日本でも食べられる!海外の「サードウェーブ系チップス」3選

先日、ポートランドのWhole Foodsに行って、気がついたことがあるんです。

ジャガイモ以外の素材で作られたチップスがたくさん売られてる!

WalmartやTargetに行っても、似たような感じ。もちろん、お馴染みのポテトチップスも売られているんですが、ポイントはその割合。ココナッツチップスなどが増えていて、アメリカで製造されるチップスの素材に変化が起きているみたいです。

加えて、パッケージをじっくりと見てみると、遺伝子組み換え作物を使っていなかったり、グルテンフリーだったり、ヴィーガンだったり、それぞれのメーカーがこだわっていることが分かります。

ちょっと無理やりかもしれないけど、もう、これは「サードウェーブ系チップス」です! 素材本来の味を引き出そうとしているところも似ているし。

ここまで説明しておいて、日本で食べられないのは野暮ってもんです。ということで、日本への発送に対応しているアメリカの通販サイト「iHerb」から、3つの「サードウェーブ系チップス」をピックアップしてみました。

アメリカっぽいバーベキュー味の
お米を使ったチップス

©2019 NEW STANDARD

1937年に創業した「Lundberg Family Farms」は、遺伝子組み換え作物を栽培しないことにプライドを持っていて、なるべく再生可能エネルギーを使うというサステイナビリティも意識している食品メーカーです。彼らが販売しているのが、ジャガイモの代わりにお米を使ったチップス。おせんべいと同じようなもんです。

でも、いくら素材などにこだわっているからといって、それが直接購買意欲につながるかどうかは別の話ですよね。大切なのは味です。

©2019 NEW STANDARD

試したのは「Santa Fe Barbecue(サンタ フェ バーベキュー)」味。

甘さとしょっぱさがちょうどいいバランスになっていて、クセになります。どんどん食べちゃいます。

でも、ここでひとつ疑問が……。ライスチップスである必要はあるの?ってことです。個人的には味付けがキーポイントになっているので、お米じゃなくてもいいと思います(笑)。

味を楽しむために買って、おまけとしてライスチップスだったと気づくらいの感覚でいるのがベストです。

商品名:Lundberg, ランドバーグ, ライスチップス, サンタ フェ バーベキュー, 6 oz (170 g)
値段:411円
※生産状況や在庫状況により欠品の可能性があります。

ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
「iHerb(アイハーブ)」で買える、海外で作られるレベルの高いインスタント食品を3つ紹介します。
TABI LABO編集部がNEXT輸入食料品店として注目する「iHerb(アイハーブ)」から、日本ではまだ知られていないTHE アメリカンな「ソース」3選...
今回はピーナッツバター だけじゃない、iHerb(アイハーブ)でおすすめの進化系スプレッド3選をご紹介します。
ざっくり説明すると、生地をこねて焼くだけ。できあがったら、セビーチェを乗せて……く〜う!最高!
「iHerb(アイハーブ)」でおすすめのドライフルーツを3つピックアップしました。マンゴー、ドラゴンフルーツ、ナツメというラインナップです。
あらためて簡単に説明しておくと、「サードウェーブ◯◯」とはコーヒー業界の言葉です。豆の質にこだわり一杯一杯を丁寧に淹れる、最近日本で話題になった『ブルーボ...
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
「子どもに安心して食べてもらえるお菓子」というコンセプトのもと誕生した長野のお菓子「オブセ牛乳」シリーズ。素朴なやさしい味わいとパッケージのかわいらしさが...
がんばって仕事をしている自分に、ご褒美の「お菓子」。オフィスならばよく見る光景です。でもそれで満足できないなら、心ゆくまでお菓子を堪能できる「ホステル」な...
前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...
食べるたびに、気持ちが「きゅっと」なりそうです。
「iHerb(アイハーブ)」でおすすめの「常識にとらわれないアメリカのお口ケア商品」3選の紹介です。歯に効くキャンディとサプリメント、強烈なミントをピック...
オセアニアにあるコーヒーで有名な街は、メルボルンだけじゃありません。ニュージーランドのウェリントンもそう。「最高のコーヒーが飲める世界の都市8選」に選ばれ...
「原価を気にせず手間暇かけて本当に美味しいお菓子だけを作りたい」そんな想いを持つお菓子職人たちがつくりあげた「自分史上最高傑作」。それが大阪発のお菓子ブラ...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
隠れ和菓子ファンのぼくにとって、2月になるとソワソワしてくるのは、桜餅の季節が始まるからです。今回は、日本人なら知っておくべき桜餅の歴史と、東京都内でおす...
ひとりの旅行でも、誰かと一緒の旅行でも。片手でパッと食べられる食べ物を紹介します。
ヘルシンキで「日本でも流行るリコリス」を見つけました。
日本の木工技術に海外が注目しているようです。「継手」とは大工さんが2本の木材を繋ぐ時に使う技術です。直線だけでなく角度を持たせて組み立てる「仕口」という技...