油で揚げずに作る、ヘルシーな「コロッケ」&「メンチカツ」

コロッケやメンチカツは、好きな人が多い一方で、作るのにちょっと手間がかかります。油で揚げるのは、どうしてもハードルが高いですよね。

でも、ここで紹介する作り方なら、揚げる必要はなし。しかも、低カロリー! 普段料理しない人にこそ覚えて欲しい。油揚げに“詰める”方法です。

カリカリ、ほくほく
「油揚げコロッケ」

材料:1人分

油揚げ       1

じゃがいも     大1個

塩コショウ     少々

サラダ油      適量

キャベツ(千切り)   適量

レタス       適量

中濃ソース     適量

A玉ねぎ(みじん切り) 1/4個

A豚ひき肉      30g

作り方

①油揚げを半分に切り、裏返して袋状にする。

②中火で熱したフライパンにAを入れ、火が通るまで炒める。

③じゃがいもは皮をむいて一口サイズに切ったら耐熱ボウルに入れてラップをし、600Wの電子レンジで4~5分ほど加熱して火を通し、熱いうちにつぶす。

④②と③を混ぜ合わせて、①に半分ずつ詰め、開いている部分を織り込む。うまく閉じられない場合は、爪楊枝を使って止めてもOK!

⑤中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、閉じ口を下にして焼く。

⑥転がしながら焼いていき、全面に焼き色がついたら器に盛り、キャベツやレタスを添える。お好みでソースをかけて。

カリッカリの油揚げのに、ホクホクのジャガイモ! こんなに簡単にコロッケが出来るなんて……と感動するはず。この作り方なら、具材には最初から火が通っているので、あっという間に完成。揚げる工程だけでなく、パン粉も卵もいらないので、ひとり暮らしの方にもオススメです。

肉汁がジュワ~ッと
「油揚げメンチカツ」

材料:1人分

油揚げ         1

サラダ油        適量

キャベツ(千切り)      適量

中濃ソース       適量

Aひき肉            70

A玉ねぎ(みじん切り)       1/4個

A塩コショウ            適量

作り方

①油揚げを半分に切り、裏返して袋状にする。

②ボウルにAを入れ、手でよく混ぜたら①に半分ずつ詰め、開いている部分を織り込む。うまく閉じられない場合は、爪楊枝を使って止めてもOK!

③弱火で熱したフライパンにサラダ油をひき、閉じ口を下にしてじっくり焼く。

④転がしながら焼いていき、全面に焼き色がついたら器に盛り、キャベツを添える。お好みでソースをかけて。

噛んだ瞬間、肉汁がジュワ~っと口いっぱいに溢れます! 油揚げもカリカリに仕上がり、ソースをかければ見た目も味もメンチカツそのもの。

ポイントは、弱火ででじっくりと焼くこと。火の通りが心配な人は、竹串を刺して確認しましょう。刺した穴から透明な肉汁が出ればOKです。

番外編
ちょっぴり和風な
「油揚げ餃子」

材料:1人分

油揚げ          1

ごま油          適量

水            40ml

A豚ひき肉        70

Aにらみじん切り)   2

Aキャベツみじん切り) 1/2

A酒           小さじ1/2

Aオイスターソース    小さじ1/2

Aにんにくチューブ    2cm

Aしょうがチューブ    2cm

A片栗粉         小さじ1

餃子のタレ(市販品)   適量

作り方

①油揚げを半分に切り、裏返して袋状にする

②ボウルにAを入れ、手でよく混ぜて①に半分ずつ詰め、開いている部分を織り込む。うまく閉じられない場合は、爪楊枝を使って止めてもOK!

③中火で熱したフライパンにごま油をひき、閉じ口を下にして焼く。

④転がしながら焼いていき、全面に焼き色がついたら水を加えて蓋をし、蒸し焼きにする。

⑤水分がなくなったらフライパンから取り出し、半分に切る。餃子のタレはお好みで。

番外編として紹介するコチラは、揚げ物ではない餃子ですが、わざわざ皮を購入したりするのが面倒ですよね? そんな時にも油揚げに包む方法が役立つわけです。外はサクッと、中はジューシーな仕上がり!にんにくと生姜の風味が食欲をそそる、紛れもない“餃子”が楽しめます。ご飯のおかずはもちろん、お酒のおつまみとしても、クセになる味です。

油揚げのおかげで、面倒な工程が一気に省けて、しかもヘルシーで美味しい料理が出来ちゃうんです。ただ詰めて焼くだけの簡単レシピですが、アレンジ次第でいろいろ活用できますよ。

忙しい人にも、カロリーが気になる人にも、お酒が好きな人のおつまみにも。油揚げって本当に万能です!

今回、栃木県小山市で見つけた行列の先にあったもの、それは、「おとん」のメンチカツ。ちなみにその「おとん」ってのは、お父さんのことではありませんよ。小山のブ...
ミートボールに代表されるように、ひき肉を使った料理が多いデンマーク。なかでもボリューム満点で、日本人にも親しみやすいガッツリ系のメニューを紹介しましょう。...
本日、東京・芝大門にオープンした北海道のコロッケサンド専門店「ドサンド」。北海道産小麦を使った厚切り食パンと、オーダーしてから揚げる“サクサクホクホク”の...
「揚げる」という工程をなくしただけでも、春巻きはヘルシーになる。
多様な結婚式に参列するにあたり「何を着たらいいのかわからない」と悩む女性たちへ向けたオンラインサービス「BEAMS SALON(ビームス サロン)」が今週...
低糖質・低脂質のダイエットチーズを自家製する方法教えます。
マヨネーズは全卵を使ってつくるのが基本ですが、これをちょっとでもヘルシーに仕上げるためには黄身を抜いてしまえ。というのがこの記事のテーマ。本来は料理をする...
半世紀以上アムステルダムで愛され続けているファストフードチェーン「FEBO」のコロッケ(クロケット)。自販機がズラリと並ぶ店舗で販売されていて、購入は小銭...
日本で昨今ブームの「牛カツ」ですが、アルゼンチンにも牛肉にパン粉をつけて揚げ焼きにした「ミラネッサ」という料理があります。これ、お肉を薄く叩いて作るから、...
コアな台湾ファンは周知の事実ですが、当地発のB級グルメに「揚げおにぎり」なるものがあります。
イェール大学で人気の心理学講座が無料で受講可能に。オンライン教育サービス「Coursera」に登場した本講義では、心身の幸せを保つ秘訣を体系的に学べる。
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
インドを旅していると、道端の屋台にはじつにたくさんの“地元めし”があることに気づきます。ここで紹介するホットスナック「アルー・ティッキ」もそのひとつ。1個...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
お土産としてもおなじみ「油みそ」は、ウチナーンチュの常備菜として愛される家庭の味。これを自宅でかんたんに再現したレシピをどうぞ。
ダイエット中だから高脂肪の食事は避けたい。そんなとき、高野豆腐が強い味方になってくれることを知っていましたか? 噛み応えのある独特の食感を上手く利用して、...
暗闇ボクシング・フィットネスとして話題の「b-monster」が、3月27日(金)より期間限定で無料配信中。人気パフォーマーのプログラムを自宅でおこなうこ...
「Afternoon Tea LIVING」と「STANLEY」の初のコラボレーションアイテムとなる春色のピンクカラーを纏った限定色の真空マグが4月10日...
11月26日、「Airbnb」が世界中の家庭料理を作って楽しめる新カテゴリー「クッキング体験」のローンチを発表し、豪華なキャンペーンをおこなっている。
かれこれ25年前、「ティラミス」が日本で空前のブームを巻き起こしたことを知る人は、もはやいい大人。美味しいけれどハイカロリー、は昔も今も女心を悩ませる種。...
冬場の鍋もの料理に欠かせない食材がタラ。今が旬の味覚です。ところがこのタラ、他に思い当たる料理といえばムニエルに、あとは…となかなかバリエーションが出てこ...
なんでジャンキーな食べ物っておいしそうに感じてしまうのだろう。けれど、涙が出るほどおいしい「ヘルシーな料理」だってあるのです。たとえば、キヌアとケールを使...
砂糖を加えるエナジーバーが一般的ですが、今回のレシピでは糖分を一切加えていません。ドライフルーツが持つ糖分だけでも十分に甘く、ナッツの香ばしさをたっぷり味...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。