カリッカリ!3時のおやつに「自家製とうもろこしチップス」

スーパーに足を運べば、いろんなお菓子が簡単に手に入るけど、やっぱり市販のものよりも、手づくりのほうがなんだかおいしく感じるもの。お菓子づくりが得意な「Food52」のAshley McLaughlinが今回教えてくれるのは、とっておきのコーントルティーヤチップスのレシピ。

ざっくり説明すると、生地をこねて焼くだけ。超簡単が、彼女流。
できあがったら、セビーチェを乗せて……く〜う!最高!

自家製とうもろこしチップス

5146910499274752

超カリカリのコーントルティーヤチップスを自宅でつくれるだなんて、思いもしなかったでしょ?これはぜひみなさんにマストで試してほしい一品です。

トッピングとスパイスの組み合わせも無限大。手づくりチップスで友だちをアッと言わせましょう。ナチョスパーティにも使えますし、自家製のワカモレやサルサにディップするのもGOOD。レシピは簡単すぎて仰天しちゃうかも?

これであなたも立派なトルティーヤチップスづくりのプロです!

材料:64枚分

<コーントルティーヤ>

マサ・ハリナ(とうもろこしの生地粉):2カップ

お湯:1と1/4〜2カップ

塩:小さじ1/2

<コーントルティーヤチップス>

コーントルティーヤ:16枚

サフラワー油(もしくはひまわり油かグレープシードオイル):大さじ2

海塩:小さじ1

ライム:2個

作り方

<コーントルティーヤ>

【1】マサ・ハリナを大きなボウルに入れる。

【2】1と1/4カップのお湯に塩を溶かす。

【3】マサ・ハリナの上からゆっくりお湯を注ぎながら、スプーンで混ぜる。

【4】2分ほど生地を手でこねる。べたつかず、パサパサしすぎないように丸める。もしもパサついてポロポロ崩れてしまうようであれば、水を足す(個人的には1と1/2カップの水がちょうどいいですが、鮮度や気候も関係するので、うまく調節を)。子ども用工作粘土くらいの冷たくてなめらかな質感が目安。濡れてベトついているようならマサ・ハリナを追加。パサつくようなら水を足す。

【5】生地が入ったボウルにキッチンタオルをかぶせて、30分〜2時間ほどキッチンカウンターで寝かせる。みずみずしくするにはこのステップが鍵。

【6】生地を16等分にする。

【7】手で生地を丸める。その際、手をタオルで覆う(生地はなめらかで少しねっとりした質感に。乾燥気味なら、指先に水を何滴かつけておくと効果的)。

【8】25x25cmのベーキングシート2枚、17x17cmのベーキングシート16枚用意。これを使って伸ばせば、くっつかないので楽チン。同時に平たいお皿か、15cmよりも幅が広い皿を用意する。

【9】大きい2枚のベーキングシートの境目に丸めた生地を置いたら、体重をかけて、お皿を生地に当てることで生地を平たく伸ばす。

【10】だいたい半径15cm、厚み0.3cmが理想。お皿で生地を平らに広げられなければ麺棒を使い伸ばす。ベイキングシートに乗せたまま、丸い形を維持できるようにいろんな方向に伸ばす。

【11】ゆっくりベイキングシートから生地を剥がして、小さいベイキングシートに移す。生地の上にベイキングシートを重ねて、その上にまた生地を置いていく。

【12】きれいな形にするには、ボウルを使ってくり抜くか、半径15cmほどの丸いアイテムで成型する。

【13】伸ばし終わったら、油不要の鉄フライパンを中火にかける。

【14】フライパンが温まったらトルティーヤを1枚ずつ焼く(片面1分ずつが目安)。

【15】できあがったトルティーヤはトルティーヤウォーマー(なければそれが入るサイズの器)に積み重ねて、温かいまま出したければタオルをかぶせておく。冷めてきたら、角がカリッとしてきても、丸められる程度のやわらかさは保てるはず。

<コーントルティーヤチップス>

【1】あらかじめオーブンを200℃に温めておく。先ほどの大きめの2枚のベイキングシートを使用。

【2】焼いたトルティーヤを4等分にして、両面に油を塗る。料理用のハケを使うと塗りやすい。

【3】油を塗り終わったら、チップスをベイキングシートに一列に並べて、上から塩をふる。

【4】黄金色でカリッとするまで、8〜11分ほど焼く。カリッとした食感は、冷ますことでさらに増す。

【5】ライムソルト味をつけるなら、オーブンから出した直後に新鮮なライム果汁を指で軽く振りかける。それからしっかりと冷ます。

【6】サルサとワカモレにディップ。ナチョスを用意するのもおすすめ。

【7】追記:市販のトルティーヤを使ってもOK。でもやっぱり自家製が一番です!

Licensed material used with permission by Food52
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
醤油・こんぶ茶・黒ゴマ、これらみんなナッツフレーバー。
ポイントさえ押さえておけば、キレイな円型トルティーヤに。味はもちろん、見た目にもこだわる人は要チェックです。
来たるバレンタイン。今年は何を作ろうかと考え始めている人も多いのでは?手作りしたいけど、お菓子作りはあまり得意じゃない...って人に朗報。先日ご紹介した、...
Hellmann'sのマヨネーズがフレーバーになったアイスクリームが登場しました。
heyのオフィスは広い! もったいないぐらい(笑)。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第8回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
“フレッシュなとうもろこしをバター醤油で香ばしく焼き上げ、とうもろこし味のソフトクリームにとうもろこしジャムをトッピング”。神宮前にあるドミニクアンセルベ...
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
もう半年以上も前のイベントになってしまうのですが、2月16日と17日にサインスピナーの世界一を決める大会がラスベガスで開催されました。
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第3回はフィジーより、海と暮ら...
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
世界中に17万人ものフォロワーを抱える、大人気インスタグラマーVickie Liuさん。彼女のどんな投稿が多くの人を魅了しているかというと…それは以下を見...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第9回は、マドリードの家庭の味。
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
最近話題のグルテンフリー。アレルギーがなくても、体質改善のために小麦粉を控えている方も多いよう。自宅にホームベーカリーやオーブンがなくても、フライパンです...
最近は、ダイエットや健康のために糖質を控えている人も多いはず。そんな人に試してほしい、簡単で健康的なおやつがあるんです。とても簡単ですよ!キッチンペーパー...
スパイスや乾燥食材をミルなどで粉砕して、サラダなどにかけて使う粉末タイプの「粉ドレッシング」を紹介します。好きなものを入れられるという自家製ならではのメリ...