ちまちま食べるのはもう飽きた。「スーパーフード」はキッシュにするのが◎

街を歩いていると、どうもバターの香りに誘われる。ジャンキーな食べ物って、なんでおいしそうに感じてしまうのだろう。けれど、涙が出るほどおいしい「ヘルシーな料理」だってあるのです。

たとえば、このキッシュ。「Food52」のHilaryBeeさんが1年間試行錯誤した結果生み出したもので、スーパーフードをふんだんに使っています。

彼女のように、納得がいくまで作り込む料理オタクなアナタなら、きっとこのキッシュも気に入りますよ。

1年かけて見出した
「絶品キッシュ」

Photo by Julia Gartland

とあるホームパーティで食べた「キヌアと緑野菜のパイ」。すぐホストに相談すると、レシピのコピーをくれました。しかし、自宅で作ってみると全然おいしくない……。

レシピどおり、チコリと加熱調理したロメインレタスを使ったのに、私がそのパーティで食べた、ほうれん草たっぷりのキッシュとはまったく違うんです。そこでホストに元あるレシピにアレンジを加えたか聞いてみると、なんとほぼすべて変えていたんです!

そこで私も「緑野菜とキヌアを卵で包み込む」というアイディアは大切にしつつ、レシピをガラッとチェンジすることに。1年ほど試行錯誤を繰り返し、ようやく完成。緑野菜には必ずケールをチョイスしていますが、からし菜を入れるのもありです。(Hilarybeeさん談)

冷めてもGOOD!

「ケール」と「キヌア」の相性がいいのは知っていますか?
夢のような組み合わせなのです。

さらに、卵とチーズを入れると味しさがアップ!Hilarybeeはケールをしなびさせ、カラメル状になるまで炒めた玉ねぎ、調理されたキヌア、クリームチーズ、シャープなチェダー、そしてガーリックを全部混ぜ合わせてから、よく溶いた卵にミックスするそう。オーブンの中でちょうどいい大きさに膨らみ、焦げ目がつく量の卵がベストです。

もし生のニンニクが苦手なら、玉ねぎがカラメル状になる手前で一緒に炒めちゃいましょう。味もマイルドになるので、お薦めですよ。(Food52編集スタッフ談)

Photo by Julia Gartland

<材料(おおよそ8ピース分)>

キヌア:1/2カップ

水:1カップ

オリーブオイル:大さじ2

ケール:1束(茎を切り落とし、リボン状に切る)

ビディリアオニオン:1つ(細くスライス)

ニンニク:2かけ(みじん切り)

ホワイトチェダーチーズ:1/2カップ

クリームチーズ:85グラム(キューブ状)

卵:4つ

塩胡椒:適量

<レシピ>

1. オーブンをあらかじめ175℃に温めておき、20cmほどのパイ皿を用意する(お皿にバターを塗るか、ベイキングスプレーを吹きかける)。そうしてキヌアを水で洗ったあと、お鍋にキヌアとお水を投入。中火で沸騰させ、その後弱火でぐつぐつ煮る。ここまでのプロセスは約20分くらい。終わったら、一旦横に置いておく。

2. その間に玉ねぎをカラメル状に炒める。まずオリーブオイルを大きなソテーパンに垂らし、中火で温める。油がテカリ出したら玉ねぎを投入。やわらかく、焦げ目が少しつくまで炒める。

3. 玉ねぎをソテーパンからボウルに移し、今度は玉ねぎを調理していたソテーパンにケールを入れて、中火で2分ほど炒める。しなしな、かつ明るい緑色になればOK。

4. 緑野菜を一旦冷ます。にじみ出てきた水分は、ざるかペーパータオルで取り除く。

5. 先ほどのボウルにケール、キヌア、ガーリック、クリームチーズ、チェダーチーズも投入。どの材料も一箇所に固まらないように、よく混ぜる。

6. 小さなボウルで卵を溶き、キヌアとケールの上にかける。卵が緑野菜とほどよく絡み合わせて、塩胡椒で味付け。

7. あらかじめ用意しておいたパイ皿に混ぜ合わせたボウルの具材を流し込む。黄金色の焦げ目がつくまで45分間ほど焼く。パイの端がお皿から剥けてくるくらいが理想的。アツアツで食すのも最高ですが、室温に冷まして食べるのもおすすめですよ。

Photo by Julia Gartland
Photo by Julia Gartland
Photo by Julia Gartland
Photo by Julia Gartland
Written byHilaryBee
Licensed material used with permission by Food52
キヌア、チアシードに続くトレンドとして注目されている、スーパーフード「フリーカ」。昨年秋に日本に上陸して以降、ヘルスコンシャスな人々を中心にハマる...
いちごやレモン、メロンなど、お決まりのフルーツ味はもう古い?いやいや、もちろんそんなことはないのですが、これを見ると新たな時代の到来を感じることは確か。使...
ここ数年、一般的な食材よりも栄養価が高い「スーパーフード」が注目され、アサイー、キヌア、チアシード、ココナッツオイルなどが人気を集めました。少しの量で豊富...
「スピルリナ」というスーパーフードを知ってますか。30億年前から地球上に存在すると言われている藻類の一種。良質なタンパク質とビタミン、鉄分が豊富なこの藻が...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
まだ食べられるのに、消費期限が近いことを理由に大量に捨てられてしまう食品。商品の在庫や消費期限を追跡して、それに合わせた価格設定や入荷予測を自動で行う新し...
もともとケータリング事業をおこなっていたJagger Gordonさんは、ゴミ箱行きの食材を取り扱ったスーパーマーケット「No Waste Grocery...
これは、アメリカ西海岸で暮らす健康志向な人たちを中心に、人気が急速に広まりつつある「Buddha Bowl」。ブッダボウル(仏丼)?たいそうご利益がありそ...
スーパーのプライベートブランドというのはよく聞きますが、カナダのスーパー「IGA Extra Famille Duchemin」の発想は、ユニークかつ大胆...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
「フェルトの女王」の異名をもつ現代美術アーティスト、Lucy Sparrowによるインスタレーション作品が人気だ。
インパクトのあるカラフルなイラストを得意とするMIKE HUGHESが描くのは、ジャンクフードに狂う人々。病的な感じもするけど、どこか幸せそうな人々の姿に...
花粉の時期になると「花粉症予防になるらしい」と話題に昇る食材のひとつが「ビーポーレン」。いつもの朝食に「ふりかけ感覚」で取り入れてみるのはいかが?
福岡のソウルフード「おきゅうと」は、エゴノリという海藻を煮固めたもので、小判形にした食材。それをクルクルと巻いて、細切りにして食べます。薬味や味付けはそれ...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
まだ食べられるのに、消費期限が近いからという理由だけで廃棄されてしまう大量の食材。誰もが「もったいない!」とは思うものの、具体的に解決しようと思うとそれは...
話題のスーパーフードだってことはわかっていても、どう食べていいかまではよくわからない。ということで、チアシードを使ったジャムのご紹介。
彼らが決行したのは<国内生産量の危機>を、伝えたかったからではないのです。人種差別をしたり、多様性が受け入れられない社会は貧しい、ということを国内シェア率...
2016年5月10日、NYのユニオン・スクエア・パークで開催されたとあるフードイベントで、5,000食のランチが無料で振る舞われたそうです。調理を指揮した...
群馬県で愛されているソウルフードのひとつ、それが「モツ煮」。モツ煮専門店がたくさんあるだけでなく、ラーメン屋やとんかつ屋でモツ煮がメニューに載っていたり、...
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
法案は「全会一致」で可決。2016年2月5日、フランスは世界で初めてスーパーマーケットに対し、売れ残り食品の廃棄を法的に禁ずる国となった。今月5日から、廃...
フォトグラファーのJosh Rossiさんは、心臓病やガンなどの病気と戦っている子どもたちをスーパーヒーローに変身させ、写真を撮っています。なぜなら彼らこ...