イチからつくる自分だけの調味料

調味料をわざわざ自作するとは、なかなか考えられないかもしれません。けれど、この世に作れないものはない。たとえそれが調味料だったとしても。あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピを紹介します。

「しまった!〇〇が切れてた……」なんてときに役立つ、かも。

味も香りも本格派
めんつゆ

6327014202015744

かつお節の香りと昆布の旨味がぎゅぎゅっと詰まった、日本人ならキュンとくる味わいです。手づくりならではのフレッシュさも感じられますよ。

<材料>
しょう油:200ml
みりん:30ml
酒:80ml
昆布:5g
かつお節:3g

<作り方>

お鍋にしょう油、みりん、酒を入れて中火にかけます。煮たったら弱火でさらに5分。その後、昆布、かつお節を加え、粗熱がとれるまでそのまま。ザルで漉したら完成です。

ソースとはちみつで
バルサミコ酢

4624083677347840

本来はブドウの果汁を煮詰めてつくるバルサミコ酢。それを中濃ソースにお酢とはちみつを混ぜて代用します。中濃ソースの存在感は残るものの、後味のフルーティさと強い酸味は、バルサミコのそれに近い!

<材料>
酢:40ml
中濃ソース:30ml
はちみつ:小さじ1/2

<作り方>
酢と中濃ソース、はちみつを混ぜて完成。

トマトの酸味が効いた
中濃ソース

4559114193600512

こちらの主役はトマト。見た目が赤っぽく、トマトソースのような仕上がりになりますが、口内に広がる濃厚さと複雑なうま味は、まさしく中濃ソース。トマトの味が際立つ爽やかソースです。お好みで、オレガノやローリエなどのハーブを加えてもOK。

<材料>
水:200ml
トマト水煮缶:1/2缶(200g)
酢:50ml
りんごジュース:50ml
チューブにんにく:小さじ1
しょう油:大さじ3
砂糖:大さじ1
片栗粉:大さじ1
黒こしょう:小さじ1/4
チリパウダー:小さじ1/4

<作り方>
すべての材料を鍋に入れてよく混ぜます。中火にかけ、煮たったらふつふつするくらいの火加減で、とろみがつくまで煮ればできあがり。

Top image: © iStock.com/Yuri_Arcurs
Text used with permission byFOOD CREATIVE FACTORY
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。
ユニークな福利厚生の紹介です。
マンダリン・オリエンタルホテルグループは、XOJETというプライベートジェットのチャーターを専門にする企業とタッグを組んで、リッチなサービスを展開。
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
用途は麺類に使うだけじゃなくて、ほかにもたくさん。大活躍の万能調味料です。
普段は脇役として活躍する調味料。使い方次第では、立派な主役になるそう。冷蔵庫の食材が少なくても作れる「調味料が主役になるレシピ」を2品紹介します。
どの家庭にも必ずある「あの調味料」で、簡単に鍋底の焦げ汚れが落とせるのです!それは一体なんだと思いますか。酢?砂糖?塩?醤油?味噌?こしょう?
『Sigalit Landau SALT YEARS』の本で紹介される写真がおもしろい。死海でこれでもかというほど“塩漬け”された物が写っています。死海の...
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。
レシピ内に「塩ひとつまみ」と書かれていれば、やっぱりそこは"ひとつまみ"すべきでしょ?
かつて、フランス料理において泡=タブーな時代がありました。漉しが足りなかったり、温度が高すぎたり…料理人はスープやソースから泡をなくすべく格闘していたので...
食卓にすっかり浸透した「ゆず胡椒」。そんなゆず胡椒愛好家の間で、話題になっているのが「かんずり」という調味料。その「かんずり」の魅力や料理がグンとおいしく...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
この真っ赤な色は、唐辛子か?それともトマト?そのどちらでもないんです。これは赤いパプリカを塩漬けした「マッサ」。ポルトガルではポピュラーな調味料で、味噌や...
酸味の利いた南蛮漬けをイチからつくろうとなると、お酢のほか、砂糖、醤油など用意する調味料はたくさん。この手間をスパッとシンプルに、おいしく解決してくれる万...
家飲みのシーンで飲み残しのワインって結構ありますよね。もちろん栓をして保存しておくこともできますが、こういうときにちょっと思考を変えて作ってみてほしいソー...
味覇(ウェイパァー)が鍵あなたは、味覇(ウェイパァー)という中華の調味料を知っているだろうか。日本でも、大きめのスーパーならたいてい売っている。真っ赤な缶...
トマトケチャップで味付けするスタイルがごくごく一般的ですが、ここにある調味料をプラスすると、グンとおいしくなるんです。
熟成の必要もなく、意外とかんたんに作れてしまうコチュジャン。自家製レシピを紹介します。
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...