トマトの皮は捨てずに「塩」にする!

あなたはトマトの皮って剥きますか?

皮ごと食べる人も多いと思いますが、「Food52」のLindsay-Jean Hardさんいわく、剥いた皮は捨てずに焼けば、なんと自家製トマトソルトにできちゃうのだとか!

食品ロス問題が世間を騒がせている今だからこそ、皮を有効活用できる彼女のレシピには感激。「皮を捨てる」という概念を断つ、いいきっかけにもなりそうです。

トマトソルトの甘しょっぱさが、ローストポークやフライドポテトに合うんです。ヨダレがたれてしまう前に、さっそく作業に取り掛かりましょう。

 

トマトの皮で
MYソルトづくり

5883845115117568
© 2015 Mark Weinberg

トマトを湯がいて皮を剥いているときに「この皮で何かできないかな?」なんて考えたことありますか?

いいえ。

と答えたあなた、同感です。

正直、私もほとんど考えたことはありませんでした。ところがGabrielle Hamiltonさんという女性が、素敵なアイディアを考案しています。

彼女は自身のレシピ本「Prune」にて、なんとドライトマトの皮を粉に変身させているのです。私は家で料理をするとき、粉末調味料はあんまり使いません。なぜならソレでメインを立派に見せるなんて、手を抜いた感が拭えないから。

ですが、トマトの皮で塩がつくれちゃうならやってみてもいいかも、と思いました。

皮を食べるからには、トマトは絶対にオーガニックを選びたいですよね。
ちなみにファーマーズマーケットに立ち寄る場合は、栽培方法も聞いておくといいかもしれません。オーガニックとは認定されていないにしても、同じようなものが見つけられるかもしれませんよ。

材料

トマトの皮:適量

粗塩:トマトの皮と同じ重量

作り方

【1】オーブンを90℃に温める。

【2】別のレシピ用にトマトを湯がき、皮を剥く。皮は計りに乗せて、重さを計る。(中くらいのトマト4個は、約45g)

【3】パーチメント紙、もしくはベイキングシートにトマトの皮を広げて、粗塩を振る(塩は、皮と同じ重量分を用意)。

【4】ベイキングシートをオーブンに設置し、皮が完全に乾燥するまで焼く(イメージは、紅葉くらいのパリパリさ)。中くらいのトマト4個をここまで乾燥させるには、だいたい2〜3時間。量が多ければ多いほど、多くの時間が必要。

【5】オーブンから取り出して冷ます。塩気のある皮を杵と臼、もしくはスパイスミルで砕いていく。小さめのフードプロセッサーも使えますが、あまり細かくは砕けないかもしれません。

6004619595481088
© 2015 Mark Weinberg
Top photo: © 2015 Mark Weinberg
Text used with permission byFood52
血液サラサラってよく聞くけど、あれはどちらかといえば玉ねぎの実のほう。で、皮には皮の良さがあるんだそうです。いやいや、皮って(笑)
新鮮なトマトを使って、ひと手間かけてでも試してもらいたいのが「焼きトマト」。これをトマト缶の代わりに用いれば、料理がプロ並みにレベルアップするんです。
キウイの皮を向いた際、皮に残った果肉をフル活用するオドロキの料理ハックです。
サラダなどで目にする「カッペリーニ」という名の細いパスタ。トマトやバジルの冷製パスタで目にしたことがある方も多いかもしれません。ただ、どうしても冷製という...
ロゴがデカデカとプリントされたショップTは、デイリーユースに少し抵抗があるアイテム。だけど、ぜんぜんイヤじゃない。
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
まるまるとして、皮がパツンとはじけるように張った真っ赤なトマト。野菜のなかでもなぜトマトが好きなのだろうと考えてみたら、それはきっと、見ているだけで元気を...
鶏肉は好きなんだけど、ぶよぶよの皮だけは苦手という人、結構いますよね。皮だけはがしちゃうとか。ならばパリパリすればどうでしょう。チキンソテーの皮をもうパリ...
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
食の知恵として古くからある保存法に「塩漬け」があります。肉も魚も野菜も、食材の水分を抜いて、保存性を高めるのに塩。塩分濃度が上がればその分、痛みにくくもな...
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
トマトジュースといえば、サラサラやドロドロなど口当たりの違いこそあれ、色は赤が当たり前。ところが、「ある場所」でのみ楽しめる、透き通った金色のトマトジュー...
パン作りは発酵が手間、というイメージがあるかもしれません。そこで「春巻きの皮」を代用して、面倒な発酵作業を一切省いたベーコンエピのつくり方を紹介します。あ...
冷蔵庫を開けた時に、トマトしかない。でもお腹を満たしたいし、美味しいモノを食べたい! ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応えます。...
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
甘さも酸味も物足りない、そんな「ハズレトマト」ほどおいしく化ける。
オフィスに本格的な卓球台が設置されて、あらためてわかりました。卓球ってめちゃくちゃ手軽なスポーツだな、と。
手づくり餃子における意外な落とし穴は、あんと皮のバランス。なぜかいつも皮だけ数枚余ってしまう。みたいなことありませんか?ところがこの餃子の皮、使い方次第で...
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
健康面に気づかって、自家製ドレッシングを作る人も多いですよね。そんな「自家製」を作るとき、特にオススメなのが、ごまドレッシング。フードプロセッサーさえあれ...
これまで、タイヤの材料のことなんて考えたこともなかった。でも、研究者たちは違ったみたい。「当たり前のものを疑う」という彼らのスタンスを、改めて見せつけられ...
一見何の変哲もないように見える、こちらのサンドイッチ。ですが、なんと一つ1,500米ドル(約18万円)もするんです。すべて自家製18万円のサンドイッチ!?...
冬に旬を迎えるホタテ。寒くなるにしたがって身が分厚くなり、甘みも増しておいしくなります。このホタテの旨味をいっそう引き立たせてくれる組み合わせがトマト。イ...