甘すぎず、ハイカロすぎない「自家製エナジーバー」のちょうど良さ

欧米では、手ごろなサイズで栄養補給源としても人気の高い「エナジーバー」。すでに日本にも数多く輸入されていますが、お菓子かと思うくらい甘かったり、カロリーが高すぎたり。

そこで、もっとヘルシーで手軽なエナジーバーを自分でつくってみる、というのはどうでしょう。これなら心もカラダも大満足!

6ad9ae51b55bd55772192dc9088e6cc4652c2381

<材料:バー5本分>
ドライプルーン:100g
レーズン:100g
オートミール:100g
ミックスナッツ:100g
黒ごま:50g
ヒマワリの種:70g
ココナッツオイル:大さじ2

<つくり方>

ココナッツオイルを除いたすべての材料をフードプロセッサーにかけます。オイルは耐熱容器に入れてレンジで温めておきます。粉々になった材料とオイルをヘラなどでよく混ぜ、バットに広げて冷蔵庫で20分ほど。冷え固まったら、バー状に切り分けてどうぞ。

甘さ控えめでも、
ミネラル、ビタミンはふんだんに。

砂糖を加えるエナジーバーが一般的ですが、今回のレシピでは糖分を一切加えていません。ドライフルーツが持つ糖分だけでも十分に甘く、ナッツの香ばしさをたっぷり味わうことができますよ。

、認知能力をあげ、頭の回転を早くするための「栄養バー」なるものの存在を知ってますか?
本来食べ物が持っている、ビタミンやミネラル、酵素を効率的にカラダに取り入れる食習慣が「ローフード」です。だけど、厳格なルールにこだわらず、個々人のライフス...
生クリームも、牛乳も卵もいらない。たった2種類のナッツを用意するだけで、なめらかでリッチなアイスクリームがつくれてしまいます。しかも、美味しくて健康的。こ...
健康面に気づかって、自家製ドレッシングを作る人も多いですよね。そんな「自家製」を作るとき、特にオススメなのが、ごまドレッシング。フードプロセッサーさえあれ...
最近のオーガニック志向は、口にする食材ばかりか、衣類や化粧品、洗剤や石けんにも。こうした健康ブームを受けて、アメリカで話題となっているのが、自家製歯磨き粉...
マヨネーズは全卵を使ってつくるのが基本ですが、これをちょっとでもヘルシーに仕上げるためには黄身を抜いてしまえ。というのがこの記事のテーマ。本来は料理をする...
使いたいときだけ登場する「サンカク」これを組み合わせると、ローテーブルに!
これは、アメリカ西海岸で暮らす健康志向な人たちを中心に、人気が急速に広まりつつある「Buddha Bowl」。ブッダボウル(仏丼)?たいそうご利益がありそ...
キリンの午後の紅茶シリーズから発売された、『恋のティーグルト』をご存じですか? 紅茶でありながら、甘酸っぱいヨーグルトテイストという話題の紅茶飲料です。た...
「おやつ」や「間食」と聞くと、罪悪感を感じてしまう人も多いのでは。健康的なものを食べたいけれど、近くに売っている場所もあんまりなくて…。「snaq.me」...
写真は、第二次大戦勃発直後のアメリカで開発された、軍隊用の野戦食(コンバット・レーション)だ。レトルトパックに入った調理済みの料理や、エナジーバーなどが1...
アクティブなシーンでサングラスを使うならストラップはどうでしょう? 〈CHUMS〉は、メガネストラップからスタートしてブランド。現在もさまざまな種類を販売...
アボカドの美容・健康効果は誰もが認めるところ。アレンジ次第で、いくらでもオリジナルレシピができてしまいます。「WonderHowTo」でライターBrady...
ダイエット中だから高脂肪の食事は避けたい。そんなとき、高野豆腐が強い味方になってくれることを知っていましたか? 噛み応えのある独特の食感を上手く利用して、...
インドネシア・バリ島で手軽に味わえるおやつ「ロティ・バカール」。食パンのあいだにチーズ、ジャム、練乳をベースにお好みの具をはさんで、鉄板で焼いたバリの屋台...
見た目もサイズもお米のような「リゾーニ」という粒状パスタがあります。ギリシャではこれをサラダに加えて食べるスタイルが好まれているようですが、それを本物のお...
「父の日」「プレゼント」と検索を入れると、関連ワードには「人気」や「定番」、これと並んで上位に来るのが「健康グッズ」です。世のお父さんたちのカラダを心配し...
「ゴールデンラテ」、「ゴールデンミルク」とも呼ばれているコチラの飲み物。カラダにもよく、美味しいと評判なのです!シナモンで描いたラテアートもかわいい♡ で...
近年、美容や健康にココナッツが大注目。オイルやミルクが当たり前のように手に入るようになってきました。で、そのココナッツブームとともに日本に入ってきたのが「...
ヘルシーフードとしても注目され、「日本のことはあまり知らないけど、スシは好き」なんていう海外の人もいたり。その土地の人の口に合うように大幅アレンジされたも...