イチからつくる自分だけの調味料

調味料をわざわざ自作するとは、なかなか考えられないかもしれません。けれど、この世に作れないものはない。たとえそれが調味料だったとしても。あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピを紹介します。

「しまった!〇〇が切れてた……」なんてときに役立つ、かも。

味も香りも本格派
めんつゆ

かつお節の香りと昆布の旨味がぎゅぎゅっと詰まった、日本人ならキュンとくる味わいです。手づくりならではのフレッシュさも感じられますよ。

<材料>
しょう油:200ml
みりん:30ml
酒:80ml
昆布:5g
かつお節:3g

<作り方>

お鍋にしょう油、みりん、酒を入れて中火にかけます。煮たったら弱火でさらに5分。その後、昆布、かつお節を加え、粗熱がとれるまでそのまま。ザルで漉したら完成です。

ソースとはちみつで
バルサミコ酢

本来はブドウの果汁を煮詰めてつくるバルサミコ酢。それを中濃ソースにお酢とはちみつを混ぜて代用します。中濃ソースの存在感は残るものの、後味のフルーティさと強い酸味は、バルサミコのそれに近い!

<材料>
酢:40ml
中濃ソース:30ml
はちみつ:小さじ1/2

<作り方>
酢と中濃ソース、はちみつを混ぜて完成。

トマトの酸味が効いた
中濃ソース

こちらの主役はトマト。見た目が赤っぽく、トマトソースのような仕上がりになりますが、口内に広がる濃厚さと複雑なうま味は、まさしく中濃ソース。トマトの味が際立つ爽やかソースです。お好みで、オレガノやローリエなどのハーブを加えてもOK。

<材料>
水:200ml
トマト水煮缶:1/2缶(200g)
酢:50ml
りんごジュース:50ml
チューブにんにく:小さじ1
しょう油:大さじ3
砂糖:大さじ1
片栗粉:大さじ1
黒こしょう:小さじ1/4
チリパウダー:小さじ1/4

<作り方>
すべての材料を鍋に入れてよく混ぜます。中火にかけ、煮たったらふつふつするくらいの火加減で、とろみがつくまで煮ればできあがり。

Top image: © iStock.com/Yuri_Arcurs
Text used with permission byFOOD CREATIVE FACTORY
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
料理の味を左右する「調味料」。気になるあの人たちの“イチオシ”を紹介してもらいます。
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。