ポテサラにサプライズを!

ポテトサラダの具を何にしようかは考えるでしょうが、「何を隠すか?」と考えたことはないはず。ふざけているわけじゃありません。

ポテサラにサプライズを。これです。間違いなくみんなをアッと言わせることができる!

お箸を入れるまでわからない
ドキドキ感がたまらない

5730311107248128

何をするかって、要はポテトサラダの中に卵黄を閉じ込めてしまおうというワケ。食べようとお箸を入れたとたん、中に隠れた黄身がとろ〜り流れでる。濃厚さが増し、これが結構おいしい。

5579460984176640

まずはポテトサラダを器に盛ってくぼみをつくり、そこに卵黄を落とし入れます。

5161784004575232

卵黄をつぶさないよう、やさしくポテトサラダを上にかぶせ、仕上げに粗挽き黒コショウを少々。味が引き締まります。

5739102099996672

お箸を入れたとたん、とろ〜ん。最高の瞬間を楽しんで。

ちなみに卵黄を入れるとポテトサラダの味がやや薄まるため、あらかじめ塩をややしっかりめに効かせるか、食べるときに醤油をすこしたらしてもおいしくいただけますよ。

Top image: © FOOD CREATIVE FACTORY
Text used with permission byFOOD CREATIVE FACTORY
ヨーグルトドレッシングがかかった赤玉ねぎとビーツは、太陽の光が当たると宝石のようにキラキラ光るから、公園でのピクニックにぴったり。
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
夜遅くから始める家飲みパーティー。コンビニでできあいのおつまみを見つけるのも楽しみのひとつですが、コンビニ食材だけでちゃっちゃとつくる、こんなサラダはいか...
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
イタリア、スペイン、南仏、地中海沿岸部で親しまれているアリオリソースは、オリーブオイルでつくったマヨネーズにニンニクの風味をつけたもの。これを覚えておけば...
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
じゃがいもに無数の切れ目を入れてオーブンで焼く。たったこれだけの工程なのに、めちゃくちゃ美味しい!SNSで話題となるや、シンプルな調理法がウケて、じわじわ...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!