砂糖もバターも使わない!?女性に嬉しい「ロースイーツ」な美肌トリュフ

スーパーフードの「アサイー」を使った、ロースイーツをご紹介します。すでに日本人にもおなじみのこのアサイー。独特の濃い紫色は、ポリフェノールの宝庫だという証拠。ということは、抗菌化作用がとっても高い!お肌の老化を遅らせたり、体内の代謝をアップさせて血液循環もうながす、アンチエイジング食なのです。女性なら積極的に摂りたい果物ですよね。

IMG_7688-3-480x480

私は、冷凍ピューレ状のもの(もちろん無添加、ノンシュガーのもの)や、フリーズドライになっているアサイーを常備しておいて、ときどきジュースやスムージにプラスして楽しんでいます。
せっかく栄養価の高いアサイーですから、スムージーやアサイーボウルだけでは芸がない。そこで、今回はアサイーを入れた「ローチョコレートトリュフ」をご紹介します。大丈夫、想像しているよりも簡単に作れますから。

IMG_7702-480x480

<材料>ローカカオバター:60gローカカオパウダー:30g生カシューナッツ:35gアサイーピューレ:50ml水:50mlアガベシロップ:大さじ3(生ハニーでも可)ヒマラヤンピンクソルト:適量(トッピング)ココナッツフレークフリーズドライブルーベリーパウダー

<作り方>
①生カシューナッツは3時間以上浸水させて、よく洗いすすいでおく。カシューナッツ、アサイーピューレ、水をブレンダーに入れて滑らかになるまで撹拌し、アサイーカシュークリームをつくる。
②ローカカオバターは細かく刻み、48℃以上に温度が上がらないように湯煎しながらゆっくり溶かす。完全に溶けたら、ローカカオパウダーを少しずつ入れて、器などで混ぜながら溶かしていく。アガベシロップ、ヒマラヤンソルトを入れてさらに混ぜ合わせ、味を整える。
③そこに①を少しずつ注ぎ入れて、手早く混ぜ合わせ乳化させる。完全に乳化するまで混ぜるのがポイント。この乳化でトリュフの舌触りや口溶けが全然変わってくるのでしっかりまぜること。
④乳化したチョコレートを型やタッパーに流し入れ、冷凍庫で2時間以上冷やし固める。

IMG_7699-480x480

冷凍庫から取り出したチョコレートをお好きな大きさにカットし、手で丸める。

IMG_7700-480x480

ココナッツフレークとブルーベリーパウダーを混ぜ合わせて、丸めたチョコレートにまぶす。

IMG_7701-480x480

アサイーとブルーベリー、2種類のベリーでポリフェノールたっぷり、キレイになれちゃうこと間違いなしのトリュフです!甘酸っぱくて栄養価満点のアサイーと、ローカカオの相性を是非お試しください。

このほか「sweetsremedy labo」では、ロースイーツのレシピをたくさん用意しているのでチェックしてみて。

Licensed material used with permission by sweetsremedy labo

健康意識の高い人たちから、このところ注目されているのが「ナッツバター」。動物性脂肪ゼロのナッツをフードプロセッサーで撹拌するだけ。この手軽さも人気の所以か...
本来食べ物が持っている、ビタミンやミネラル、酵素を効率的にカラダに取り入れる食習慣が「ローフード」です。だけど、厳格なルールにこだわらず、個々人のライフス...
いちごやレモン、メロンなど、お決まりのフルーツ味はもう古い?いやいや、もちろんそんなことはないのですが、これを見ると新たな時代の到来を感じることは確か。使...
ここ数年、一般的な食材よりも栄養価が高い「スーパーフード」が注目され、アサイー、キヌア、チアシード、ココナッツオイルなどが人気を集めました。少しの量で豊富...
日本伝統の発酵食品「酒粕」にチョコレートを合わせる。こう聞くと、その味を疑う人もいるはずです。だけど仕上がりは、びっくりするほど濃厚な味わいに。美肌やデト...
チョコレート界隈が騒がしくなる時期がやってきました。バレンタインのチョコというと、カラフルなチョコや、クリームが中に入っているようなトリュフを思い浮かべる...
カラフルな食材の色彩を応用しない手はない!と、Erin McDowellさんが紹介したレシピは、ありもので十分賄えそうなフードカラーリングソースの作りかた...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
とろける甘〜いマシュマロが、スプレッドになった商品があるのを知っていますか? 「フラフ」という商品名で発売されているもので、今“塗るマシュマロ”としてジワ...
「テオブロマ・カカオ」これは、チョコレートやココアの原料となるカカオの学名。その意味は、“神様の食べ物”。「もう我慢する必要なし」とばかりに、あらゆる研究...
砂糖を加えるエナジーバーが一般的ですが、今回のレシピでは糖分を一切加えていません。ドライフルーツが持つ糖分だけでも十分に甘く、ナッツの香ばしさをたっぷり味...
夏は暑さで蒸れるなど、衛生面が気になる下半身。ここでは「Simple Organic Life」で紹介されている腟を健康に保つための7つのフードを紹介しま...
森のバターことアボカドを使った商品は、いまでも多くの飲食店の稼ぎ頭。中でもハンバーガーショップでの貢献度の高さはピカイチでしょう。そう聞いて、いまあなたの...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
インパクトのあるカラフルなイラストを得意とするMIKE HUGHESが描くのは、ジャンクフードに狂う人々。病的な感じもするけど、どこか幸せそうな人々の姿に...
食べたい気持ちをガマンして、ガマンしてのダイエット……、それでも食べたいときにつくって欲しいスイーツがこれ。アボカド、バナナ、ココアだけでチョコレートムー...
最近のオーガニック志向は、口にする食材ばかりか、衣類や化粧品、洗剤や石けんにも。こうした健康ブームを受けて、アメリカで話題となっているのが、自家製歯磨き粉...
フルーツよりも手軽で、甘い間食が欲しくなったときのお供「ドライフルーツ」。コンビニなどでもよく見かけるようになりましたが、“本当においしいドライフルーツ”...
生クリームも、牛乳も卵もいらない。たった2種類のナッツを用意するだけで、なめらかでリッチなアイスクリームがつくれてしまいます。しかも、美味しくて健康的。こ...