ケチャップは「はさむ時代」へ突入。

トマトを使ったケチャップが初めて登場するのは18世紀終わりごろ。以来200年以上、ケチャップといえば誰もがイメージするのはソース状の液体。ですよね?

ところが2018年、ついにケチャップは新時代に突入。

チーズみたいな
「スライス」ケチャップ

簡単に言ってしまえば、ケチャップを薄くシート状に伸ばしてアレンジした商品。封を開くと、中にはスライスチーズよろしく板状にスライスされたトマトソースが入っているんだそうです。

スライスチーズよろしくセロファンシートをはがしたら、そのまま料理にオン。「サンドイッチ」や「トルティーヤ」なんかのケチャップユースに取って代わる、とメーカー「Slice of Sauce」は太鼓判ですが……。

“味”へのこだわりは折紙つき

どうやら味へのこだわりも相当なもの。レストラン経営をしていた製品企画担当者の父親から譲り受けた秘伝のレシピだとかで、原材料はすべて自然素材。遺伝子組み換えの食材は使わず、さらにはグルテンフリー。

アウトドアユースに重宝される、かも。

にしても、シート状のケチャップって、いったい誰得?なんて考えは早計。なぜって飛び散らないだけでなく、持ち運びもこちらに軍配が上がります。活用シーンをイメージすれば、ほら、以外と便利かも。

そうそう、常温でもチーズのように溶けてはこないんだそうですよ。クラウドファンディングでの資金調達にも成功したみたいだから、近く製品化されてスーパーの陳列棚に並ぶかも!?

Licensed material used with permission by Slice of Sauce
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。
日本には、かわいいおみやげがたくさん。本当は、各地に旅をしがてらゲットしたいところだけれど、今は辛抱の時だから。人気コーナー「日本のかわいいおみやげ」の中...
突き詰めればどこまでも辛い、辛い、辛い……。激辛を売りにする調味料は数あれど、単なる罰ゲームのようなものじゃ満足できない!そんな真の「辛いもの好き」さんに...
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
ひと振りで手軽にシェフの味を再現でき、どんな料理にも合う万能調味料。「クレイジーソルト」さえあれば、クリスマスディナーは失敗知らず!
どの家庭にも必ずある「あの調味料」で、簡単に鍋底の焦げ汚れが落とせるのです!それは一体なんだと思いますか。酢?砂糖?塩?醤油?味噌?こしょう?
「スマトラサンバル」は、トバ湖周辺の森林に自生しているアンダリマンペッパー(山椒)と青唐辛子やレモングラスなどをブレンドしたチリソースで、爽やかなしびれと...
「スマトラサンバル」は、トバ湖周辺の森林に自生しているアンダリマンペッパー(山椒)と青唐辛子やレモングラスなどをブレンドしたチリソースで、爽やかなしびれと...
バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!
用途は麺類に使うだけじゃなくて、ほかにもたくさん。大活躍の万能調味料です。
普段は脇役として活躍する調味料。使い方次第では、立派な主役になるそう。冷蔵庫の食材が少なくても作れる「調味料が主役になるレシピ」を2品紹介します。
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
モッツァレラ、チェダー、リコッタ……。このチーズの順番はというと? チーズ料理で失敗した経験がある人も、これからチーズ料理に挑戦する人も、読み終わったころ...
「カルビー」のポテトチップスに新フレーバー「Potato Chips Salted Egg Flavor」が登場。全国の「ファミリーマート」の店舗にて数量...
「ネコリパブリック」が、かつて発売と同時に完売した話題のマスクの新デザインバージョンを再販。売り上げは保護猫カフェの運営に役立てられる。
酸味の利いた南蛮漬けをイチからつくろうとなると、お酢のほか、砂糖、醤油など用意する調味料はたくさん。この手間をスパッとシンプルに、おいしく解決してくれる万...
バルサミコ酢の進化版「Ball-samico」。使いたいときに削ってふりかける球状が特徴です。
オリーブオイルとハーブさえあれば、どれだけ普通のチーズであっても魅力的なアペタイザーに。秘密は「マリネ」にありました。
ワインのお供にと、背伸びして買った「高級チーズ」。食べきれなかったからって、アルミ箔やラップで巻いちゃダメみたい。じゃあどう保存したら長くもつでしょうか。
料理の味を左右する「調味料」。気になるあの人たちの“イチオシ”を紹介してもらいます。
レシピ内に「塩ひとつまみ」と書かれていれば、やっぱりそこは"ひとつまみ"すべきでしょ?