卓上で「天然塩の収穫体験」ができる巷で話題のプロダクト

ザグレブのデザインスタジオ「Boir」がデザインした「SAL⊥」(最後のTは上下逆向き)は、塩作りを疑似体験できるプロダクト。

付属の小瓶には濃縮したアドリア海の本物の海水「Nin 28Bé°」が入っている。これを硯のようなセラミック容器に流し入れ、日光に1時間さらすか、もしくはオーブンで加熱するだけ。

結晶化した塩をT字の専用の道具でかき集めて収穫し、できたての塩を料理に振りかけて味わう──最高の贅沢だ。海水を注ぐたび、蒸発速度や濃度が異なるため、塩の結晶も微妙に変化するというのもおもしろい。

「ピランソルト」や「フラワーソルト」に代表されるように、クロアチア沿岸には広大な塩田が広がり、古くから製塩がさかん。だが、近年は生産コストの高さから多くの職人が廃業、伝統製法の危機が叫ばれている。

持続可能なプロセスの疑似体験。デザインを通して食文化を伝える意味は、決して小さなものではない。

海外配送も対応。気になる人はBOIRオンラインサイトへ。

©2019 Boir
©2019 Boir
©2019 Boir
Top image: © 2019 Boir
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
どの家庭にも必ずある「あの調味料」で、簡単に鍋底の焦げ汚れが落とせるのです!それは一体なんだと思いますか。酢?砂糖?塩?醤油?味噌?こしょう?
一口に“塩”といっても、作り方も製法もさまざま。ここでは「岩塩」の魅力について少々。
ひと振りで手軽にシェフの味を再現でき、どんな料理にも合う万能調味料。「クレイジーソルト」さえあれば、クリスマスディナーは失敗知らず!
プラスチック製のシースルーランプシェード(フェイスシールド)「Plex'Eat」を使用すれば、向かい合って食事を楽しむことができる。レストランの雰囲気を壊...
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
「スマトラサンバル」は、トバ湖周辺の森林に自生しているアンダリマンペッパー(山椒)と青唐辛子やレモングラスなどをブレンドしたチリソースで、爽やかなしびれと...
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
レシピ内に「塩ひとつまみ」と書かれていれば、やっぱりそこは"ひとつまみ"すべきでしょ?
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
「もしチーズを食べることが日課であるなら、あなたはきっとこのプログラムを気にいるでしょう」
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。
シーズン問わず、コスパのいいおかず「塩サバ」ですが、いつも焼くだけではワンパターン。そこで、こんなおつまみはいかがでしょう。
突き詰めればどこまでも辛い、辛い、辛い……。激辛を売りにする調味料は数あれど、単なる罰ゲームのようなものじゃ満足できない!そんな真の「辛いもの好き」さんに...
料理の味を左右する「調味料」。気になるあの人たちの“イチオシ”を紹介してもらいます。
NY生まれのラーメンブランド「黒帯」。日本第1号店が「RAYARD MIYASHITA PARK」に誕生。
「米国国勢調査局」が先月発表したデータによると、米国の16歳未満の人口構成で、ヒスパニックや黒人、アジア系の人口が昨年初めて白人の人口を上回ったとことが明...
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
調味料をちょい足ししたり、ほんの少しのひと手間で、驚くほどおいしく味わえるこんな方法を知っておくと、何かと役に立つはずです。
普段は脇役として活躍する調味料。使い方次第では、立派な主役になるそう。冷蔵庫の食材が少なくても作れる「調味料が主役になるレシピ」を2品紹介します。
その口当たり、まさにモッツァレラチーズのよう♡ 巷で話題沸騰中の“モッツァレラチーズもどき”、もう試してみましたか?すでに「塩豆腐」として商品化されるほど...
トマトソルトの甘しょっぱさが、ローストポークやチキン、フライドポテトにバツグンに合うんです!ヨダレがたれてしまう前に、さっそくつくってみましょう。
食の知恵として古くからある保存法に「塩漬け」があります。肉も魚も野菜も、食材の水分を抜いて、保存性を高めるのに塩。塩分濃度が上がればその分、痛みにくくもな...