これは盲点、しょうが風味の「味噌ドレ」

サラダレシピを提案する際には、基本的にドレッシングもイチからつくるのが「Food52」のスタイル。Wild + Wholeさんが紹介するのは、ジンジャー味噌ヴィネグレットを使ったサラダです。

ジンジャーと味噌というと、どことなくアジアンテイストな印象ですが、サラダの具材にウォルナッツと梨を入れると西洋風に一変。このレシピにお肉は入っていませんが、冷しゃぶを乗せれば、これまた日本の暑〜い夏にお似合いな一品になりそうです!

ジンジャー味噌サラダ

© 2012 James Ransom

簡単、さっぱり、ヘルシー、おいしい!
塩っけもあり、甘さもある。そして味わい深い。サイドとしてもバッチリですし、グリルしたお魚やチキンを乗せれば、メインディッシュにもなりますよ。

材料:2人分
(サイドの場合は4人分)

<ジンジャー味噌ヴィネグレット>

米酢:1/4カップ

味噌:大さじ2

※私は赤が好きですが、マイルドな仕上がりにするなら白

砂糖:大さじ1

しょうが(皮を剥いてすりおろす):小さじ1

にんにく:1片

チリソース(シラチャーソース):4滴

ごま油:大さじ3

 

<サラダ>

ガーデンレタスミックス:手一杯分

バターレタス:1玉

梨(薄くスライス):1個

焼きカシューナッツ(塩を振る):手一杯

赤玉ねぎ:中サイズ1個

赤ワイン酢:適量

砂糖:ひとつまみ

タイム:小さじ1

塩こしょう:適量

作り方

<しょうが味噌ヴィネグレットソース>

【1】小さなボウルにすべての具材を入れる。ごま油が完全に混ざるようにゆっくり混ぜる。
※ドレッシングは全部使わなくてもOK。味が濃いので、かけすぎないように注意。

<サラダ>

【1】大さじ1杯分の油をフライパンに敷いて、中火にかける。赤玉ねぎを入れて、キャラメリゼする。少し乾いてきたら、赤ワイン酢をひとかけ注ぐ。タイムと塩こしょうで味付けをする。

【2】レタス、梨、カシューナッツ、キャラメリゼした赤玉ねぎを一緒にからめ、ソースを注げばできあがり。

【Food52よりjvcooksさんのレビュー】

さっぱりといただけるこのサラダ、味と食感の組み合わせに舌も大喜びです。甘辛ジンジャー味噌のヴィネグレットに包まれるサラダ用のレタスたち、キャラメリゼした玉ねぎ、梨、そして塩気のあるカシューナッツ。玉ねぎが苦手なら、量を半分にしてもOK。

余ったヴィネグレットはとっておきましょう。何にかけてもおいしくいただけますよ。

Written byWild + Whole
Top photo: © 2012 James Ransom
Licensed material used with permission by Food52
朝一番の漁を終え、仕掛けた網の片付けがひと段落したころ、あったかいお椀をすする。どこか港町の情景が見えてきそうなこのお味噌汁。明石のおいしいタコを使ったひ...
すっかり定着した発酵食ブーム。意識せずとも毎日の食卓に取り入れることこそ、上手な発酵食とのつき合いかたでしょう。そこで「味噌」です。料理家・平山由香さんの...
ピーマンをお味噌汁に?独特の香りがチョット気になる人でも、焦げめがつくくらい素焼きするか、油でソテーすれば香りが和らぎ、とってもいいお味噌汁の具材になるん...
きのこや野菜など、旬の味覚をお味噌汁を取り入れることで、季節の移ろいを感じることができます。具材の変化はもちろんですが、『毎日のお味噌汁』の著者・平山 由...
イギリスでこのコーラルピンクのカードを持っていれば、若者は「あっMonzo(モンゾ)を使ってるんだね。どんな感じ?」と声をかけてくるはずです。
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
47都道府県のおいしいものを探していると各地で見つかる、「おかず味噌系」の食べ物。その代表格が、和歌山の「金山寺味噌」ではないでしょうか? なんせ金山寺味...
ここに紹介するのはただの味噌玉ではありません、出汁入りみそに乾燥野菜や、ドライフルーツなど、ちょっと変わり種の具材を使ったものを作ってみました。
書籍『毎日のお味噌汁』の中で紹介されている、料理家・平山由香さんのひと椀が、なぜこうも大胆で自由で、おおらかなのかを探っていくと、あるキーワードにたどり着...
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
すり鉢でおろしたり、短冊に切ったりした長芋ならば、なんとなく食感の想像がつくはず。料理家・平山由香さんのオススメはひと味違いました。日々のお味噌汁に、冬の...
さむ〜いこの時期に仕込むお味噌がいちばんおいしいんですって。せっかくならば、道具にもこだわりたいって人に紹介したいキットです。
お椀のなかを見たとき、まずこれがお味噌汁なのだ、と理解するまでに少しばかりの時間が必要かもしれません。おいしい生麩を使って、大胆にプチトマトとアボカドを添...
朝のお味噌汁づくりが楽しみのひとつになれば、お椀に向かって「おはよう」、こんなあいさつから一日がはじまるようになる。その日の気分で自由に組み合わせを楽しん...
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
クリスマスへのカウントダウンが始まっている。日本ではクリスマスといえば、お馴染みのチキンとケーキ。欧米では、家庭でジンジャークッキーを作ることが多いみたい...
「じんだ味噌」を知っていますか?これは山口県周防大島の郷土料理で、素焼きしたメバルのほぐし身と麦味噌を合わせたもの。冷蔵庫のない時代、釣った魚を保存するた...
料理家・平山由香さんの著書『毎日のお味噌汁』より、普段のお味噌汁からは想像もつかないような変わった具材のひと椀を紹介します。意外な組み合わせはどれも斬新、...
料理家・平山 由香さんが仕掛ける魔法のようなお味噌汁のレパートリーは、食材のジャンルを問いません。たとえばフルーツだって、立派なひと椀に。『毎日のお味噌汁...
とろみをつけたり油を加えたりと、冷めないひと手間を心がけるのが冬のひと椀をつくるときの工夫です。おすすめは、すりおろした野菜。火通りの悪いレンコンや大根、...
栄養とともに旨みが凝縮されているサバ缶。まるごと無駄なく使わなきゃモッタイナイ。味噌汁にアレンジして、海と山の幸たっぷりの一杯をつくりましょう。
沖縄でおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」が定番。「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半月は保つ保存食です...
体内から温めて、夏バテ知らずの体をつくる「ニンニクの味噌汁」はいかがでしょう。