コレ知ったら、玉ねぎの皮は捨てられなくなりますよ

生でサラダに入れたり、炒めたり煮込んだり、ジャンルを超えてあらゆる料理に幅広く活用できる玉ねぎ。血液がサラサラになるとも言われていますよね。

その玉ねぎですが、「皮」にも栄養がたっぷり含まれているって知ってました?ゴミ箱行きだった皮さえ、もう捨てられなくなりますよ。

知らなきゃもったいない
玉ねぎの皮の栄養

玉ねぎに含まれる物質にポリフェノールの一種「ケルセチン」というのがあります。これ、実よりむしろ皮のほうが含有量が多く、抗酸化作用をもち、活性酸素を取り除く働きがあります。

生活習慣病を未然に防ぐうえでも、この物質を上手にカラダに取り入れられたらいいですよね。

では、玉ねぎの「皮」をいかに有効活用できるか?ケルセチンは水溶性のため、オススメはスープの出汁にすること。お手軽です。

鍋に玉ねぎの皮と水を入れてグツグツ煮たら皮を取り出し、あとはお好みの具と味付けで召し上がれ!

Licensed material used with permission by FOODCREATIVEFACTORY
キウイの皮を向いた際、皮に残った果肉をフル活用するオドロキの料理ハックです。
トマトソルトの甘しょっぱさが、ローストポークやチキン、フライドポテトにバツグンに合うんです!ヨダレがたれてしまう前に、さっそくつくってみましょう。
あなたにとって理想のキャラメリゼとは、そもそもどんなもの?とろとろとした甘いもの?それとも玉ねぎの形がしっかりの残っているもの?つくりたい具合によってこう...
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
スウェーデンの広告会社「Le Bureau」が非常にユニークな体験型広告を製作した。雑誌に石鹸で作られたページを挟むことで、実際にそのページを使用して手を...
知ってるだけで何倍も料理がおいしくなるテクニック。これまでの常識がガラリと変わるかも!?
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
手づくり餃子における意外な落とし穴は、あんと皮のバランス。なぜかいつも皮だけ数枚余ってしまう。みたいなことありませんか?ところがこの餃子の皮、使い方次第で...
鶏肉は好きなんだけど、ぶよぶよの皮だけは苦手という人、結構いますよね。皮だけはがしちゃうとか。ならばパリパリすればどうでしょう。チキンソテーの皮をもうパリ...
いま、密かなブームとなりつつある「玉ねぎヨーグルト」を知ってますか?どこにでも手に入る玉ねぎとヨーグルト、これだけ。どちらもカラダにいい食材ですが、合わせ...
福岡県柳川市の蒲鉾店「関屋蒲鉾」が、10年後の食卓をイメージして新たに開発した、惣菜感覚の新ジャンルさつま揚げ「DELIさつま」の発売をスタート。
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
カレーやオニオングラタンスープなどを専門店の味に近づけるには、玉ねぎを飴色に炒めて、香味と甘味を引き出すことがポイントです。しかし、そこまで炒めるには時間...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
突然ですが、どんな方法で玉ねぎのみじん切りに挑んでいますか?ただでさえ目にしみるうえに、ちっともパラパラ「みじん」にならない人へ。ライターChris Wu...
デンマークで一般的なライフスタイルや考え方を表した言葉「ヒュッゲ」。この記事では、ヒュッゲについて解説し、ヒュッゲを生活に取り入れていくヒントをご紹介していく。
「CAMPFIRE」にて発売中の携帯用歯ブラシ乾燥機「mini」は、歯ブラシの先端をケースに入れるだけで強力殺菌。オフィスや旅行シーンで大活躍間違いなし!
11月26日、「Airbnb」が世界中の家庭料理を作って楽しめる新カテゴリー「クッキング体験」のローンチを発表し、豪華なキャンペーンをおこなっている。
料理の初心者向け、コンロ1つで20分できる海外料理レシピ5選。9分でできるパスタ、フィンランドのサーモンスープ、台湾のトマトニューロー麺、ギリシャのレモン...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
長野のイタリアンレストラン「ピュルンゴ」でジビエ料理を提供するオーナーシェフの長崎晃は、駆除された野生動物の皮を有効活用すべく、ライフスタイルブランド「I...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...