アプリと連動して、レシピの提案からカロリー計算までしてくれる「スマート弁当箱」

クラウドファウンディング「Kickstarter」に登場後、わずか半日で目標額を突破し話題をさらった新製品が、この弁当箱。もちろん、ただのそれではありません。アプリと連動することで、献立、健康管理、さらには残り物の管理まで!

献立も健康管理もおまかせ
次世代「ランチボックス」

タブレットサイズと聞くと、正直「持ち歩きにはいささか大きすぎ」というのが本音かのしれません。ですが、このサイズを誇らしげに開くときはランチタイム。自作のお弁当にみんなの視線が釘付け。

 この弁当箱デバイス、「Prepd Pack」は、専用アプリと連動することで、気分や体調に合わせた健康的な献立をセレクトしてくれます。献立のレパートリーが少なく、悩んでいる人にはもってこい。しかも、そのどれもが1時間以内で作ることができるメニューなんだとか。

プロが教える献立で
ムダなく使い切る

大中小3タイプの容器を自在に組み合わせることで、「ちょこっと詰め」が可能。主菜と副菜のバランスを考えて組み合わせたり、冷蔵庫の残り物をちゃっちゃと合わせて一品を作り足したり。これができると、食材をムダにすることなく最後まで使い切ることもできますよね。

いちいちアレンジや組み合わせが面倒!という人には、プロの栄養士やシェフがおすすめするレシピ(どれも容器にぴったり収まる分量に計算されている)が、アプリ内にたくさん。ここから一週間分メニューを選んで必要な食材だけを用意すれば、食品ロスもなくなるという算段。もちろん、朝夕の食事もあるから、あくまで算段ということ。

「Healthkit」と統合
健康管理もバッチリ!

こうして、日々口にするランチの食事量やカロリー数がアプリに保存されていきます。また、iOSのHealthkitと統合しているため、体重やBMI値の推移もひと目で確認が可能。

さらに、もちろんお弁当箱ともしても秀逸。耐熱性のガラス容器はそのまま電子レンジもOK。さらに、汁もれの心配もいらないほどに密封性もバッチリの様子。マグネット式の外ケースに入れれば、デイバッグの中にもこの通り。

容器が1セットずつ(小は2個)とマグネット式でぴったりケースに張り付くカトラリーがセットになった、こちらのスタンダードタイプは50ドル(約6,000円)で販売予定。ちなみにこの値段にはアプリの代金も含まれています。

すでに潤沢な資金を得た「Prepd Pack」。早ければ2016年6月より順次発送予定だそう。気になる人はこちらから。

Licensed material used with permission by Prepd
デジタルスケールが付いていて、カロリー計算をすることができる弁当箱MacroPack。これを使えば、栄養バランスの良い食事をとることを助けてくれます。
いかにもなフォルム。パッと見だけならナチュラルカラーのラップトップや、モバイルガジェットと思っても不思議はないが、その実これは弁当箱。もはやそこにハコとし...
コツを知らないと意外と作るのがむつかしい目玉焼きが、今日はいつもより上手に焼けた。黄味も崩れず、きれいにまあるくて、いいかんじ。ベーコンは油を使わずカリカ...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
日本でも珍しい京都の弁当箱専門店「Bento&Co」が開催した、弁当箱を使った国際コンテスト。「第7回国際BENTOコンテスト2015」の結果をご覧あれ。
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
Leaf Urbanは、常に健康を管理することができるジュエリーの形をした女性のための健康を記録できる装置です。歩数や活動した時間、消費カロリーの記録、睡...
「Miles」のユーザーは移動すればするほど彼ら独自のマイルをゲットできて、それをスタバやアマゾン、ターゲットのクーポンに交換できるようです。
「Givling」は、アメリカで奨学金返済に苦しんでいる人のために開発されたアプリです。
去る7月27日、バチカン市国がローマ法王の演説を聞くための同時通訳アプリ「Vatican Audio」をリリースしました。
「Emglare」は心拍数を測定してくれて、心電図の記録もサポートしてくれるスマートウェア。異常が見つかった場合はアラートを出してくれる機能もある。
フレッシュで安心して毎日食べられる自家製ヨーグルトメーカーが登場。クラウドファンディングに登場。圧倒的な支持を得て資金調達に成功しました。
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
カロリーを消費したいなら、ウォーキング?ジム通い?いやいや、ホラーでしょ!と言わんばかりの新たな取り組みをご紹介。ドコモ・ヘルスケア株式会社は、歩数、移動...