アメリカ人が切望する、マヨとケチャップでつくるあのソース

マヨネーズとケチャップを1:1の割合で混ぜ合わせたら……はい、そうですオーロラソース。日本人の私たちにしてみたら、家庭で、自分たちでつくるもの。ところが、どうやらアメリカにおいては少々事情が違うようでして。

ケチャップの大手メーカー「ハインツ」が、ペルシャ湾諸国でのみリリースしているソース(マヨチャップ)をめぐり、アメリカ国民が「ぜひ本国に!」と懇願しているとか。

ここに紹介するライターCollete Reintzの記事は、2018年4月「Elite Daily」にて公開されたもの。そこから2ヶ月、マヨチャップ熱は今も継続中!

50万に迫る嘆願ツイート
「早く、マヨチャップを!」

5762449475108864
© oatawa/Shutterstock.com

夏場のバーベキュー(BBQ)が楽しみで仕方がない今日この頃。もし、あなたがBBQで調味料にこだわるタイプなら、ハインツの新商品「マヨチャップ」には心が弾むはず。

じつはこれ、BBQシーンで必ずといっていいほど登場するふたつの調味料を合体させたもの。どこで入手できる?そもそも、アメリカで買えるの?

と、その前に。

なんとなく察しは付いていると思いますが、マヨチャップの正体はハインツ・リアル・マヨネーズとハインツ・ケチャップのブレンド。現在(2018年4月時点)、これが買えるのはペルシャ湾のアラブ諸国のみ。ですが、みんなの支持のおかげで、アメリカへと渡ってくる日も、そう遠くないようです。

というのも、マヨチャップリリースに合わせハインツ社が4月11日より実施したツイッター投票が予想を上回る数字を示したから。

この投票、調味料ファンに向けて「スーパーでマヨチャップが並んだら嬉しいか?」を問いかけたもの。

「早くマヨチャップを!!」こんな投票がじつに50万も集まったというんだから。どうやらマヨチャップがアメリカの店頭に並ぶ日もそう遠くない!ソースラバーは、さっそくマヨチャップレシピを考えておかないとね。

マヨチャップ発祥論争まで!?

今夏のBBQまでには入手可能と想定しているアナタ、たぶん正解。支持者も着々と数を伸ばし、目標数50万まで残り8万票あまり。

ハインツのマーケティングディレクターNicole Kulwicki氏は、自身のステートメントにおいて、こう前向きに表明しました。

「マヨチャップがアメリカでローンチする見込みです!」

投票はあと2日で終了(すでに終了)、4月15日までに清き一票を。マヨチャップのアメリカリリースはほぼ確実というところで、次のステップは気になるネーミング。

ここでもKulwicki氏。

次なるお題は、このおいしい組み合わせのネーミング。アイダホやユタ州の方々はフライソースに並々ならぬ『愛』を持っているようですし、ステキな提案がたくさん寄せられているので、500,000票に到達したら、ネーミングもみなさんにお任せしようかと思っています。

どうやらこの食欲をそそるマヨネーズとケチャップの組み合わせには、すでにたくさんのネーミングが寄せられているよう。

さらに「The Washington Post」によれば、ハインツよりも先にマヨチャップを発明したのは我々だ!と主張するグループまでいくつか浮上しているよう。たとえばプエルトリコでは、フライドプランテンやユカ、それからポテトには、マヨチャップが人気だそう。

5308763489697792
© r.classen/Shutterstock.com

なんでも、この組み合わせはラテンアメリカの食事における定番で、いくつか異なるネーミングも存在するみたい。ベネズエラ、コロンビア、コスタリカにおいては「サルサ・ロサダ」、もしくは「ピンク・ソース」として親しまれ、アレパやペヒバジェにスプーンいっぱい乗せるのが王道のスタイルなんですって。

 

前述の通り、アメリカでも州によって熱狂的な支持者が多いフライソース。ラテンの人たちにとって、それこそがマヨチャップの呼び名なのかもしれません。

そんなわけで、すでにいくつかのネーミングを持っていたマヨネーズとケチャップの組み合わせですが、そういえばとある映画でも、この組み合わせに呼び名がついていたっけ。

ウィル・フェレル主演『俺たちステップ・ブラザース -義兄弟-』。フェレル演じるブレナン・ハフが、義理の兄弟であるデール・ドーバック(ジョン・C・ライリー)とはシェアせず、独り占めしようとする「ファンシーソース」がまさしくそれ。これが結構笑えるシーンでして。「ファンシーソース」もぜったいに候補にあがるべきだと思います。

どこで最初に聞いたのか、どのように使うのかはさておき、この組み合わせがとっておきの調味料になることは間違いなさそうです。投票数が500,000票まで達せば、ハインツ・マヨチャップのアメリカ行きは決定!もう時期、この調味料のネーミングにおいて激しいバトルが始まりそうですね。

Top photo: © kariphoto/Shutterstock.com
Text used with permission byElite Daily
2018年、ついにケチャップは新時代に突入。
ミートソースのおいしさを引き出すカギは「ひき肉」。ほんの一手間で格段においしくなります。
かつて、フランス料理において泡=タブーな時代がありました。漉しが足りなかったり、温度が高すぎたり…料理人はスープやソースから泡をなくすべく格闘していたので...
「アメリケーヌ・ソース」とは、フレンチで使われる魚介の風味たっぷりのソースのこと。
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
もうプールの季節は終わってしまったけど、「マーメイド・エクササイズ」は来年あたりに日本でも流行りそうだな〜。
ヤンニョムチキンの変化系がコレ。アメリカンな味のランチソースを投入すれば、こりゃもう、東洋と西洋のジャンクフードコラボです!
人も食べ物も、見た目だけの情報で思い込んで決めつけてしまいがちな私たち。けれど、ファーストインプレッションだけでは得られない一面やストーリーが、そこにはあ...
市販のトマトソースだって少しアレンジを加えただけで、もっと魅力的に、フレッシュにいただけるのです。
玉ねぎ、セロリ、人にんじんを、それぞれ2:1:1の割合で、にんにくとたっぷりのオリーブオイルで炒め煮にしていくだけ。プロはこの材料で1時間〜1時間半ほど弱...
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
デミグラスソース、トマトソース、和風ソース…ハンバーグの定番ソースといえばこんなところでしょうか。でもね、肉汁あふれるハンバーグと一緒に食べるソースは、あ...
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
家飲みのシーンで飲み残しのワインって結構ありますよね。もちろん栓をして保存しておくこともできますが、こういうときにちょっと思考を変えて作ってみてほしいソー...
高級チョコレート店「レオニダス」の隠れ人気商品。むっちり食感のフルーツゼリー。
パセリが主役を張れるレベルの食材であることを実感できます。
昔から「肉は腐りかけがうまい」なんて言葉があるように、牛肉には“寝かせる”ことで生まれる価値があります。いわゆる熟成肉がそれ。あの味を自宅でしかも長期保存...
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
ハワイ生まれと誤解している人も多い「エッグベネディクト」は、NY発祥のグルメ。とろ〜り濃厚なオランデーズソースに、これまた黄身がとろっとろなポーチドエッグ...
在日3年のスイス人の友だちがいます。その彼が故郷を懐かしんでつくる料理があると聞き、教えてもらったのが「ゲシュネッツェルテス」という濃厚クリームソースの一...
グラタンの味を左右するのは、ひとえにホワイトソースづくりです。ゆるすぎたり、焦がしてしまったりをいかに防ぐか、そこにこの料理の奥深さがあるわけです。が、フ...
生野菜のディップとしても使えますし、サラダに揉み込むのもOK。ローストした野菜や豆腐、それからチキンと合わせていただくのも◎。