冷蔵庫に眠った「ジャム」が最高の隠し味になる料理5選

冷蔵庫の片隅に、使い切れずに眠ったままのジャムはありませんか?

朝食のトーストに毎日使っていても、なかなか減りませんよね。そんなあなたに知っておいてほしいのが、ジャムは料理の「隠し味」に使えるということ。パンに使うだけではとてももったいないのです。

料理の隠し味にぴったりな「5つのジャムの使い方」を紹介しましょう。

01.
りんごジャム
×カレー

D52bb3e0d199604ef60c536c40fd800044d0c917

「カレーとりんご」は相性抜群。できあがったカレーに入れて、ひと煮立ちするだけでフルーティな甘みが加わり、とてもマイルドになります。

辛いのが苦手な人や、子供向けの甘口カレーを作るときにも使えます。

02.
りんごジャム
×生姜焼きのタレ

生姜焼きのタレを作るとき、みりんや砂糖の代わりに「りんごジャム」を入れるだけでコクが増します。豚肉に絡めたおいしさは、いつものタレよりも病みつきになります。

03.
いちごジャム
×ハンバーグソース

Cc6fb1d97bd2ba8c36f5d996609b785241e8ecc2

少し意外な組み合わせかもしれませんが、ハンバーグソースにいちごジャムを少量加えることで、ワンランク上のおいしさになります。言われないと気づかないほどマッチするので、これぞ隠し味!

04.
マーマレードジャム
×ドレッシング

マーマレードの酸味と柑橘の香りは、ドレッシング作りに最適。分量は、お酢を大さじ2、塩を小さじ1/2、オリーブオイルを大さじ2に対して、マーマレードジャム大さじ1~2が目安です。

05.
ブルーベリージャム
×グリルチキン

3cfd247fa04f21488e979f229ff838fd0c43a30e

こちらも不思議な組み合わせですよね。まずは、ブルーベリージャムとしょうゆを1:1の割合にして、タレを作りましょう。そのタレに鶏肉を漬け込んだあと焼くだけで、まるでホテルのレストランのような絶品グリルチキンができあがります。

普段は脇役として活躍する調味料。使い方次第では、立派な主役になるそう。冷蔵庫の食材が少なくても作れる「調味料が主役になるレシピ」を2品紹介します。
ジャムといえば果実のイメージがありますが、ここで紹介するのはイギリスで生まれた衝撃的な「ベーコンジャム」。ほとんど趣味の世界…にしか思えないこのシロモノで...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
なんでジャンキーな食べ物っておいしそうに感じてしまうのだろう。けれど、涙が出るほどおいしい「ヘルシーな料理」だってあるのです。たとえば、キヌアとケールを使...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
食卓にすっかり浸透した「ゆず胡椒」。そんなゆず胡椒愛好家の間で、話題になっているのが「かんずり」という調味料。その「かんずり」の魅力や料理がグンとおいしく...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
食の知恵として古くからある保存法に「塩漬け」があります。肉も魚も野菜も、食材の水分を抜いて、保存性を高めるのに塩。塩分濃度が上がればその分、痛みにくくもな...
一見すると、だし汁に浸して食べる兵庫県の郷土料理「明石焼」に見えなくもない。けれどこれ、オーストリア・チロル地方の家庭料理として親しまれている「シュペック...
近年、美容や健康にココナッツが大注目。オイルやミルクが当たり前のように手に入るようになってきました。で、そのココナッツブームとともに日本に入ってきたのが「...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第9回は、マドリードの家庭の味。
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
チーズ専門店でパルメジャーノ・レッジャーノ(いわゆるパルメザンチーズ)を買うと、焼き印が押された固い外側の皮(外皮)が付いてきますよね。一見「ワックスが塗...
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
冬になると飲みたくなるホットドリンクの代表格とも言える、ココア。袋で買ったら、一人暮らしだとどうしても消費しきれないという方も多いのではないでしょうか。そ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
Airbnbが新たに始めた取り組み「Airbnb Kitchens of Asia」。旅先で、ローカルの食材や料理法を楽しみながらステイしてほしいと、アジ...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?