固くなった「パルメザンチーズ」の意外な使い道

チーズ専門店でパルメジャーノ・レッジャーノ(いわゆるパルメザンチーズ)を買うと、焼き印が押された固い外側の皮(外皮)が付いてきますよね。一見「ワックスが塗ってある」と思いがちですが、このチーズを含むイタリア産チーズで、ワックスコーティングされているものはほとんどなし。つまり、外皮もれっきとしたチーズなんです。

「この外皮こそ美味しさの宝庫だ!」と、ライターBrady Klopfer氏が「WonderHowTo」に、おいしい利用法を紹介しています。これ、冷蔵庫で固くなっちゃったチーズでも、もちろん同じ。まさか、捨てたりしてないですよね?

使い道は、カルボナーラやサラダのドレッシングだけにとどまりませんよ。トマトソースに、ダシに、おつまみの風味付けに。今まで気づかなかった活用法、ぜひ試してみては。

5251e873008aedc9e8d6ad03f7f01244e5a7ce68

固くなったパルメジャーノ・レッジャーノの外皮をただ捨ててしまっているなら、あなたは大損をしていると自覚したほうがいい。このチーズの外皮は、料理界最大の隠し味と言っても過言ではないほど、使い勝手が豊富。風味が凝縮していて、いろんな料理の味の決め手になる。

なによりもまず、この外皮があることが本物のパルメジャーノ・レッジャーノである何よりの証拠。パンの耳のように内側を保護するための大切な役割がある。実際にはここもれっきとしたチーズの一部、当然食べられるのに、爪が立たないほどの固さからか、食べることができないと誤解している人も多いのでは?だけど、じっくり料理することで、外皮からはゴージャスな旨みが出てくる。たとえばこんな利用法、ぜひ試してみて欲しい。

01.
トマトソースに
コクを与える

17b6e11ddea8604fd2ee69e20bac520bea740132

トマトソースを作るとき、外皮をソースに加えてみて欲しい。たちどころに風味とコクがぐんとアップする。とくに外皮の場合は柔らかくなるけれど、溶けることはないのでご安心。

イタリア料理における隠し味であることが、あなたにも実感できるはずだ。パスタソースを作るとき用に、わざわざ固くなったパルメジャーノを取っておくほど、ボクはこの風味が好きなんだ。

02.
煮出せば万能ダシが完成

108f48c10a03870f08078af4ccf989b5b2cf1300

ボクの最も好きなスープがコレ。作り方も至ってカンタン。にんにくやセロリ、タマネギなどの香味野菜と一緒に、鍋で1時間ほどコトコト煮るだけ。これほど汎用性の高いスープは他にないはず。

たとえばリゾットのベースに、とろ火で蒸し煮にする茹で豚にも。当然、ここに数種類の野菜を加えるだけでも立派なスープができあがる。

03.
蒸し野菜やグリル野菜の
風味・香り付けに 

5fc765b75b4b3fc5bc6fec808ac86c8fc8644b6d

オリーブオイルをたっぷりひいたフライパンにチーズの外皮を加える。これでナスやズッキーニなどお好みの野菜を焼くだけで、風味が野菜にプラスされる。もちろんBBQでも大人気。とろけたチーズの美味しさは格別。スチームなら、野菜の隣りに香り付けのために置いておくだけ。うっすらとだけど、パルメジャーノ・レッジャーノの奥深い味わいが、野菜の旨みをいっそう引き立ててくれる。

冷蔵庫の片隅に、使い切れずに眠ったままのジャムはありませんか?朝食のトーストに毎日使っていても、なかなか減りませんよね。そんなあなたに知っておいてほしいの...
普段は脇役として活躍する調味料。使い方次第では、立派な主役になるそう。冷蔵庫の食材が少なくても作れる「調味料が主役になるレシピ」を2品紹介します。
正月、お雑煮に飽きたら作ってみたいなと思っているのが「お餅で作るチーズ」。そのまま食べたり、サラダに入れたり、サンドイッチに挟んだり、食べ方も色々とアレン...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
乾燥して固くなってしまったバゲットをどうするべきか、こんな検索をした経験ありませんか。イタリアの家庭料理から、固くなったパンのステキな活用術を紹介します。...
もし、日本の食卓に並んだら、箸が進まないかもしれない。でも、他の国では愛され、好まれる料理を「The Infographics Show」の動画で紹介され...
小さな造形物って、見ているだけでほっこりさせられる魅力があります。そして、食品の模型って、つくった人の味の好みが出ますよね。ここでは、アメリカンなミニチュ...
アメリカ料理界の発展に大きく寄与し、“料理界のアカデミー賞”と呼ばれる食の祭典にその名を配すジェームズ・ビアード。アメリカの食に多大な影響を与えた人物。な...
Airbnbが新たに始めた取り組み「Airbnb Kitchens of Asia」。旅先で、ローカルの食材や料理法を楽しみながらステイしてほしいと、アジ...
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...
菜食主義[さいしょくしゅぎ]とは。ひとことで菜食主義やベジタリアンと言っても幅広く、乳製品や魚介ならOKというタイプから、かつお出汁やハチミツ、革製品を身...
グラタンの味を左右するのは、ひとえにホワイトソースづくりです。ゆるすぎたり、焦がしてしまったりをいかに防ぐか、そこにこの料理の奥深さがあるわけです。が、フ...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
コンビニやスーパーに並ぶ食品には、「本物」に見せかけるために、いくつもの添加物を使った「フェイク食品」など、体への影響が心配になる加工食品が数多くあります...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
The Field Roast Grain Meat社が販売している「CHAO SLICES」は、とろける様子も完全に普通のチーズそのもの。だけどヴィーガ...
食卓にすっかり浸透した「ゆず胡椒」。そんなゆず胡椒愛好家の間で、話題になっているのが「かんずり」という調味料。その「かんずり」の魅力や料理がグンとおいしく...
これは、文句なく美味いはず!あの「カルボナーラ」のスパゲッティをごはんに代えた、通称「めしボナーラ」なる料理が存在した。チャーハンのようでいて、さにあらず...
いま発酵食品が見直されているのは、漬物や酒粕などに含まれる乳酸菌が、日本人の腸にとってもやさしい働きをしてくれるから。こうした日本食文化の知恵がつまった、...