約できて、ダイエットにも良い「...
温め、冷蔵、冷凍、湯沸かし、スムージー、超多機能弁当箱「Neoven」。
軽くて丈夫な「アルミ製」のお弁当箱について、メリットやおすすめの商品をご紹介。外食費を抑え節約になり、栄養やカロリーをコントロールできるからダイエットにも...
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。有識者の話は参考にしにくい。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようという...
シンプルでカッコイイだけじゃなく、丈夫で使いやすい「ステンレス製」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約できて、ダイエットにも良い「お弁...
エコな自然素材ででき、調湿効果でごはんを美味しく保てるなど広い世代に人気の「曲げわっぱ」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約やダイエッ...
寒い日もランチにほかほかごはんが食べられる「保温」タイプのお弁当箱について、メリットやおすすめの商品をご紹介。節約できて、ダイエットにも良い「お弁当生活」...
薄手のバッグにもすっぽり入って便利、意外に盛り付けもしやすい「スリムタイプ」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約できて、ダイエットにも...
軽くてかさばらず、シンプルな作りでおかずを詰めるのも洗い物も楽な「一段」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約できて、ダイエットにも良い...
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子とスパークリングワインのペアリングを検証してみました。
サステイナブルな生活様式を提案するプロジェクトチーム「sunaho」が、台湾のホームウェアブランド「TZULAï」と共同開発した、コーヒーかすと竹粉が主原...
日本でも珍しい京都の弁当箱専門店「Bento&Co」が開催した、弁当箱を使った国際コンテスト。「第7回国際BENTOコンテスト2015」の結果をご覧あれ。
今月から「日本環境協会」運営する認定制度「エコマーク」にて、海洋プラスチックごみを再生利用した製品を対象とする認定がスタートした。
デジタルスケールが付いていて、カロリー計算をすることができる弁当箱MacroPack。これを使えば、栄養バランスの良い食事をとることを助けてくれます。
「Mandem Safe」はAdidasとNikeの箱に収まるようにデザインされた金庫です。
「時間をかけずに適量のご飯を炊きたい」。そんなオーダーに応えてくれる炊飯器「おひとりさま専用高速弁当箱炊飯器」が「サンコー」より発売。
「ほぼ日」の乗組員(スタッフ)が、中身を考え箱に詰めてお届けする販売企画「おうちたのしみ箱」が先月からスタート。第一弾は、3種類の箱を用意。
「CHEESE PRINTER(チーズプリンター)」と記されたこの箱、先にネタばらしをすると、実はただの空箱なんです。商品の概要が記された裏面を見せてから...
クラウドファウンディング「Kickstarter」に登場後、わずか半日で目標額を突破し話題をさらった新製品が、この弁当箱。もちろん、ただのそれではありませ...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
昨年に続き、ニューノーマルを求められる2021年。在宅ワークはたしかに浸透したかもしれない。でも、皆がみな「家=シゴトの場所」とできているかは……。生活の...