これは盲点、しょうが風味の「味噌ドレ」

サラダレシピを提案する際には、基本的にドレッシングもイチからつくるのが「Food52」のスタイル。Wild + Wholeさんが紹介するのは、ジンジャー味噌ヴィネグレットを使ったサラダです。

ジンジャーと味噌というと、どことなくアジアンテイストな印象ですが、サラダの具材にウォルナッツと梨を入れると西洋風に一変。このレシピにお肉は入っていませんが、冷しゃぶを乗せれば、これまた日本の暑〜い夏にお似合いな一品になりそうです!

ジンジャー味噌サラダ

© 2012 James Ransom

簡単、さっぱり、ヘルシー、おいしい!
塩っけもあり、甘さもある。そして味わい深い。サイドとしてもバッチリですし、グリルしたお魚やチキンを乗せれば、メインディッシュにもなりますよ。

材料:2人分
(サイドの場合は4人分)

<ジンジャー味噌ヴィネグレット>

米酢:1/4カップ

味噌:大さじ2

※私は赤が好きですが、マイルドな仕上がりにするなら白

砂糖:大さじ1

しょうが(皮を剥いてすりおろす):小さじ1

にんにく:1片

チリソース(シラチャーソース):4滴

ごま油:大さじ3

 

<サラダ>

ガーデンレタスミックス:手一杯分

バターレタス:1玉

梨(薄くスライス):1個

焼きカシューナッツ(塩を振る):手一杯

赤玉ねぎ:中サイズ1個

赤ワイン酢:適量

砂糖:ひとつまみ

タイム:小さじ1

塩こしょう:適量

作り方

<しょうが味噌ヴィネグレットソース>

【1】小さなボウルにすべての具材を入れる。ごま油が完全に混ざるようにゆっくり混ぜる。
※ドレッシングは全部使わなくてもOK。味が濃いので、かけすぎないように注意。

<サラダ>

【1】大さじ1杯分の油をフライパンに敷いて、中火にかける。赤玉ねぎを入れて、キャラメリゼする。少し乾いてきたら、赤ワイン酢をひとかけ注ぐ。タイムと塩こしょうで味付けをする。

【2】レタス、梨、カシューナッツ、キャラメリゼした赤玉ねぎを一緒にからめ、ソースを注げばできあがり。

【Food52よりjvcooksさんのレビュー】

さっぱりといただけるこのサラダ、味と食感の組み合わせに舌も大喜びです。甘辛ジンジャー味噌のヴィネグレットに包まれるサラダ用のレタスたち、キャラメリゼした玉ねぎ、梨、そして塩気のあるカシューナッツ。玉ねぎが苦手なら、量を半分にしてもOK。

余ったヴィネグレットはとっておきましょう。何にかけてもおいしくいただけますよ。

Written byWild + Whole
Top photo: © 2012 James Ransom
Licensed material used with permission by Food52