【アイデアに脱帽】ポテトサラダの中から……黄身がトロ〜リ!

ポテトサラダの具にどんなものを加えるか?は考えるでしょう。でも、「何を隠すか?」とは、考えたこともないはず。ふざけているわけじゃありません。

ポテサラにサプライズを。これです。間違いなくみんなをアッと言わせることができる!

お箸を入れるまでわからない
ドキドキ感がたまらない

何をするかって、要はポテトサラダの中に卵黄を閉じ込めてしまおうというワケ。食べようとお箸を入れたとたん、中に隠れた黄身がとろ〜り流れでる。濃厚さが増し、これが結構おいしい。

まずはポテトサラダを器に盛ってくぼみをつくり、そこに卵黄を落とし入れます。

卵黄をつぶさないよう、やさしくポテトサラダを上にかぶせ、仕上げに粗挽き黒コショウを少々。味が引き締まります。

お箸を入れたとたん、とろ〜ん。最高の瞬間を楽しんで。

ちなみに卵黄を入れるとポテトサラダの味がやや薄まるため、あらかじめ塩をややしっかりめに効かせるか、食べるときに醤油をすこしたらしてもおいしくいただけますよ。

Top image: © FOOD CREATIVE FACTORY
Text used with permission byFOOD CREATIVE FACTORY
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
夜遅くから始める家飲みパーティー。コンビニでできあいのおつまみを見つけるのも楽しみのひとつですが、コンビニ食材だけでちゃっちゃとつくる、こんなサラダはいか...
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
管理栄養士の視点から、カンタンにつくれて一皿で栄養バランスもバッチリなサラダをご紹介。ただのサラダじゃありません、“おかずになる”サラダです。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
じゃがいもに無数の切れ目を入れてオーブンで焼く。たったこれだけの工程なのに、めちゃくちゃ美味しい!SNSで話題となるや、シンプルな調理法がウケて、じわじわ...
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。