使い切れなかった食材は「塩漬け」で保存食にしよう

世界各国、食の知恵として古くからある保存法に「塩漬け」があります。肉も魚も野菜も、食材の水分を抜いて、保存性を高めるのに塩。塩分濃度が上がればその分、痛みにくくもなります。さらには、熟成させることでうまみが増したり、マイルドな味わいになるものも。

アレンジ自在な塩漬けレシピ、ちょっとだけ余ってしまったときはコレです!

01.
トーストに乗せると最高
「塩トマト」

Bc8b9d2cf758c37e1c1b4a29de6fa2134b148669

<材料>
トマト:2個
塩:20g

<つくり方>
トマトを8等分のくし切りにしたら横半分にカットします。煮沸消毒した保存瓶にトマト、塩を交互に入れたら、これを冷暗室で5日間寝かせ、その後は冷蔵庫で保存。6日目以降にどうぞ。

熟成させることで、爽やかな酸味と甘み、そしてトマトのうま味が一気に凝縮。マヨネーズに合わせたり、ドレッシングに加えれば、これだけで美味しいソースに。

おすすめはカッテージチーズと混ぜて、トーストしたパンにのせた食べ方。他にもカルボナーラの仕上げ散らすとたまりませんよ。

 

02.
肉に魚に!万能調味料
「塩にんにく」

50ceb7d9e0892c6fc3e7a109ae1732b67300636b

<材料>
にんにく:1個
塩:10g(にんにくの重さの20%)
酒:10g(にんにくの重さの2倍)

<つくり方>
にんにくの皮をむき、根元を切り落として横半分にカット。煮沸消毒した保存瓶にすべての材料を入れて、冷暗所で2週間保存します。

お酒ににんにくの香りがしっかり映ることで美味しくなるのが、この調味料。漬けて熟成させることによって、にんにくの辛味も少しマイルドに。

魚料理でも、肉料理でも、味付けに重宝すること間違いなし!

03.
きのこポン酢やパスタソースに
「塩きのこ」

B58aff9da08dca802bf83753cab8b3e5c4c343e9

<材料>
しいたけ:100g
しめじ:100g
えのきたけ:100g
塩:9g

<つくり方>
それぞれ石づきを切り落としたら、しいたけは薄切り、しめじは半分の長さに、えのきは3cm幅にカットします。フライパンに水(大さじ3)を入れて、クッキングシートをしき、きのこ3種を広げてフタをしたら中火にかけ、5分蒸し焼き。煮沸消毒した保存瓶にこれを入れ、塩を加えて瓶をふったら、そのまま常温で2時間おき、塩が完全に溶けてから冷蔵庫で保存します。数種類のきのこを組み合わせることで、より複雑な香りに。

おすすめはオリーブオイルと合わせるパスタソース。ほかにも、ゆずやレモン果汁と合わせてきのこポン酢をつくって、おひたしにかけるのもアリ。食欲がわいてきますよ。

04.
魚料理に使って、白ワインと……
「塩レモン」

792ce0c960854e81a9b13e63d84c5e09d4062ef3

<材料>
レモン:2個
塩:20g(レモンの重さの10%が目安)

<つくり方>
レモンを水で洗い、ペーパータオルで水気をよくふき取ります。両端を切り落とし、6等分のくし切りに。煮沸消毒した保存瓶にレモンと塩を交互に入れて、冷暗室に1週間おきます。1日1回容器を上下にふって全体をよくなじませることを忘れずに。

そのままでも食べられるほどレモンの酸味がまろやかに。発酵することで、うま味が出て、パルメジャーノチーズを食べたときのように、じんわり長時間余韻を楽しめるようになります。

サラダに使ったり、魚料理の仕上げにかけると、もう最高!白ワインにもよく合いますよ。

05.
チーズみたいに、サラダへ
「塩豆腐」

611ac78d52ff44c070ab838bba402958bb7844c2

<材料>
豆腐:1丁
塩:小さじ1

<つくり方>
豆腐の水気をよく切り、2枚に重ねたキッチンペーパーにのせて、全体に塩をふったら包みます。平皿の上にのせて冷蔵庫で半日。キッチンペーパーを変えて、さらに半日おけば完成です。

ねっとりした食感と、大豆の凝縮した香りが最高。モッツァレラチーズのような感覚でヘルシーに食べられるので、いろんな料理とも相性バツグン。サラダに入れたり、カプレーゼ風にトマトとバジルと合わせてみませんか。

冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
この真っ赤な色は、唐辛子か?それともトマト?そのどちらでもないんです。これは赤いパプリカを塩漬けした「マッサ」。ポルトガルではポピュラーな調味料で、味噌や...
その口当たり、まさにモッツァレラチーズのよう♡ 巷で話題沸騰中の“モッツァレラチーズもどき”、もう試してみましたか?すでに「塩豆腐」として商品化されるほど...
香ばしく焼いただけでも十分おいしい、鶏のむね肉をさらに煮込む。一見、手間がかかりそうなこのアイデア(ですよね?)は、意外にもたった2つの調味料を用いるだけ...
福井県から京都まで続く「若狭街道」は、古代から朝廷に食材を届けるための道として、多くの行商人たちが行き来した古道。そこで福井では、日持ちをさせるために数多...
この時期、居酒屋のお通しで出ることもある「生落花生の塩茹で」。落花生(ピーナッツ)と聞けば乾いているイメージだけれど、新鮮な生のものを殻ごと塩で茹でると、...
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
「死ぬまでに行きたい絶景」として名をはせている、ボリビアのウユニ塩湖。実際に行くのはなかなかに難易度が高いので、今週末は、日本のウユニ塩湖に行ってみません...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
食卓にすっかり浸透した「ゆず胡椒」。そんなゆず胡椒愛好家の間で、話題になっているのが「かんずり」という調味料。その「かんずり」の魅力や料理がグンとおいしく...
美容効果も期待できる「アボカド」ですが、そのまま食べるのはもちろん、サラダや炒め物に混ぜたり、フライにしてもおいしいですよね。しかし残念なのが「日持ちしな...
アボカドって、生のまま食べる人が多いと思うけど、フライにすると外側はカリッ、中はトロトロという食感が最高に楽しい料理になるんですよ。食感の違いを楽しむ。お...
最近巷で「塩系男子」なる言葉を耳にします。昔から「しょうゆ顔」、「ソース顔」・・・などはよくいわれますが、「塩系男子」とは、どんな人を指すのでしょう?1....
まるまるとして、皮がパツンとはじけるように張った真っ赤なトマト。野菜のなかでもなぜトマトが好きなのだろうと考えてみたら、それはきっと、見ているだけで元気を...
スパイスや乾燥食材をミルなどで粉砕して、サラダなどにかけて使う粉末タイプの「粉ドレッシング」を紹介します。好きなものを入れられるという自家製ならではのメリ...
冷蔵庫を開けたら、新じゃがしかない……。そんなときにオススメしたい、新じゃがだけでおいしくお腹を満たせる料理。「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、簡単でお...
食べ残ったパンが固くなってしまったときの、おいしい再利用法に「パンツァネッラ」や「チロラー・グルストゥル」がありますが、パン食がメインの国にはどこも同じよ...
残暑がまだまだ続きます。熱中症対策、万全ですか?東ヨーロッパから中東にかけて、多くの国で親しまれているヨーグルトドリンクがあります。ヨーグルトに水と塩を混...
かつて、フランス料理において泡=タブーな時代がありました。漉しが足りなかったり、温度が高すぎたり…料理人はスープやソースから泡をなくすべく格闘していたので...