固くなった「パルメザンチーズ」の意外な使い道

チーズ専門店でパルメジャーノ・レッジャーノ(いわゆるパルメザンチーズ)を買うと、焼き印が押された固い外側の皮(外皮)が付いてきますよね。一見「ワックスが塗ってある」と思いがちですが、このチーズを含むイタリア産チーズで、ワックスコーティングされているものはほとんどなし。つまり、外皮もれっきとしたチーズなんです。

「この外皮こそ美味しさの宝庫だ!」と、ライターBrady Klopfer氏が「WonderHowTo」に、おいしい利用法を紹介しています。これ、冷蔵庫で固くなっちゃったチーズでも、もちろん同じ。まさか、捨てたりしてないですよね?

使い道は、カルボナーラやサラダのドレッシングだけにとどまりませんよ。トマトソースに、ダシに、おつまみの風味付けに。今まで気づかなかった活用法、ぜひ試してみては。

固くなったパルメジャーノ・レッジャーノの外皮をただ捨ててしまっているなら、あなたは大損をしていると自覚したほうがいい。このチーズの外皮は、料理界最大の隠し味と言っても過言ではないほど、使い勝手が豊富。風味が凝縮していて、いろんな料理の味の決め手になる。

なによりもまず、この外皮があることが本物のパルメジャーノ・レッジャーノである何よりの証拠。パンの耳のように内側を保護するための大切な役割がある。実際にはここもれっきとしたチーズの一部、当然食べられるのに、爪が立たないほどの固さからか、食べることができないと誤解している人も多いのでは?だけど、じっくり料理することで、外皮からはゴージャスな旨みが出てくる。たとえばこんな利用法、ぜひ試してみて欲しい。

01.
トマトソースに
コクを与える

トマトソースを作るとき、外皮をソースに加えてみて欲しい。たちどころに風味とコクがぐんとアップする。とくに外皮の場合は柔らかくなるけれど、溶けることはないのでご安心。

イタリア料理における隠し味であることが、あなたにも実感できるはずだ。パスタソースを作るとき用に、わざわざ固くなったパルメジャーノを取っておくほど、ボクはこの風味が好きなんだ。

02.
煮出せば万能ダシが完成

ボクの最も好きなスープがコレ。作り方も至ってカンタン。にんにくやセロリ、タマネギなどの香味野菜と一緒に、鍋で1時間ほどコトコト煮るだけ。これほど汎用性の高いスープは他にないはず。

たとえばリゾットのベースに、とろ火で蒸し煮にする茹で豚にも。当然、ここに数種類の野菜を加えるだけでも立派なスープができあがる。

03.
蒸し野菜やグリル野菜の
風味・香り付けに 

オリーブオイルをたっぷりひいたフライパンにチーズの外皮を加える。これでナスやズッキーニなどお好みの野菜を焼くだけで、風味が野菜にプラスされる。もちろんBBQでも大人気。とろけたチーズの美味しさは格別。スチームなら、野菜の隣りに香り付けのために置いておくだけ。うっすらとだけど、パルメジャーノ・レッジャーノの奥深い味わいが、野菜の旨みをいっそう引き立ててくれる。

あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
冷蔵庫の片隅に、使い切れずに眠ったままのジャムはありませんか?朝食のトーストに毎日使っていても、なかなか減りませんよね。そんなあなたに知っておいてほしいの...
料理を生業とするプロの視点で、このキッチンツールはオススメだそうです。
モッツァレラ、チェダー、リコッタ……。このチーズの順番はというと? チーズ料理で失敗した経験がある人も、これからチーズ料理に挑戦する人も、読み終わったころ...
街中に溢れる日常の些細な音が、オーケストラ団員により再現されている動画がおもしろい。楽器を使って再現される音は、リアルすぎて中毒性が高いんです!
ガラス張りの巨大な焙煎所がある学芸大学のコーヒーラボ&カフェ神乃珈琲〒152-0001 東京都目黒区中央町1丁目4-15https://www.kanno...
濃厚チーズをふんだんにかけたマカロニを、とにかく食べたい。
ミントとパルメザンチーズをたっぷりトッピングした、グリンピースのサラダ。春っていいなぁ……としみじみ思える一品です!
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
普段は脇役として活躍する調味料。使い方次第では、立派な主役になるそう。冷蔵庫の食材が少なくても作れる「調味料が主役になるレシピ」を2品紹介します。
ラスベガスで開催されている家電見本市「CES 2019」で、LGエレクトロニクスが巻き取り式ディスプレイを採用したテレビ「LG Signatures OL...
もし、日本の食卓に並んだら、箸が進まないかもしれない。でも、他の国では愛され、好まれる料理を「The Infographics Show」の動画で紹介され...
rich(リッチ)やcreamy(クリーミー)にはそれなりに親しみがあるチーズのニュアンスですが、“tangy(タンジー)”ってなんなの?
正月、お雑煮に飽きたら作ってみたいなと思っているのが「お餅で作るチーズ」。そのまま食べたり、サラダに入れたり、サンドイッチに挟んだり、食べ方も色々とアレン...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
アメリカの中西部に位置するミズーリ州のローレンス郡というエリアで、ある男性が違法に鹿を殺害したことを理由に逮捕されました。裁判官は禁錮1年の判決を下し、さ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
オリーブオイルとハーブさえあれば、どれだけ普通のチーズであっても魅力的なアペタイザーに。秘密は「マリネ」にありました。
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
家庭ごとにカレーの味ってありますが、仕上げにお酢を加えるというアイデアもあるんです。
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。