ちまちま食べるのはもう飽きた。「スーパーフード」はキッシュにするのが◎

街を歩いていると、どうもバターの香りに誘われる。ジャンキーな食べ物って、なんでおいしそうに感じてしまうのだろう。けれど、涙が出るほどおいしい「ヘルシーな料理」だってあるのです。

たとえば、このキッシュ。「Food52」のHilaryBeeさんが1年間試行錯誤した結果生み出したもので、スーパーフードをふんだんに使っています。

彼女のように、納得がいくまで作り込む料理オタクなアナタなら、きっとこのキッシュも気に入りますよ。

1年かけて見出した
「絶品キッシュ」

5914291903397888
Photo by Julia Gartland

とあるホームパーティで食べた「キヌアと緑野菜のパイ」。すぐホストに相談すると、レシピのコピーをくれました。しかし、自宅で作ってみると全然おいしくない……。

レシピどおり、チコリと加熱調理したロメインレタスを使ったのに、私がそのパーティで食べた、ほうれん草たっぷりのキッシュとはまったく違うんです。そこでホストに元あるレシピにアレンジを加えたか聞いてみると、なんとほぼすべて変えていたんです!

そこで私も「緑野菜とキヌアを卵で包み込む」というアイディアは大切にしつつ、レシピをガラッとチェンジすることに。1年ほど試行錯誤を繰り返し、ようやく完成。緑野菜には必ずケールをチョイスしていますが、からし菜を入れるのもありです。(Hilarybeeさん談)

冷めてもGOOD!

「ケール」と「キヌア」の相性がいいのは知っていますか?
夢のような組み合わせなのです。

さらに、卵とチーズを入れると味しさがアップ!Hilarybeeはケールをしなびさせ、カラメル状になるまで炒めた玉ねぎ、調理されたキヌア、クリームチーズ、シャープなチェダー、そしてガーリックを全部混ぜ合わせてから、よく溶いた卵にミックスするそう。オーブンの中でちょうどいい大きさに膨らみ、焦げ目がつく量の卵がベストです。

もし生のニンニクが苦手なら、玉ねぎがカラメル状になる手前で一緒に炒めちゃいましょう。味もマイルドになるので、お薦めですよ。(Food52編集スタッフ談)

6663066972323840
Photo by Julia Gartland

<材料(おおよそ8ピース分)>

キヌア:1/2カップ

水:1カップ

オリーブオイル:大さじ2

ケール:1束(茎を切り落とし、リボン状に切る)

ビディリアオニオン:1つ(細くスライス)

ニンニク:2かけ(みじん切り)

ホワイトチェダーチーズ:1/2カップ

クリームチーズ:85グラム(キューブ状)

卵:4つ

塩胡椒:適量

<レシピ>

1. オーブンをあらかじめ175℃に温めておき、20cmほどのパイ皿を用意する(お皿にバターを塗るか、ベイキングスプレーを吹きかける)。そうしてキヌアを水で洗ったあと、お鍋にキヌアとお水を投入。中火で沸騰させ、その後弱火でぐつぐつ煮る。ここまでのプロセスは約20分くらい。終わったら、一旦横に置いておく。

2. その間に玉ねぎをカラメル状に炒める。まずオリーブオイルを大きなソテーパンに垂らし、中火で温める。油がテカリ出したら玉ねぎを投入。やわらかく、焦げ目が少しつくまで炒める。

3. 玉ねぎをソテーパンからボウルに移し、今度は玉ねぎを調理していたソテーパンにケールを入れて、中火で2分ほど炒める。しなしな、かつ明るい緑色になればOK。

4. 緑野菜を一旦冷ます。にじみ出てきた水分は、ざるかペーパータオルで取り除く。

5. 先ほどのボウルにケール、キヌア、ガーリック、クリームチーズ、チェダーチーズも投入。どの材料も一箇所に固まらないように、よく混ぜる。

6. 小さなボウルで卵を溶き、キヌアとケールの上にかける。卵が緑野菜とほどよく絡み合わせて、塩胡椒で味付け。

7. あらかじめ用意しておいたパイ皿に混ぜ合わせたボウルの具材を流し込む。黄金色の焦げ目がつくまで45分間ほど焼く。パイの端がお皿から剥けてくるくらいが理想的。アツアツで食すのも最高ですが、室温に冷まして食べるのもおすすめですよ。

4709253868683264
Photo by Julia Gartland
5406049230127104
Photo by Julia Gartland
6094994330877952
Photo by Julia Gartland
6750831273574400
Photo by Julia Gartland
Written byHilaryBee
Licensed material used with permission by Food52
キヌア、チアシードに続くトレンドとして注目されている、スーパーフード「フリーカ」。昨年秋に日本に上陸して以降、ヘルスコンシャスな人々を中心にハマる...
いちごやレモン、メロンなど、お決まりのフルーツ味はもう古い?いやいや、もちろんそんなことはないのですが、これを見ると新たな時代の到来を感じることは確か。使...
ここ数年、一般的な食材よりも栄養価が高い「スーパーフード」が注目され、アサイー、キヌア、チアシード、ココナッツオイルなどが人気を集めました。少しの量で豊富...
「スピルリナ」というスーパーフードを知ってますか。30億年前から地球上に存在すると言われている藻類の一種。良質なタンパク質とビタミン、鉄分が豊富なこの藻が...
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
これは、アメリカ西海岸で暮らす健康志向な人たちを中心に、人気が急速に広まりつつある「Buddha Bowl」。ブッダボウル(仏丼)?たいそうご利益がありそ...
もともとケータリング事業をおこなっていたJagger Gordonさんは、ゴミ箱行きの食材を取り扱ったスーパーマーケット「No Waste Grocery...
インパクトのあるカラフルなイラストを得意とするMIKE HUGHESが描くのは、ジャンクフードに狂う人々。病的な感じもするけど、どこか幸せそうな人々の姿に...
スーパーのプライベートブランドというのはよく聞きますが、カナダのスーパー「IGA Extra Famille Duchemin」の発想は、ユニークかつ大胆...
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。
花粉の時期になると「花粉症予防になるらしい」と話題に昇る食材のひとつが「ビーポーレン」。いつもの朝食に「ふりかけ感覚」で取り入れてみるのはいかが?
まだ食べられるのに、消費期限が近いからという理由だけで廃棄されてしまう大量の食材。誰もが「もったいない!」とは思うものの、具体的に解決しようと思うとそれは...
2016年5月10日、NYのユニオン・スクエア・パークで開催されたとあるフードイベントで、5,000食のランチが無料で振る舞われたそうです。調理を指揮した...
話題のスーパーフードだってことはわかっていても、どう食べていいかまではよくわからない。ということで、チアシードを使ったジャムのご紹介。
彼らが決行したのは<国内生産量の危機>を、伝えたかったからではないのです。人種差別をしたり、多様性が受け入れられない社会は貧しい、ということを国内シェア率...
法案は「全会一致」で可決。2016年2月5日、フランスは世界で初めてスーパーマーケットに対し、売れ残り食品の廃棄を法的に禁ずる国となった。今月5日から、廃...
7月31日にイングランドサッカー協会が、2018-19シーズンから監督にもイエローカードとレッドカードを提示すると発表しました。
ゲッ!写真を見るなり、そんな声を発してしまった。だって、キモいし、グロい。そのカタチは、まるで映画『エイリアン』で登場するフェイスハガーそのもの。つまり、...
「バターメモ ブロック」は、メモをそのままバターに見立ててパッケージされています。パラフィン紙のパリパリした感じとか、このままスーパーの食品コーナーに置か...
フォトグラファーのJosh Rossiさんは、心臓病やガンなどの病気と戦っている子どもたちをスーパーヒーローに変身させ、写真を撮っています。なぜなら彼らこ...
もともとソウルフードとは、アメリカ南部で黒人奴隷たちが、通常は捨てられる食材をなんとか食べられるように加工した料理のこと。チタリングス(豚のモツ)やハムホ...
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
手軽で人気のファーストフード。ぱぱっと食べられるのが魅力ですが、栄養バランスも気になりますよね。「FAST Food AID」はファーストフードを食べた際...