調理の手間からも、砂糖からも、距離をおきたいときのジャム

チアシードがスーパーフードの仲間であることは知っていても、普段の食事のどう取り入れたらいいかは、意外とすぐには答えられないもの。スムージーなんかのドリンクに混ぜるくらい?

この記事の著者Emma Laperruqueは、すりつぶしたフルーツと混ぜて、自家製チアジャムづくりを紹介しています。なるほど、保存も効くし、パンとともに。いいかも。

いつものジャムを
スーパーフードにおきかえる

数ヶ月間に渡って、私は毎日チアウォーターを飲んでいた時期があります。あれはたしか初めてのマラソンに向けてトレーニングに励んでいたときのこと。

友だちに薦めれて読んだ『Born to Run』の著者Christopher McDougallがいうには、どうやらチアを使ったメキシコのエナジードリンク「iskiate(イスキアテ)」を飲めば、28kmくらいのランならば楽勝だとか。以来、チアシードは魔法のような食べものなんだと私の脳にインプットされました。

スーパーアスリートに変身できる(私はなれなかたけど)ばかりか、なんでもミルクをプリンに変えることだってできる。ココナッツでも、アーモンドでも、オート麦でつくられたミルクでも。そのうえ、お好みのフルーツを潰してチアシードを足せば、トーストにぴったりなジャムにもなってくれますしね。

嬉しいメリットがこちら。
グラニュー糖は不要。さらに、細かい調理法も要りません。

©James Ransom

お砂糖も、調理をする手間も、どちらも特に抵抗感はありません。けれど、たまにはその両者から距離をおきたいって思うことだってあります。例えば甘いものが食べたい、けれど甘すぎるのはイヤとか、あまりの暑さにオーブンやコンロを使う気になれないときなど。

こんなとき、きっとアナタを救ってくれるのが、この「チアジャム」です。

【新鮮なフルーツを1カップ用意】
例えば新鮮なベリー類。ブラックベリーでも、ブルーベリーでも、ラズベリーでも。もしくは梅やプラプ、それからアンズ。果肉を細かく切ってつかうといいでしょう。

必要なチアシードは、おおよそ小さじ4杯分】
ポイントは、「おおよそ」というこのワード。お好みのジャムの濃さや、果物の瑞々しさによって、チアシードの量は微調整しましょう。まずは小さじ4杯ほどからスタート。

30分ほど冷蔵庫で寝かせてから様子を見ます。もう少しなめらかな質感がお好みならば、果物をもっと増やして、もう少し濃い質感を求めるならば、チアシードを足して調整します。

甘味料は大さじ1杯】
私が愛用しているのはハチミツとメープルシロップです。ソルガムやアガベシロップも相性悪くありません。お好みに合わせて自由に量を調整しましょう。

シトラスジュースを小さじ2杯】
とくにレモン果汁がおすすめですが、ライムやグレープフルーツでもイケます。さらにはお酢という手もアリ。果物の味を引き出したければ、リンゴ酢がおすすめです。また、いちごを使っている場合はバルサミコ酢がとくに好相性。

塩をひとつまみ】
ジャムに塩?と驚かれるかもしれませんが、これが結構イケるんです。満遍なく散らしましょう。塩が果物の味をグッと引き出してくれますよ。

これらをぜんぶ一緒に混ぜます。より濃いペースト状になるまで、少なくとも30分以上は冷蔵庫で寝かせること。その間にピーナツバターに「準備はいい?」と一声かけておくといいかも。それから、最高のランチタイムのスタートです。

Written byEmma Laperruque
Top image: © James Ransom
Licensed material used with permission by Food52
健康面に気づかって、自家製ドレッシングを作る人も多いですよね。そんな「自家製」を作るとき、特にオススメなのが、ごまドレッシング。フードプロセッサーさえあれ...
「TOKYO BINZUME CLUB」は、週末に開催されている青山のファーマーズマーケットで、可愛くパッケージされたジャムやジュースを販売。年内にはEC...
ジャムといえば果実のイメージがありますが、ここで紹介するのはイギリスで生まれた衝撃的な「ベーコンジャム」。ほとんど趣味の世界…にしか思えないこのシロモノで...
冷蔵庫の片隅に、使い切れずに眠ったままのジャムはありませんか?朝食のトーストに毎日使っていても、なかなか減りませんよね。そんなあなたに知っておいてほしいの...
世界のベストスイーツTOP10に選ばれた台湾で人気NO.1の新食感かき氷 ICE MONSTER〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目3-7http...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
近年、美容や健康にココナッツが大注目。オイルやミルクが当たり前のように手に入るようになってきました。で、そのココナッツブームとともに日本に入ってきたのが「...
人類の滅亡を予言した(と解釈される)ノストラダムス。この預言者には、医師としての顔もあったことを知っていますか?医師として彼が書いた本のなかに、ビックリす...
タンパク質が多く低カロリーな「ギリシャヨーグルト」は、デザートとしてだけでなく、料理にも使えてとにかく汎用性が高い。今ではスーパーでも買えるほど身近になり...
一人暮らしだと、パックで買った牛乳が余ってしまうことってありますよね。そんなときは「練乳」をつくるのがオススメです。冷たいフルーツやスイーツにかけて、楽し...
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
キリンの午後の紅茶シリーズから発売された、『恋のティーグルト』をご存じですか? 紅茶でありながら、甘酸っぱいヨーグルトテイストという話題の紅茶飲料です。た...
音楽の大きな愉しみの1つは、誰かと一緒に奏でること。一度でも楽器を持って、誰かとスタジオに入ったことがあるなら分かるはずだ。ジャムセッションをした経験があ...
ここ数年、一般的な食材よりも栄養価が高い「スーパーフード」が注目され、アサイー、キヌア、チアシード、ココナッツオイルなどが人気を集めました。少しの量で豊富...
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
インドネシア・バリ島で手軽に味わえるおやつ「ロティ・バカール」。食パンのあいだにチーズ、ジャム、練乳をベースにお好みの具をはさんで、鉄板で焼いたバリの屋台...
なんでジャンキーな食べ物っておいしそうに感じてしまうのだろう。けれど、涙が出るほどおいしい「ヘルシーな料理」だってあるのです。たとえば、キヌアとケールを使...
気力と体力をブーストさせるエナジードリンク。でも、飲み過ぎによる危険性が問題視されるなど、何かと話題になることも。リスクを気にせず「自宅で簡単に天然のエナ...
男性も女性も、タイミングは違えど薄毛や髪質に悩む時期はあるもの。オーガニックなライフスタイル情報を扱うwebサイト「Simple Organic Life...
キヌア、チアシードに続くトレンドとして注目されている、スーパーフード「フリーカ」。昨年秋に日本に上陸して以降、ヘルスコンシャスな人々を中心にハマる...
ヨーグルトによく似た乳製品ケフィアから発表されたのが、簡単にフレッシュチーズを作ることができるチーズメーカー「KEFIRKO CHEESE MAKER」。...
自分には縁がないと思っていた「自家製ベーコン」。この燻製器があれば実現できるかも。
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。