玉ねぎを素早く飴色に炒める「3つの方法」

カレーやオニオングラタンスープなどを専門店の味に近づけるには、玉ねぎを飴色に炒めて、香味と甘味を引き出すことがポイントです。
しかし、そこまで炒めるには時間がかかります。長時間ずっと混ぜていなければいけない上に、後半は玉ねぎの糖分で焦げやすくなります。
そこで玉ねぎを早く飴色にする方法を紹介しましょう!

そもそもどうして
玉ねぎは飴色になるの?

玉ねぎが飴色になるのは、玉ねぎに豊富に含まれる糖質が熱によって化学反応を起こして褐色になるから。これはメイラード反応と呼ばれています。

牛肉に茶色い美味しそうな色がついたり、フライドポテトが褐色しやすいのも同じ原理。早く飴色にするためにメイラード反応をいかに早く出すかが焦点となります。

条件:玉ねぎ1個(150g)、油大さじ1を使用。弱火で炒める。

01.
熱伝導を高めるために
水を入れる方法

678798_341237858

炒める際に水を大さじ1程度加えることで、玉ねぎの中まで火が通りやすく、糖分を水に溶かすことで、表面が早く褐色になります。玉ねぎの水分がなくなったら、都度大さじ1の水を足しながら炒めてみてください。

差水しながら混ぜることを何度か繰り返すことで、飴色玉ねぎがいつもよりも素早く完成するはずです。

02.
刻んだ後、冷凍すると
表面温度が高くなりやすい

玉ねぎは刻んでから冷凍して使うことで、水分が抜けます。そのため、表面温度が高くなりやすく、メイラード反応を促進することができます。

水分が抜けた玉ねぎの細かい部位から焦げてくるので、01.の差水しながら炒めるのがオススメ。合わせ技でより時短できますよ!

03.
最速の技はコレ!
重曹を加えてアルカリ性に

166023185

重曹(食用)を入れて玉ねぎをアルカリ性にすることによって、反応のスピードを促進する方法です。重曹の分量は、小さじ1/4でOK。これをフライパンの上で刻んだ玉ねぎに加えて、炒めます。すると、火にかけたそばから、どんどん色が変化! ビックリするぐらいのスピードで飴色の玉ねぎが完成しますよ。

さて、気になるお味ですが、これは差水のみで炒めた玉ねぎが一番美味しくなります(時間的には一番かかってしまいますが……)。もちろん、個人差はありますが、カラメルの香ばしい香りと甘みがしっかりと出ます。

時短を取るか、味を取るか、難しいところですが、シーンに分けて使い分けるのもアリですね。

フードクリエイティブファクトリー

「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チームです。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

血液サラサラってよく聞くけど、あれはどちらかといえば玉ねぎの実のほう。で、皮には皮の良さがあるんだそうです。いやいや、皮って(笑)
あなたにとって理想のキャラメリゼとは、そもそもどんなもの?とろとろとした甘いもの?それとも玉ねぎの形がしっかりの残っているもの?つくりたい具合によってこう...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
いま、密かなブームとなりつつある「玉ねぎヨーグルト」を知ってますか?どこにでも手に入る玉ねぎとヨーグルト、これだけ。どちらもカラダにいい食材ですが、合わせ...
こんなに知られるとわかってたら、もうちょっと違う名前にしてたと思う(笑)。
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
豊かな自然と温暖な気候が魅力の淡路島。ご存知の通り、甘くて柔らかい「玉ねぎ」が有名な、瀬戸内海最大の島です。実はいま、そんな特産品を使った「淡路島カレー」...
玉ねぎ、セロリ、人にんじんを、それぞれ2:1:1の割合で、にんにくとたっぷりのオリーブオイルで炒め煮にしていくだけ。プロはこの材料で1時間〜1時間半ほど弱...
突然ですが、どんな方法で玉ねぎのみじん切りに挑んでいますか?ただでさえ目にしみるうえに、ちっともパラパラ「みじん」にならない人へ。ライターChris Wu...
炒めるだけのシンプルな料理だからこそ、それぞれこだわりも強くなりますよね。これらのポイントを抑えれば、簡単にパラパラになりますよ!
「野菜炒めのコツは、強火で一気に炒めること」料理の常識として、当たり前のように語られていますが、こんな経験はありませんか?「言われたとおり強火で一気に炒め...
トマト、グリーンピース、チョリソー、半熟卵を使った「フラメンカ・エッグ」という名の料理があります。もちろん出自はスペイン、セビーリャの郷土料理。なんでも、...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
和食の基本となる「だし」。その材料にはかつお、昆布、煮干し、干ししいたけなどが使われるのが一般的ですよね。でも、「豆」からもだしが取れるって知っていました...
ジョッキに麺が入っています。衝撃!
「弱火でにんにくを熱して香りがたつまで炒める」、レシピを見ているとこんな表記をよく見かけますよね。ペペロンチーノ、炒飯、チキンソテー、野菜炒め、カレーをつ...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
気持ちのいい初夏の気候が続いていますね!そこで食べたくなってくるのがエスニック料理。タイやベトナム料理はだけじゃなく、南米メキシコ料理だって家めしならカン...
玉ねぎを切ると、涙が出てくるのは周知の事実。では、みなさんはそれをどう回避していますか?「包丁と玉ねぎをよく冷やしておく」「割り箸を口にくわえる」など、“...