午後3時のサラダは「おやつ気分」で

ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。

Elizabeth Starkさんによる、いちごを使ったサラダを「Food52」より紹介します。

さまざまな食感と味が楽しめるこのサラダ、メインにもサイドにも最適ですが、ディナーに供するのがベスト、さあ試してみませんか?

材料:4人分

細かく切ったエシャロット(小):1個
レモンの皮からとった果汁:1個分
搾りたてのレモンジュース:1/4カップ
海塩:適量
エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル:1/4カップ
乾燥したファッロ:1/2カップ
ベーコン:225グラム
かぼちゃの種:1/4カップ
細いリボン状に切ったケール:1束
半分に切ったいちご:470グラム
黒こしょう:適量

作り方

【1】みじん切りしたエシャロットとレモンの皮からとった果汁、搾りたてのレモン果汁、海塩を小さなボウルに入れて混ぜる。乳化するようにオリーブオイルは素早く入れること。

【2】大きな鉄板を使って水を沸わかす。沸いてきたら、気持ち多めの海塩にファッロを投入、ファッロがアルデンテになるまで20分ほどグツグツ煮る。できたら水を切ってボウルに入れ、ドレッシングを半分入れて和える。

【3】ベーコンがカリカリになるまで中火で焼き、ペーパータオルを敷いたお皿に置く。触っても熱くない程度まで冷めてきたら、ベーコンを細かく切る。

【4】ベーコンの油は小さじ1杯分だけ残して、あとはすべてカボチャの種と一緒に和え、鉄板に入れて中火にかける。鉄板を軽く揺らしながらそれらが弾けてくるまで焼く。火から外して海塩をひとつまみ、チリパウダーを入れて、横に置いておく。

【5】中くらいのボウルにケールを入れて、残りのドレッシングに塩をひとつまみかけて、よく和える。

【6】きれいなボウルにドレッシングをかけたファッロとケールを入れる。トッピングには細かく切ったベーコン、焼いたカボチャの種、それからいちごを乗せる。味付けには海塩をひとつまみ、挽いた黒こしょうを。盛り付けが完成したら、すぐに召し上がれ。

温かいうちがベストだけど、冷蔵庫に入れておけば1〜2日はOK。塩は甘さを奪うので、いちごは出す直前に盛り付けること。

Written byElizabeth Stark
Licensed material used with permission by Food52
季節ごと色鮮やかな新鮮野菜を自由にアレンジして、オイルやドレッシングを合わせて。おかずにもなればデザートにもなる。毎日でも食べたくなる海外のサラダを集めて...
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
創業は1837年。世界約50ヵ国で愛されているノルウェー発の北欧シェアNo.1ブランド「Jordan」の人気商品 「GREEN CLEAN」が日本に初上陸。
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
管理栄養士の視点から、カンタンにつくれて一皿で栄養バランスもバッチリなサラダをご紹介。ただのサラダじゃありません、“おかずになる”サラダです。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
暑くても、ウイルスや感染症の予防にマスクが欠かせない今、さわやかな着け心地と蒸れや不快感を感じない冷感マスクが登場。洗濯も可能で何度も使用できる。
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
夏場に旬を迎える「桃」と「あんず」が主役です。
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
ビールブランド「バドワイザー」が、コロナ禍で未曾有の危機に直面している音楽やファッション、アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CON...
その名も「Mosoco Mos killer lamp」。蚊が集まる周波数を発するLEDの紫外線ランプだ。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第2回は、FORU GRANO...