真夏でもゴハンがすすむ自家製調味料

お刺身の添えものとしても、麺類の薬味としても、万能な大葉ですが、必ずしも脇役なわけではありません。この「大葉味噌」も。

さらにはアレンジ次第で、いろんな炒めものにも活用できるメリットも。清涼感のある夏のおかず一品と合わせて紹介します。

真夏でも食欲が増す
「大葉味噌」

5945565741318144

ここでは大葉を20枚使いましたが、作りやすい分量でOK。それに合わせて調味料を加減してみてください。

まずは大葉を千切りにして水でさらし、よく水気をきっておきます。フライパンに味噌(大さじ2)、きび砂糖(なければ普通の砂糖でも可)大さじ1、みりん(大さじ1)を入れて練り混ぜてから中火で熱し、温まってきたら大葉を加えます。水気が少なくなるまで煮詰めて完成。

このしそ味噌。炊きたてゴハンのうえに乗せても十分おいしいのですが、さらにはこんな調味料としての使いかたも。

イカのしそ味噌炒め

4839858488999936

フライパンにごま油(大さじ1)を引いて中火で熱し、カットしたイカを炒めます。火が通ったところで大葉味噌(大さじ1)を加えてさっとからめれば完成です。

Top image: © FOOD CREATIVE FACTORY
Text used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
普段は脇役として活躍する調味料。使い方次第では、立派な主役になるそう。冷蔵庫の食材が少なくても作れる「調味料が主役になるレシピ」を2品紹介します。
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
用途は麺類に使うだけじゃなくて、ほかにもたくさん。大活躍の万能調味料です。
レシピ内に「塩ひとつまみ」と書かれていれば、やっぱりそこは"ひとつまみ"すべきでしょ?
どの家庭にも必ずある「あの調味料」で、簡単に鍋底の焦げ汚れが落とせるのです!それは一体なんだと思いますか。酢?砂糖?塩?醤油?味噌?こしょう?
「Dinner In The Sky」は話題になっていく中で他のサービスも展開し、今ではフェスに参加でき、サッカー観戦までできるようになっているんです。
バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!
熟成の必要もなく、意外とかんたんに作れてしまうコチュジャン。自家製レシピを紹介します。
食卓にすっかり浸透した「ゆず胡椒」。そんなゆず胡椒愛好家の間で、話題になっているのが「かんずり」という調味料。その「かんずり」の魅力や料理がグンとおいしく...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
冷蔵庫を開けた時に、アスパラガスしかない……。でもお腹を満たしたいし、おいしい料理が食べたい!ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応...
この真っ赤な色は、唐辛子か?それともトマト?そのどちらでもないんです。これは赤いパプリカを塩漬けした「マッサ」。ポルトガルではポピュラーな調味料で、味噌や...
なんでも、飲食店から料理を持ち帰るための容器がなかったことから、この食パンに詰め込んじゃえ、っていうスタイルが始まったそうですが、それにしてもワイルドですよね。
47都道府県のおいしいものを探していると各地で頻繁に見つかる、いわゆる「おかず味噌系」の食べ物。その代表格と言えるのが金山寺味噌ではないでしょうか? なん...
トマトケチャップで味付けするスタイルがごくごく一般的ですが、ここにある調味料をプラスすると、グンとおいしくなるんです。
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
かつて、フランス料理において泡=タブーな時代がありました。漉しが足りなかったり、温度が高すぎたり…料理人はスープやソースから泡をなくすべく格闘していたので...
味覇(ウェイパァー)が鍵あなたは、味覇(ウェイパァー)という中華の調味料を知っているだろうか。日本でも、大きめのスーパーならたいてい売っている。真っ赤な缶...