いつもは脇役の「調味料」が主役になるレシピって?

普段は脇役として活躍する調味料。使い方次第では、立派な主役になるんです。教えてくれたのは、約30年前にアメリカから日本に移住して、埼玉の農夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日々を送るナンシー八須さん。

魚醤は、味に深みを出すので、隠し味に最適ですが、主役の味にもなりますねカレー粉は、漬け物にするだけでも、主張のある一品になります」と話しています。

今回は「調味料が主役になるレシピ」のなかから2品を紹介。いつもはなんとなくで選んでいた調味料も、材料や製法にまでこだわって揃えたくなります。

D2fedc100c30a55a923326599a7dfcc3de31ae6c

大根のカレー風味漬け

数週間かかる昔ながらのたくあんと違って、この「変わり漬け」は9日間で完成するのが特長。

6a69aeb6e65b54445f37fff93c67421c29bfb8df

<材料:6人分>

・大根:1本
・酒:500ml
・みりん:大さじ4
・カレー粉、塩:各大さじ2

<作り方>

1)大根を適当な大きさに切る。

2)1に塩を揉み込み、陶器もしくは食品用のプラスチック容器に入れる。

3)酒、みりんを2の上からかけ、落しぶたをし、その上から1kgの重しをのせる。木綿の布を上からかけ、ひもで巻いて結び、涼しい場所に2日間おく。

4)2日経ったら、大根を取り出し、半日間、天日で乾かす。

5)4にカレー粉を振りかけ、きれいにした容器に再び入れて重しをのせ、涼しい場所に1週間おく。

魚醤の焼きおにぎり

魚醤の香りがほのかに漂います。魚醤はイワシかサバの「いしる」、もしくはハタハタの「しょっつる」をどうぞ。炭火でじっくり焼くのがオススメですが、フライパンで焼いてもOK。

28ee285a663cfb82b1b0c8b65272fb80cf25be35

<材料:8個分>

米:3合

かつお節:5g

金ごま:大さじ1

魚醤:大さじ2

<作り方>

1)米をといで炊く。ごまはフライパンで香りが出るまで空煎りする。

2)ごはんに魚醤大さじ1と1/2、かつお節、ごまをかけ、切るようにして混ぜる。

3)残りの魚醤を手につけ、おにぎりを8個にぎる。

4)炭をくべた七輪にのせ、両面を7分ずつ焼く(もしくは、フライパンに少量のごま油を熱し、弱火で焼く)。

5)うつわに盛り、お好みでのり(分量外)を巻いていただく。

料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
独断と偏見でピックアップしました。
レシピ内に「塩ひとつまみ」と書かれていれば、やっぱりそこは"ひとつまみ"すべきでしょ?
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
手頃な価格で、あると便利な「きゅうり」。ついつい多めに買ってしまって冷蔵庫にきゅうりしかない…。そんな状況でも美味しくお腹を満たすことができる絶品のレシピ...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
用途は麺類に使うだけじゃなくて、ほかにもたくさん。大活躍の万能調味料です。
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第9回は、マドリードの家庭の味。
オランダはそれだけじゃないだろう! って思うけど、やっぱり飲みたくなる
書籍『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)は、著者自信が、現地で料理修行をしたからこそわかる各国の食文化と一緒に、家庭で気軽に作れるレシ...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第3回はフィジーより、海と暮ら...
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。