食べずに溜まる「サバ缶」を、かしこく「味噌汁」にチェンジ!

一人暮らしをはじめて、まず感じるのが親のありがたみ。朝起きれば当然のように朝食ができていたし、お茶だって冷蔵庫に常備されていた。

そして親ゴコロを改めてダイレクトに感じるのが「仕送り」。親ゴコロに比例してか、重たい荷物が送られてくるたび、なんだか救われる気持ちになったものです。

そんな仕送りに高確率で入っているものといえば「サバ缶」。これ、うれしいんだけど、意外と食べずにどんどんたまるんですよね。高タンパク低カロリーだし手ごろだから、とても便利な食品なんですが……。野菜ソムリエCanacoさん監修の『はじめよう! きのこ習慣! きのこ女子大のラクうまヘルシーレシピ』(シンコーミュージック・エンタテイメント)には、このサバ缶を使ったカンタン味噌汁レシピが紹介されています。

ためてしまわずに味噌汁に投入して、実家にいたころのように健康的な食生活を心がけてみて。

うま味たっぷり
サバ缶まるごと味噌汁

Photo by 小澤晶子

ポイントは、サバ缶をまるごと使うこと。栄養とともに旨みが凝縮されているため、無駄なく調理しましょう。

〈材料(2人分)〉

ぶなしめじ:1/4袋

エリンギ:1本

なめこ:1袋

たけのこ:30g

水:400cc

サバの水煮缶:1缶

味噌:大さじ2

ブロッコリースプラウト:適量

生姜(おろし):適量

 

〈作り方〉

1.ぶなしめじをほぐし、エリンギは薄切り、なめこはさっと洗い、たけのこはひと口大に切る。

2.鍋に水とサバ缶の汁、きのこを入れひと煮立ちしたら、サバ缶の具とたけのこ、味噌を加え弱火で加熱する。

3.②を器に注ぎ、ブロッコリースプラウトとおろし生姜を添える。

関連する記事

ピーマンをお味噌汁に?独特の香りがチョット気になる人でも、焦げめがつくくらい素焼きするか、油でソテーすれば香りが和らぎ、とってもいいお味噌汁の具材になるん...
東京・浅草の味噌汁専門店「MISOJYU」が、365日分のオリジナル味噌汁レシピを公開するYouTubeチャンネルをスタート。いつもと一味も二味も違う、ち...
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
きのこや野菜など、旬の味覚をお味噌汁を取り入れることで、季節の移ろいを感じることができます。具材の変化はもちろんですが、『毎日のお味噌汁』の著者・平山 由...
車に直接連結できるカーテント「CAREX(カーレックス)」。
すっかり定着した発酵食ブーム。意識せずとも毎日の食卓に取り入れることこそ、上手な発酵食とのつき合いかたでしょう。そこで「味噌」です。料理家・平山由香さんの...
お椀のなかを見たとき、まずこれがお味噌汁なのだ、と理解するまでに少しばかりの時間が必要かもしれません。おいしい生麩を使って、大胆にプチトマトとアボカドを添...
朝一番の漁を終え、仕掛けた網の片付けがひと段落したころ、あったかいお椀をすする。どこか港町の情景が見えてきそうなこのお味噌汁。明石のおいしいタコを使ったひ...
体内から温めて、夏バテ知らずの体をつくる「ニンニクの味噌汁」はいかがでしょう。
朝のお味噌汁づくりが楽しみのひとつになれば、お椀に向かって「おはよう」、こんなあいさつから一日がはじまるようになる。その日の気分で自由に組み合わせを楽しん...
エルサルバドルの若者たちの更生などを間接的に支援できるサステナブルなトートバッグがクラウドファンディング「Fannova」で販売中。
書籍『毎日のお味噌汁』の中で紹介されている、料理家・平山由香さんのひと椀が、なぜこうも大胆で自由で、おおらかなのかを探っていくと、あるキーワードにたどり着...
缶詰の中でも特に種類の豊富な「サバ缶」。加工技術が高く、生臭さもなく美味しさを逃さず閉じ込めてある分、どんな料理にも応用が利きます。サバを挟んで食べるトル...
すり鉢でおろしたり、短冊に切ったりした長芋ならば、なんとなく食感の想像がつくはず。料理家・平山由香さんのオススメはひと味違いました。日々のお味噌汁に、冬の...
とろみをつけたり油を加えたりと、冷めないひと手間を心がけるのが冬のひと椀をつくるときの工夫です。おすすめは、すりおろした野菜。火通りの悪いレンコンや大根、...
料理家・平山由香さんの著書『毎日のお味噌汁』より、普段のお味噌汁からは想像もつかないような変わった具材のひと椀を紹介します。意外な組み合わせはどれも斬新、...
料理家・平山 由香さんが仕掛ける魔法のようなお味噌汁のレパートリーは、食材のジャンルを問いません。たとえばフルーツだって、立派なひと椀に。『毎日のお味噌汁...
山形の名物「納豆汁」。納豆をそのまま入れるんじゃなくてすりつぶすんです。
真夏においしいこのひと椀。理由はどれも加熱不要の具材にあり、と平山さん。トマトやアボカドなどの洋野菜に白味噌、チーズ、オリーブオイルの組み合わせを、ご本人...
シーズン問わず、コスパのいいおかず「塩サバ」ですが、いつも焼くだけではワンパターン。そこで、こんなおつまみはいかがでしょう。
おいしいお味噌汁をつくるとなると、「まずは出汁をとらなくては…」という手間が億劫という話をよく聞きます。たしかに出汁はお味噌汁に欠かせないもの。料理家・平...
完全食豚汁「MISOVATION」は、現代人が1食に必要な23種類の栄養素×発酵食品を1杯で摂取できる。
「甘くて美味しそうなスイーツ詰め合わせ」に見えますよね?でもこれ、そのまま食べるものではなく、お湯に溶かして食べられる団子状の"お味噌"なんです!説明がな...
3月10日、「ドットミソ」が公式オンラインストアにて「味噌玉」の販売を開始。
だいぶ涼しくなってきたとは言え、まだまだ気温差も激しく、疲れが残りやすい人も多いのではないでしょうか。南国・宮崎の我が家には、そんな「バテ気味な人」にぴっ...
「じんだ味噌」を知っていますか?これは山口県周防大島の郷土料理で、素焼きしたメバルのほぐし身と麦味噌を合わせたもの。冷蔵庫のない時代、釣った魚を保存するた...
冷や汁は地域によって読み方も様々で、宮崎のものは主に「ひやしる」と発音するそうです。宮崎の山師の間では「汁かけめしゃ食うとけがするげなど(ご飯に汁をかけて...
缶詰だけで十分にお酒が楽しめる、「グルメ缶」をセレクト。
47都道府県のおいしいものを探していると各地で見つかる、「おかず味噌系」の食べ物。その代表格が、和歌山の「金山寺味噌」ではないでしょうか? なんせ金山寺味...
1月半ばに入って急に寒くなりましたよね。自動販売機の赤いボタンにもつい手が伸びちゃいます。しかし、そんなときにこんな商品はいかが?コーンポタージュにしよう...