「じゃがいもで作るクルトン」のサラダ

サラダの脇役という印象が強い「クルトン」ですが、これをかつて好きすぎてたまらなかったと豪語するライターのEmmaさん。ところが彼女、その偏愛がいつしかジャガイモへと心変わりしてしまったそうで。

ところが、奇跡はそこで起きたのです(ちょっと大げさ)。

Food52」で彼女が紹介するレシピは、外カリ、中ふわの“新生クルトン”。これ、どんなサラダとも相性良さそうです。

「クルトン愛」が転じて「ポテト愛」へ
そこで生まれた奇跡のコラボ

幼い頃、クルトンとは箱の中で生まれるものだとばかり思っていました。「気をつけなきゃ、歯が欠けちゃう四角形のもの」ってこと以外、あまり知識がなかったんです。

でもって味付けはガーリック、チーズ、もしくはハーブ。買うときはいつもスーパーの棚から。残念ながら、家には滅多にストックがありませんでした。そもそも私の母がそこまでクルトンが好きではなかったんです。アンチョビがふんだんに入ったシーザーサラダですらクルトン抜きだったくらいだから。

月日は過ぎ、私はある日ようやくクルトンが“パン”であることを知りました。とても大きな発見でした。その日以来、何にでもクルトンを乗せるようになった私。キューブ状のもの、不恰好な形なもの、オリーブオイルやバターで味付けされているもの。あらゆる姿のクルトンを愛したのです。

そんな私の密かなクルトンへの愛情も時が経つにつれ、次第に薄れ、いつしか終了。ところが地球が太陽の周りを何周かし、私は再びクルトンにハマることとなりました。

当時、私の頭はジャガイモでいっぱいでした。白胡椒とミルキーなグレイビーに、ニラがかかったベイクドポテトを作ったらどうだろう。もしくはマカロニチーズのクネクネしたパスタをテイタートッツ(すりおろしジャガイモを揚げたお惣菜)と置き換えたらどうなるだろう。こんな具合に。

ここで断っておきますが、私の好みのポテトはサクサクしているやつです。つまりは、マッシュポテトはNG。ここで口を挟まれる前に、言わせてください。好みの調理法とは、自分で決めるものじゃありません。あなたとジャガイモの運命は、前もって定められているのですから。

ジャガイモで作る
「クルトン」もどき

6592322955378688

この「ポテトクルトン」の特徴は、サクサクの食感。市販のカリッカリのものほど固くはありません(顎が外れるくらいのもある)。端っこはサクッ、中はふわっ、です。例えるならば田舎風のパンといったところ。でんぷん質でアズキ色なのもポイントです。

さて、肝心の味はといえば、市販のものと遜色ありません。いろんな商品の原材料に一通り目を通し、ようやくしてオリジナルにたどり着いたんです。

ガーリックと玉ねぎ(これは炒めてないままでOK)にパルメザンとパセリを少々。

サラダとの相性は言わずもがな。特にシーザーサラダはベストマッチ。この場合、グリルチキンよりも焼き魚が組み合わせとしては最高です。できたてのジャガイモクルトンは、トレイやバットに寝かせて冷ましましょう。さもないとレタスがしなしなになってしまいますから。夕食前に全部食べちゃわないように気をつけて!

※もっと詳しいレシピはこちらから。

Written byEmma Laperruque
Top Photo by Julia Gartland
Licensed material used with permission by Food52

More contents from Food52:
Make Limoncello ASAP, Sip All Summer Long
                Avocado Toast Salad is the Best Thing Since Avocado Toast

ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
管理栄養士の視点から、カンタンにつくれて一皿で栄養バランスもバッチリなサラダをご紹介。ただのサラダじゃありません、“おかずになる”サラダです。
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれる黒米。古来中国では身分の高い人のみが口にできる貴重なものだったそうです。
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
アーティストやミュージシャン、作家など、クリエイティブな生活を送る人たちのもとを訪れて、サラダのレシピを紹介。
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。