調理の手間からも、砂糖からも、距離をおきたいときのジャム

チアシードがスーパーフードの仲間であることは知っていても、普段の食事のどう取り入れたらいいかは、意外とすぐには答えられないもの。スムージーなんかのドリンクに混ぜるくらい?

この記事の著者Emma Laperruqueは、すりつぶしたフルーツと混ぜて、自家製チアジャムづくりを紹介しています。なるほど、保存も効くし、パンとともに。いいかも。

いつものジャムを
スーパーフードにおきかえる

数ヶ月間に渡って、私は毎日チアウォーターを飲んでいた時期があります。あれはたしか初めてのマラソンに向けてトレーニングに励んでいたときのこと。

友だちに薦めれて読んだ『Born to Run』の著者Christopher McDougallがいうには、どうやらチアを使ったメキシコのエナジードリンク「iskiate(イスキアテ)」を飲めば、28kmくらいのランならば楽勝だとか。以来、チアシードは魔法のような食べものなんだと私の脳にインプットされました。

スーパーアスリートに変身できる(私はなれなかたけど)ばかりか、なんでもミルクをプリンに変えることだってできる。ココナッツでも、アーモンドでも、オート麦でつくられたミルクでも。そのうえ、お好みのフルーツを潰してチアシードを足せば、トーストにぴったりなジャムにもなってくれますしね。

嬉しいメリットがこちら。
グラニュー糖は不要。さらに、細かい調理法も要りません。

©James Ransom

お砂糖も、調理をする手間も、どちらも特に抵抗感はありません。けれど、たまにはその両者から距離をおきたいって思うことだってあります。例えば甘いものが食べたい、けれど甘すぎるのはイヤとか、あまりの暑さにオーブンやコンロを使う気になれないときなど。

こんなとき、きっとアナタを救ってくれるのが、この「チアジャム」です。

【新鮮なフルーツを1カップ用意】
例えば新鮮なベリー類。ブラックベリーでも、ブルーベリーでも、ラズベリーでも。もしくは梅やプラプ、それからアンズ。果肉を細かく切ってつかうといいでしょう。

必要なチアシードは、おおよそ小さじ4杯分】
ポイントは、「おおよそ」というこのワード。お好みのジャムの濃さや、果物の瑞々しさによって、チアシードの量は微調整しましょう。まずは小さじ4杯ほどからスタート。

30分ほど冷蔵庫で寝かせてから様子を見ます。もう少しなめらかな質感がお好みならば、果物をもっと増やして、もう少し濃い質感を求めるならば、チアシードを足して調整します。

甘味料は大さじ1杯】
私が愛用しているのはハチミツとメープルシロップです。ソルガムやアガベシロップも相性悪くありません。お好みに合わせて自由に量を調整しましょう。

シトラスジュースを小さじ2杯】
とくにレモン果汁がおすすめですが、ライムやグレープフルーツでもイケます。さらにはお酢という手もアリ。果物の味を引き出したければ、リンゴ酢がおすすめです。また、いちごを使っている場合はバルサミコ酢がとくに好相性。

塩をひとつまみ】
ジャムに塩?と驚かれるかもしれませんが、これが結構イケるんです。満遍なく散らしましょう。塩が果物の味をグッと引き出してくれますよ。

これらをぜんぶ一緒に混ぜます。より濃いペースト状になるまで、少なくとも30分以上は冷蔵庫で寝かせること。その間にピーナツバターに「準備はいい?」と一声かけておくといいかも。それから、最高のランチタイムのスタートです。

Written byEmma Laperruque
Top image: © James Ransom
Licensed material used with permission by Food52

関連する記事

三重県鈴鹿市の養鶏農家「エッグハウス川北」がつくる「たまごジャム」
「オリエンタルランド」が北海道で栽培している完熟いちご「摩周ルビー」が、表参道に店舗を構える生はちみつ専門店「MYHONEY」とコラボレーション。
健康面に気づかって、自家製ドレッシングを作る人も多いですよね。そんな「自家製」を作るとき、特にオススメなのが、ごまドレッシング。フードプロセッサーさえあれ...
「TOKYO BINZUME CLUB」は、週末に開催されている青山のファーマーズマーケットで、可愛くパッケージされたジャムやジュースを販売。年内にはEC...
「EARMIND」は、異なる6つのアート分野の作家や工房によって手掛けられた、デザイン性を高めたカスタマイズBluetoothイヤホンだ。
厳選されたスパイスと専用シロップを煮込んでつくる自分だけのオリジナルコーラが楽しめる、自家製「クラフトコーラキット」が登場
ジャムといえば果実のイメージがありますが、ここで紹介するのはイギリスで生まれた衝撃的な「ベーコンジャム」。ほとんど趣味の世界…にしか思えないこのシロモノで...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
感染拡大防止のため、あのハリウッド映画の登場人物たちも......マスクを着用し始めた!?
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...