日本でも買える、日本人が知らない「アメリカの定番ソース」3選

最近は一般的なスーパーでもアメリカやヨーロッパ、アジアなど世界各国のソースを見かけるようになりました。日本の食品メーカーもオリジナルのバーベキューソースやホットチリソースを出していたりと、これはもうソースの万国博覧会ですよ。

なかでも、ここでオススメしたいのがソース大国アメリカの商品。いろんな味のソースがあって、本当に懐が深い。ってことで「アメリカではわりとポピュラーなんだけど、日本では知名度低い」ソース3選を紹介したいと思います。

すべてTABI LABO編集部御用達(毎週誰かが何かを注文してマス)のインターネット輸入食品店iHerbで購入できますよ!

ストックがないと不安......
中毒者が続出の「シラチャソース」

©2019 NEW STANDARD

カリフォルニア州に本社を置くHuy Fong Foods社の「シラチャソース」(別名:シラチャー、スリラッチャ)はタイ王国のシーラーチャー郡(Si Racha)に由来するホットチリソースです。

他のメーカーからもシラチャソースは出ていますが、緑のキャップに鮮やかな赤いボトル、オンドリのロゴがこのシラチャソースのアイコン。

シラチャソースはアメリカの家庭ではほぼ全員が持っているんじゃないかってほど浸透しているソースで、アメリカのファストフード店ではケチャップと、寿司屋では醤油と並んで鎮座しています。

iHerbの口コミでは「ハマり過ぎてストックがないと不安」という声も。そんなシラチャソースはどんな味なんでしょう。

©2019 NEW STANDARD

味を一言で表すと「旨辛い」。タバスコよりも酸味は控えめで、チリパウダーや一味唐辛子よりも旨味がある。ソースとして酸味と塩味のバランスが取れているので、これだけで料理の幅が広がりそう。

じつはシラチャソースは、アメリカのSUSHI(ロール寿司)にも使われている調味料。シラチャソースが使われた代表的なロール寿司としては、「スパイシーツナロール」(シラチャソースで味付けしたマグロが入ったロール寿司)や「ボルケーノロール」(カリフォルニアロールに天かすとマヨネーズ、シラチャソースがかかったロール寿司)が有名です。

その他、カップラーメンにかけたり、マヨネーズと混ぜて野菜スティックやフリットのディップソースにしたりと、このシラチャソースはなんにでも使える万能なソースなんです。

辛いもの好きなら、ほぼ100%の確率でハマるのでは?というシラチャソース。

アメリカの友人は「辛ラーメン」にシラチャソースとチーズをかけて食べるのが好きなんだとか。辛さがチーズでマイルドになって絶妙なんだよね〜って、もう何料理かわからないけど、そんなこと気にしないのがアメリカ流!なのかも?

商品名:Huy Fong Foods Inc., シラチャ, ホット チリソース, 17 oz (482 g)
値段:617円
※生産状況や在庫状況により欠品の可能性があります。

「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。
ミートソースのおいしさを引き出すカギは「ひき肉」。ほんの一手間で格段においしくなります。
人も食べ物も、見た目だけの情報で思い込んで決めつけてしまいがちな私たち。けれど、ファーストインプレッションだけでは得られない一面やストーリーが、そこにはあ...
ヤンニョムチキンの変化系がコレ。アメリカンな味のランチソースを投入すれば、こりゃもう、東洋と西洋のジャンクフードコラボです!
今回はピーナッツバター だけじゃない、iHerb(アイハーブ)でおすすめの進化系スプレッド3選をご紹介します。
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
「アメリケーヌ・ソース」とは、フレンチで使われる魚介の風味たっぷりのソースのこと。
「iHerb(アイハーブ)」で買えるジャガイモ以外を使った健康志向のチップスを3つのオススメ商品を紹介します!
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
市販のトマトソースだって少しアレンジを加えただけで、もっと魅力的に、フレッシュにいただけるのです。
かつて、フランス料理において泡=タブーな時代がありました。漉しが足りなかったり、温度が高すぎたり…料理人はスープやソースから泡をなくすべく格闘していたので...
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
「iHerb(アイハーブ)」で買える、海外で作られるレベルの高いインスタント食品を3つ紹介します。
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
普段は脇役として活躍する調味料。使い方次第では、立派な主役になるそう。冷蔵庫の食材が少なくても作れる「調味料が主役になるレシピ」を2品紹介します。
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。
デミグラスソース、トマトソース、和風ソース…ハンバーグの定番ソースといえばこんなところでしょうか。でもね、肉汁あふれるハンバーグと一緒に食べるソースは、あ...
Hellmann'sのマヨネーズがフレーバーになったアイスクリームが登場しました。
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...