イチからつくる自分だけの調味料

調味料をわざわざ自作するとは、なかなか考えられないかもしれません。けれど、この世に作れないものはない。たとえそれが調味料だったとしても。あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピを紹介します。

「しまった!〇〇が切れてた……」なんてときに役立つ、かも。

味も香りも本格派
めんつゆ

かつお節の香りと昆布の旨味がぎゅぎゅっと詰まった、日本人ならキュンとくる味わいです。手づくりならではのフレッシュさも感じられますよ。

<材料>
しょう油:200ml
みりん:30ml
酒:80ml
昆布:5g
かつお節:3g

<作り方>

お鍋にしょう油、みりん、酒を入れて中火にかけます。煮たったら弱火でさらに5分。その後、昆布、かつお節を加え、粗熱がとれるまでそのまま。ザルで漉したら完成です。

ソースとはちみつで
バルサミコ酢

本来はブドウの果汁を煮詰めてつくるバルサミコ酢。それを中濃ソースにお酢とはちみつを混ぜて代用します。中濃ソースの存在感は残るものの、後味のフルーティさと強い酸味は、バルサミコのそれに近い!

<材料>
酢:40ml
中濃ソース:30ml
はちみつ:小さじ1/2

<作り方>
酢と中濃ソース、はちみつを混ぜて完成。

トマトの酸味が効いた
中濃ソース

こちらの主役はトマト。見た目が赤っぽく、トマトソースのような仕上がりになりますが、口内に広がる濃厚さと複雑なうま味は、まさしく中濃ソース。トマトの味が際立つ爽やかソースです。お好みで、オレガノやローリエなどのハーブを加えてもOK。

<材料>
水:200ml
トマト水煮缶:1/2缶(200g)
酢:50ml
りんごジュース:50ml
チューブにんにく:小さじ1
しょう油:大さじ3
砂糖:大さじ1
片栗粉:大さじ1
黒こしょう:小さじ1/4
チリパウダー:小さじ1/4

<作り方>
すべての材料を鍋に入れてよく混ぜます。中火にかけ、煮たったらふつふつするくらいの火加減で、とろみがつくまで煮ればできあがり。

Top image: © iStock.com/Yuri_Arcurs
Text used with permission byFOOD CREATIVE FACTORY
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。
料理の味を左右する「調味料」。気になるあの人たちの“イチオシ”を紹介してもらいます。
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!
ひと振りで手軽にシェフの味を再現でき、どんな料理にも合う万能調味料。「クレイジーソルト」さえあれば、クリスマスディナーは失敗知らず!
酸味の利いた南蛮漬けをイチからつくろうとなると、お酢のほか、砂糖、醤油など用意する調味料はたくさん。この手間をスパッとシンプルに、おいしく解決してくれる万...
福岡県宗像市に暮らす母(フミ子さん)が、家族のためにつくった「ゆず胡椒」。その味を引き継いだ息子。「フミ子の生ゆず胡椒 大吟 黒」は、青唐辛子でなく、黒胡...
料理の味を左右する「調味料」。気になるあの人たちの“イチオシ”を紹介してもらいます。
新型コロナウイルス感染拡大のなか苦境に立たされる外食業界。料理の「先払い」によりレストランをサポートしようという動きが続々と。
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
突き詰めればどこまでも辛い、辛い、辛い……。激辛を売りにする調味料は数あれど、単なる罰ゲームのようなものじゃ満足できない!そんな真の「辛いもの好き」さんに...
用途は麺類に使うだけじゃなくて、ほかにもたくさん。大活躍の万能調味料です。
バルサミコ酢の進化版「Ball-samico」。使いたいときに削ってふりかける球状が特徴です。
普段は脇役として活躍する調味料。使い方次第では、立派な主役になるそう。冷蔵庫の食材が少なくても作れる「調味料が主役になるレシピ」を2品紹介します。
「YELLOW BLANK MARKET」が、新型コロナウイルスの感染拡大による営業自粛を受けてオンラインクラブを始動する。それに伴って4月3日〜5日の...
電気自動車メーカー「テスラ」のCEOイーロン・マスクが世界の病院へ向けて人工呼吸器を送料も含めて無償で配布することをTwitterで発表した。対象は「テス...
唐辛子、花椒、クミン、ニンニク…あらゆる中華スパイスを配合したユウキ食品「中華クリスピーチキンシーズニング」。
料理の味を左右する「調味料」。気になるあの人たちの“イチオシ”を紹介してもらいます。
どの家庭にも必ずある「あの調味料」で、簡単に鍋底の焦げ汚れが落とせるのです!それは一体なんだと思いますか。酢?砂糖?塩?醤油?味噌?こしょう?
兵庫県丹波篠山の無農薬ハバネロを使ってつくる「メローハバネロ」。シリーズ中もっとも辛いのがこの「Heaven」。これぞ、正真正銘の激辛!なのにきちんと美味...
レシピ内に「塩ひとつまみ」と書かれていれば、やっぱりそこは"ひとつまみ"すべきでしょ?
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。