食品に隠された「衝撃の事実」。マーガリン、ガムシロップ、チューブわさびも・・・

コンビニやスーパーに並ぶ食品には、「本物」に見せかけるために、いくつもの添加物を使った「フェイク食品」など、体への影響が心配になる加工食品が数多くあります。

ここではそういった食品の真実について、渡辺雄二さんの著書『今いちばん知りたい食べ物の話』より、その一部をお教えします。

01.
マーガリンとバターは別物

shutterstock_226850803

本物の食品を作るためにはコストがかかるものです。そのため、本物に似せた食品を作ろうという発想が生まれてきます。その草分け的な存在が「マーガリン」。バターの代替品として、19世紀後半にフランスで作られたのがはじまりです。
見た目は似ているバターとマーガリンですが、中身はまったくの別物。 バターは、生乳と食塩で作られ、動物性脂肪を豊富に含んでいます。ところが、現在のマーガリンの原料は液状の植物油で、それを水素添加という方法で固体化。それに植物油を混ぜ、さらに乳化剤や着色料などの添加物を混ぜ合わせて、水や食塩などを加えて固めるのです。 ですから、香りや味はバターより数段劣ることになります。
さらには、水素添加により「悪玉脂肪」といわれるトランス脂肪酸ができてしまう危険があります。

02.
ガムシロップが
クセになる理由って?

shutterstock_269510015

ガムシロップは、濃い砂糖水だと思っている人がほとんどでしょう。
ところが、実際は、手間やコストをかけないですむ、格安のブドウ糖果糖液糖(ブドウ糖と果糖の混合物)というものが使われています。砂糖は、人の体内に取り込まれてから血糖値が上がるまでに10分ほどかかります。一方の液糖は、素早く体内に吸収されるため、血糖値が一気に上昇し、快感をもたらします。そのため、ガムシロップを使った飲み物は、しょっちゅう飲みたくなるのです。

こうした液糖は、ガムシロップ以外にも、清涼飲料水やスポーツドリンク、栄養補給飲料などにも入っています。ちなみに清涼飲料水の500mlのうち、およそ20〜30%はガムシロップの成分。つまり、ほとんどガムシロップそのものを飲んでいるようなものなのです。アメリカでは、このブドウ糖果糖液糖が肥満原因のひとつと言われています。

03.
チューブわさびだって
実は加工食品

shutterstock_147079538

ほとんどの家庭の冷蔵庫にあるのが、わさび、にんにく、しょうがなどのチューブ入り香辛料。
たとえば、わさびについて言うと、パッケージには「生わさび」「本わさび」と記されているものが多いのですが、本物のわさび100%ではありません。

ワサビダイコン(別名西洋ワサビ)を粉末にした粉わさびと本わさびをブレンドして作られているのです。さらに、保存性を高めるためのミョウバンや、成分の安定化に使う環状オリゴ糖、水分を保持しつつ甘味を出すためのソルビトールなどの甘味料が使わる場合も。それに着色料・香料などの添加物をたくさん混ぜ合わせて作った、実は加工食品なのです。

04.
スッとするあのお菓子は
まるごと添加物

shutterstock_32705785

すっきり、気分転換をしたいときに、清涼菓子を口にする人も多いでしょう。そう、丸くて小粒、ミントの味がスッとするあれです。
しかし、原材料を見ると、アスパルテームとアセスルファムKといった、いわくつきの合成甘味料をはじめとして、すべてが添加物。食品原料はひとつも使われていないから驚きです。

アセスルファムKを3%含むエサを2年間、犬に食べさせたある実験では、リンパ球が減少、肝臓障害の際に増えるGPTが増加したという結果も出ているそうです。また、原料表示の添加物の微粒酸化ケイ素とは、いわば石英や水晶をすりつぶしたもの。
なぜ、このようなものを添加するのか、理解に苦しみます。

今いちばん知りたい食べ物の話
コンテンツ提供元:サンマーク出版

渡辺雄二

科学ジャーナリスト執筆や講演で、食品、環境、医療、バイオテクノロジーなどの諸問題を消費者の視点で提起しつづけている。著書にミリオンセラーとなった『買ってはいけない』(共著、週刊金曜日)など。

スーパーやコンビニには、いつもたくさんの食品が並んでいます。しかし、普段私たちが何気なく購入し、口に運んでいる食品には、ほとんどの人が知らない、ちょっとゾ...
「iHerb(アイハーブ)」で買える、海外で作られるレベルの高いインスタント食品を3つ紹介します。
自宅にいながら個人輸入ができちゃうオンライン輸入食品店(勝手にそう呼んでいるだけ)「iHerb(アイハーブ)」を活用して「#おうち時間」をもっと充実させよ...
あなたは、普段何気なく口にしている食品や飲料の原材料について、気にかけていますか?メーカーは製造コストを下げるために、低価格の原材料を使わざるを得ないとい...
「Airbnb」から夏にピッタリの新感覚バーチャル体験が登場。「夏の風物詩」であるお化け屋敷、花火、お祭り、富士登山と、家族や友人たちと楽しめるコンテンツ...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
普段、私たちが何気なく口にしている食品や飲料。実際、どんな原料が使われていてるのか、不透明な部分もあります。ここでは、渡辺雄二さんの著書『今いちばん知りた...
iHerb(アイハーブ)でおすすめの「海外の最先端フェイク食品」3選。フェイク砂糖、フェイクエッグ、フェイク醤油というラインナップです。
米グロサリー・ストアチェーン「Whole Foods Market」が、2020年の食品トレンド予測を発表。
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
次世代スマートゴミ箱「T Air X」が「Makuake」に登場。これがあれば、フタに触れることも、ゴミ袋を縛ることも、新しい袋のセットも必要ない。
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
iHerb(アイハーブ)でオススメの「グルテンフリー食品」をご紹介します。海藻やココナッツ、枝豆を原材料としたグルテンフリー食材は、低カロリー、低糖質でダ...
20歳で単身フランスに渡り、外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。
食品残渣(ざんさ)とは、食品の製造過程に出る副産物や廃棄物のこと。日本は食料自給率が低いと言われる一方で、食品残渣が多いこともたびたび話題にあがる。そこで...
「ABCクッキングスタジオ」より、新たにスタートした食品ロス削減のためのレッスンプログラム。料理教室のSDGsアクションに注目。
ストローで飲めて、飲み歩くにも丁度良い、ひんやりなめらかな新触感飲料「飲む茶碗蒸し」が誕生!「季旬 鈴なり」店主・村田明彦氏と「にんべん」の「日本橋だし場...
1984年に世界で初めてストラップ付きスポーツサンダルを開発した「Teva」が、米国の次世代アウトドアブランド「Cotopaxi」とコラボレーション。
TABI LABO編集部が輸入食品店として注目するiHerb(アイハーブ)で買える「プロテイン入りの〇〇」をご紹介。プロテイン入りの美味しい「パンケーキミ...
じゃこ天は、愛媛県の八幡浜市や宇和島市などがある南予地方で作られる、魚の練り物を油で揚げたもの。「昔は、くずしって呼んでました。たくさんの雑魚(ざこ=じゃ...
ドイツに誕生した「廃棄商品専門スーパー」が今、注目を集めている。このスーパーで売られている食品はすべて“廃棄が迫っている食品”や“賞味期限の切れた食品”。...
いま発酵食品が見直されているのは、漬物や酒粕などに含まれる乳酸菌が、日本人の腸にとってもやさしい働きをしてくれるから。こうした日本食文化の知恵がつまった、...
環境に優しいサステイナブルな食品原料として期待される「Solein」。空気中から抽出した二酸化炭素、水、電気からつくられたパウダー状のもの。栄養素の割合は...
コンビニやスーパーに並ぶ食品なら、おおよその原料と添加物がわかりますが、居酒屋やファミリーレストランなどの外食の場合、原材料は何も表示されていません。消費...