背徳的なシーザーサラダのうまさ

シーザーサラダの王道レシピといえば、ロメインレタスにクルトン、トマトに粉末のパルメザンチーズをまぶすスタイル。

今回「Food52」でPlum Pieさんが紹介しているのは、そんな定番スタイルにひとひねりを加えたスペシャルバージョン。ポイントは、ゴートチーズです!

キャラメルに似ていてやや甘め、とよく耳にするゴートチーズ。これを下に敷くのが彼女のスタイル。さらにさらに、オーブンでカリッと焼いたパルメザンチーズをトッピングするあたり、チーズ好きの歓喜の声が聞こえてきそう。

ゴートチーズのシーザーサラダ

Photo by Food52

ゴートチーズも大好きだし、自家製シーザードレッシングも私のお気に入り。ちなみにドレッシングはヒタヒタにしすぎないのが好みです。

これはワシントンD.C.にあるレストラン「セントラル・ミシェル・リチャード」でいただいた一品を参考にしたレシピ。だってシーザーサラダとゴートチーズが組み合わさったメニューを見たら、試すほかないでしょう?

ということで、ここでは味と色味を引き出すためにローストトマトを付け足した、自家製ゴートチーズ・シーザーサラダのレシピです。

材料:2人分

Photo by Food52

<シーザードレッシング>

バターミルク:1/3カップ

マヨネーズ:大さじ2

すりおろしたにんにく:1片

レモン果汁:大さじ2

アンチョビペースト:小さじ1/2

ディジョンマスタード:小さじ1/2

塩こしょう:適量

 

<サラダ>

パルメザンチーズ(粉):3/4カップ

チェリートマト:10個

オリーブオイル:大さじ1/2

バルサミコ酢:小さじ1

ロメインレタス:2玉

バルサミコ酢:小さじ1

ゴートチーズ:115g

すりおろしたにんにく:1片

乾燥したオレガノ:小さじ1

ホイップ用生クリーム:大さじ1

作り方

【1】ドレッシングの材料を全部混ぜる。味付けには塩こしょうを。使うまでは冷蔵庫で保存しておく。

【2】ゴートチーズを冷蔵庫から出して、室温でやわらかくなるまで少し待つ。にんにくをすりおろして、オレガノとクリームと混ぜる。やわらかくなったゴートチーズをハーブクリームのミックスに混ぜて、横に置いておく。

【3】オーブンを前もって175℃に温めておく。チェリートマトをオリーブオイル、バルサミコ酢、塩こしょうと混ぜる。トマトがはじけてくるか、ところどころ茶色く焦げてくるまで20分ほど焼く。できあがったらオーブンから取り出す。

【4】次はオーブンを205℃に設定。

【5】シリコンもしくはパーチメント紙を敷いたベーキングシートの上にパルメザンを大さじ1振りかける。次にチーズに1cmほど間隔をあけて、パルメザンチーズを1/2カップ振りかける。残りの1/4カップは盛り付け用にとっておく。黄金色のカリッとした焼き上がりを目安に5分間オーブンに入れる。取り出して冷ます。

Photo by Food52

【6】ロメインレタスを水で洗ってから切る。ペーパータオルで挟み、使うまでは冷蔵庫に保存。

【7】サラダのプレートの一番下にゴートチーズのムースを敷く(量はお好みで)。私は1角をカットしたジップロックの袋に入れてデザインを作るけど、スプーンでもおもしろいデザインができます。ほかのサラダ皿も同様にゴートチーズを乗せていく。

【8】ロメインレタスを軽くドレッシングにからめ(一番最後にドレッシングを上からかけるので、この時は量を少なめに)。レタスを均等にサラダ皿に盛り付ける。

【9】サラダの上にローストトマトを均等に乗せる。大さじ1のドレッシングを上からかけて、パルメザンの粉をまぶす。カリカリに焼いたパルメザンを乗せたらできあがり。

Photo by Food52

【Food52レビュー】

レストランメニューという枠組みを持ちながらも、家庭料理のスピリットを感じます。サラダの下に敷かれたゴートチーズにチェリートマトを振りかけて、カリッとしたパルメザンで仕上げるごちゃ混ぜの食感がミソ。

どのパートも簡単にできちゃうし、前もって作っておけるのがまた嬉しい。だから焦らなくてOK。次のディナーパーティにでも作りましょう。

追記:私たちはロメインレタスは破らず、ロスを拠点とするシェフ、スザンヌ・ゴインを見習ってすべて積み重ね、内側のやわらかい葉っぱをそのまま使いました。

Written byPlum Pie
Licensed material used with permission by Food52
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
ミントとパルメザンチーズをたっぷりトッピングした、グリンピースのサラダ。春っていいなぁ……としみじみ思える一品です!
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
「Nice Balls」は、男性の体にぶら下がっているアレをモチーフにしたスクイーズ。要するに、ギューっと握って、ストレス解消ができるグッズです!
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
アーティストやミュージシャン、作家など、クリエイティブな生活を送る人たちのもとを訪れて、サラダのレシピを紹介。
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?
管理栄養士の視点から、カンタンにつくれて一皿で栄養バランスもバッチリなサラダをご紹介。ただのサラダじゃありません、“おかずになる”サラダです。
英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれる黒米。古来中国では身分の高い人のみが口にできる貴重なものだったそうです。