カリッカリ!3時のおやつに「自家製とうもろこしチップス」

スーパーに足を運べば、いろんなお菓子が簡単に手に入るけど、やっぱり市販のものよりも、手づくりのほうがなんだかおいしく感じるもの。お菓子づくりが得意な「Food52」のAshley McLaughlinが今回教えてくれるのは、とっておきのコーントルティーヤチップスのレシピ。

ざっくり説明すると、生地をこねて焼くだけ。超簡単が、彼女流。
できあがったら、セビーチェを乗せて……く〜う!最高!

自家製とうもろこしチップス

超カリカリのコーントルティーヤチップスを自宅でつくれるだなんて、思いもしなかったでしょ?これはぜひみなさんにマストで試してほしい一品です。

トッピングとスパイスの組み合わせも無限大。手づくりチップスで友だちをアッと言わせましょう。ナチョスパーティにも使えますし、自家製のワカモレやサルサにディップするのもGOOD。レシピは簡単すぎて仰天しちゃうかも?

これであなたも立派なトルティーヤチップスづくりのプロです!

材料:64枚分

<コーントルティーヤ>

マサ・ハリナ(とうもろこしの生地粉):2カップ

お湯:1と1/4〜2カップ

塩:小さじ1/2

<コーントルティーヤチップス>

コーントルティーヤ:16枚

サフラワー油(もしくはひまわり油かグレープシードオイル):大さじ2

海塩:小さじ1

ライム:2個

作り方

<コーントルティーヤ>

【1】マサ・ハリナを大きなボウルに入れる。

【2】1と1/4カップのお湯に塩を溶かす。

【3】マサ・ハリナの上からゆっくりお湯を注ぎながら、スプーンで混ぜる。

【4】2分ほど生地を手でこねる。べたつかず、パサパサしすぎないように丸める。もしもパサついてポロポロ崩れてしまうようであれば、水を足す(個人的には1と1/2カップの水がちょうどいいですが、鮮度や気候も関係するので、うまく調節を)。子ども用工作粘土くらいの冷たくてなめらかな質感が目安。濡れてベトついているようならマサ・ハリナを追加。パサつくようなら水を足す。

【5】生地が入ったボウルにキッチンタオルをかぶせて、30分〜2時間ほどキッチンカウンターで寝かせる。みずみずしくするにはこのステップが鍵。

【6】生地を16等分にする。

【7】手で生地を丸める。その際、手をタオルで覆う(生地はなめらかで少しねっとりした質感に。乾燥気味なら、指先に水を何滴かつけておくと効果的)。

【8】25x25cmのベーキングシート2枚、17x17cmのベーキングシート16枚用意。これを使って伸ばせば、くっつかないので楽チン。同時に平たいお皿か、15cmよりも幅が広い皿を用意する。

【9】大きい2枚のベーキングシートの境目に丸めた生地を置いたら、体重をかけて、お皿を生地に当てることで生地を平たく伸ばす。

【10】だいたい半径15cm、厚み0.3cmが理想。お皿で生地を平らに広げられなければ麺棒を使い伸ばす。ベイキングシートに乗せたまま、丸い形を維持できるようにいろんな方向に伸ばす。

【11】ゆっくりベイキングシートから生地を剥がして、小さいベイキングシートに移す。生地の上にベイキングシートを重ねて、その上にまた生地を置いていく。

【12】きれいな形にするには、ボウルを使ってくり抜くか、半径15cmほどの丸いアイテムで成型する。

【13】伸ばし終わったら、油不要の鉄フライパンを中火にかける。

【14】フライパンが温まったらトルティーヤを1枚ずつ焼く(片面1分ずつが目安)。

【15】できあがったトルティーヤはトルティーヤウォーマー(なければそれが入るサイズの器)に積み重ねて、温かいまま出したければタオルをかぶせておく。冷めてきたら、角がカリッとしてきても、丸められる程度のやわらかさは保てるはず。

<コーントルティーヤチップス>

【1】あらかじめオーブンを200℃に温めておく。先ほどの大きめの2枚のベイキングシートを使用。

【2】焼いたトルティーヤを4等分にして、両面に油を塗る。料理用のハケを使うと塗りやすい。

【3】油を塗り終わったら、チップスをベイキングシートに一列に並べて、上から塩をふる。

【4】黄金色でカリッとするまで、8〜11分ほど焼く。カリッとした食感は、冷ますことでさらに増す。

【5】ライムソルト味をつけるなら、オーブンから出した直後に新鮮なライム果汁を指で軽く振りかける。それからしっかりと冷ます。

【6】サルサとワカモレにディップ。ナチョスを用意するのもおすすめ。

【7】追記:市販のトルティーヤを使ってもOK。でもやっぱり自家製が一番です!

Licensed material used with permission by Food52
「iHerb(アイハーブ)」で買えるジャガイモ以外を使った健康志向のチップスを3つのオススメ商品を紹介します!
栄養価の高い野菜やフルーツを使った商品を展開している「Rhythm Superfoods」から。
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
食べた瞬間にココナッツだと分かるくらいココナッツしてます。
スウェーデンの広告会社「Le Bureau」が非常にユニークな体験型広告を製作した。雑誌に石鹸で作られたページを挟むことで、実際にそのページを使用して手を...
1937年に創業した「Lundberg Family Farms」は、遺伝子組み換え作物を栽培しないことにプライドを持って
ネスプレッソのようなカチャッとカプセルを入れるタイプのコーヒーメーカーが常識になった今、亜流とも捉えられる「Flatev」。同じように手軽さがウリですが、...
ポイントさえ押さえておけば、キレイな円型トルティーヤに。味はもちろん、見た目にもこだわる人は要チェックです。
派手さのないメキシコ料理。けれど心地よい野趣があります。
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
福岡県柳川市の蒲鉾店「関屋蒲鉾」が、10年後の食卓をイメージして新たに開発した、惣菜感覚の新ジャンルさつま揚げ「DELIさつま」の発売をスタート。
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
醤油・こんぶ茶・黒ゴマ、これらみんなナッツフレーバー。
「トルティーヤ」がどのように環境課題(水資源)に対し影響を与えるか、ある家庭を対象におこなった調査によると、1日2食トルティーヤを1週間食べ続けると、年間...
難易度は低めで最高に幸せになれる簡単スイーツレシピをまとめました。材料をのせたり順番に重ねていったりするだけでできるスイーツから、分量は覚えなくてもいいク...
夏のイヤな風物詩、「蚊」に刺されないためのさまざまな対策記事を紹介。蚊によく刺される人の特徴を知るもの、自家製「蚊よけスプレー」や「蚊取り線香」の作り方、...
7月5日、ラッパーでありファッションデザイナーであるカニエ・ウエストは、11月の米大統領選への出馬を自身のTwitter上で表明。「これはおもしろくなりそ...
いくつレシピがあっても事足りないのがパスタ料理。ということで、絶品レシピをまとめてみました。「おうちパスタ」をもっと充実させましょう!
料理の初心者向け、コンロ1つで20分できる海外料理レシピ5選。9分でできるパスタ、フィンランドのサーモンスープ、台湾のトマトニューロー麺、ギリシャのレモン...
お菓子づくりで重宝するマフィン型ですが、それ以外まったく出番がないなんてモッタイナイ!
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
来たるバレンタイン。今年は何を作ろうかと考え始めている人も多いのでは?手作りしたいけど、お菓子作りはあまり得意じゃない...って人に朗報。先日ご紹介した、...
イギリスで、ケロッグがブリュワリーとコラボしました。生まれたのは、「Throw Away IPA」と名付けられたビールです。廃棄されるはずだったコーンフレ...