ケチャップは「はさむ時代」へ突入。

トマトを使ったケチャップが初めて登場するのは18世紀終わりごろ。以来200年以上、ケチャップといえば誰もがイメージするのはソース状の液体。ですよね?

ところが2018年、ついにケチャップは新時代に突入。

チーズみたいな
「スライス」ケチャップ

5887290786185216

簡単に言ってしまえば、ケチャップを薄くシート状に伸ばしてアレンジした商品。封を開くと、中にはスライスチーズよろしく板状にスライスされたトマトソースが入っているんだそうです。

スライスチーズよろしくセロファンシートをはがしたら、そのまま料理にオン。「サンドイッチ」や「トルティーヤ」なんかのケチャップユースに取って代わる、とメーカー「Slice of Sauce」は太鼓判ですが……。

“味”へのこだわりは折紙つき

4854608849534976

どうやら味へのこだわりも相当なもの。レストラン経営をしていた製品企画担当者の父親から譲り受けた秘伝のレシピだとかで、原材料はすべて自然素材。遺伝子組み換えの食材は使わず、さらにはグルテンフリー。

アウトドアユースに重宝される、かも。

6464820677181440

にしても、シート状のケチャップって、いったい誰得?なんて考えは早計。なぜって飛び散らないだけでなく、持ち運びもこちらに軍配が上がります。活用シーンをイメージすれば、ほら、以外と便利かも。

そうそう、常温でもチーズのように溶けてはこないんだそうですよ。クラウドファンディングでの資金調達にも成功したみたいだから、近く製品化されてスーパーの陳列棚に並ぶかも!?

Licensed material used with permission by Slice of Sauce
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
シンガポールのクラーク・キーには、今や大手旅行会社もインスタ映えするスポットとして注目する建物、The Old Hill Street Police St...
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。
用途は麺類に使うだけじゃなくて、ほかにもたくさん。大活躍の万能調味料です。
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
普段は脇役として活躍する調味料。使い方次第では、立派な主役になるそう。冷蔵庫の食材が少なくても作れる「調味料が主役になるレシピ」を2品紹介します。
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!
どの家庭にも必ずある「あの調味料」で、簡単に鍋底の焦げ汚れが落とせるのです!それは一体なんだと思いますか。酢?砂糖?塩?醤油?味噌?こしょう?
モッツァレラ、チェダー、リコッタ……。このチーズの順番はというと? チーズ料理で失敗した経験がある人も、これからチーズ料理に挑戦する人も、読み終わったころ...
ワインのお供にと、背伸びして買った「高級チーズ」。食べきれなかったからって、アルミ箔やラップで巻いちゃダメみたい。じゃあどう保存したら長くもつでしょうか。
ブラックやホワイト、ヘザーグレーなどカラバリ豊富で迷っちゃいそうだけど、ランジェリーという視点で選ぶならベビーピンク一択。
オリーブオイルとハーブさえあれば、どれだけ普通のチーズであっても魅力的なアペタイザーに。秘密は「マリネ」にありました。
レシピ内に「塩ひとつまみ」と書かれていれば、やっぱりそこは"ひとつまみ"すべきでしょ?
アメリカにおいて、元祖ホットサンドといえば「グリルドチーズサンド」でしょう。映画やドラマのワンシーンでもたびたび登場する、とろ〜りとろけるチーズをこんがり...
シェフ達は、愚かな間違いをしている。「Deadspin」のライター、クリス・トンプソンが公開した記事の冒頭に、こんな言葉がある。彼が異議を唱えたのは、『従...
rich(リッチ)やcreamy(クリーミー)にはそれなりに親しみがあるチーズのニュアンスですが、“tangy(タンジー)”ってなんなの?
これぞ、完璧なまでのチーズバーガー。
濃厚チーズをふんだんにかけたマカロニを、とにかく食べたい。
群馬県前橋市、赤城山の麓にある「チーズ工房 Three Brown」。敷地内には、牛舎、放牧場、自宅まであり、牛を育てるところからチーズを作って販売すると...