トッピングでお味噌汁にアクセントをつける方法

『毎日のお味噌汁』の中で紹介されている、料理家・平山由香さんのひと椀が、なぜこうも大胆で自由で、おおらかなのかを探っていくと、あるキーワードにたどり着きました。「吸口(すいくち)」です。

どうやらこれが彼女のアヴァンギャルドな組み合わせに、きちんとトーン&マナーをもたらす秘密のよう。

お味噌汁を自在に変化させる
仕上げのアクセント

吸口とは、お味噌汁などの汁物に付け合わせる、仕上げのアクセントのこと。吸口をあしらうことで、毎日のお味噌汁を手軽に変化させ、豊かな味わいに仕上げてくれます。

また、香りや見た目から、さらに食欲をそそるといった効果や、きゅっと最後にすべてをひとまとめにしてくれる役割も。

ここでは、毎日のお味噌汁に吸口として活用しているものの中から、いくつかご紹介します。

■自家製梅干し

496db3c3a32af1cd1e0b0a8f0770c27b91335e2d

味噌と梅干し!?と思われるかもしれませんが、長旅には必ず携帯するお助けコンビ。特に胃の調子が悪いとき、この組み合わせがしっくりします。油分が多い具材の吸口にするとスッキリしますよ。

■しょうが

Cc15671155739bbfafef11f626972a50a2143a02

おろしたり、針しょうがにしたりと、吸口に欠かせない素材。たっぷりの水に浸けて冷蔵庫に入れ、2日に一度くらい水を変えるだけで1ヶ月は保存ができます。

■パルミジャーノレッジャーノチーズ
またはグラナパダーノチーズ

F2a0377508bb3ca376178f49b306f1f5f752d55f

私が愛用しているのはグラナパダーノのほう。パルミジャーノと同じくイタリア北部の硬質チーズです。旨みはあるけれど主張しすぎないので、お味噌汁とのバランスがいい。お値段がパルミジャーノより控えめなのも嬉しいかぎり。

■エキストラバージンオリーブオイル

お揚げやなすの油焼きのお味噌汁のおいしさは、油が旨みをもたらすゆえ。昆布水出汁をベースに、具材を煮込まず仕上げるあっさり味噌汁に数滴のオリーブオイルを落とすと、おいしさの輪郭が際立ちます。

その他のお味噌汁の記事はコチラ

きのこや野菜など、旬の味覚をお味噌汁を取り入れることで、季節の移ろいを感じることができます。具材の変化はもちろんですが、『毎日のお味噌汁』の著者・平山 由...
朝のお味噌汁づくりが楽しみのひとつになれば、お椀に向かって「おはよう」、こんなあいさつから一日がはじまるようになる。その日の気分で自由に組み合わせを楽しん...
すっかり定着した発酵食ブーム。意識せずとも毎日の食卓に取り入れることこそ、上手な発酵食とのつき合いかたでしょう。そこで「味噌」です。料理家・平山由香さんの...
ピーマンをお味噌汁に?独特の香りがチョット気になる人でも、焦げめがつくくらい素焼きするか、油でソテーすれば香りが和らぎ、とってもいいお味噌汁の具材になるん...
愛知県犬山市(いぬやまし)は、日本最古の城「犬山城」がそびえ立ち、雰囲気のいい城下町が今も元気だ。そこに、かつてはタカラヤという名の家具屋さんだった、5階...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
朝一番の漁を終え、仕掛けた網の片付けがひと段落したころ、あったかいお椀をすする。どこか港町の情景が見えてきそうなこのお味噌汁。明石のおいしいタコを使ったひ...
お椀のなかを見たとき、まずこれがお味噌汁なのだ、と理解するまでに少しばかりの時間が必要かもしれません。おいしい生麩を使って、大胆にプチトマトとアボカドを添...
とろみをつけたり油を加えたりと、冷めないひと手間を心がけるのが冬のひと椀をつくるときの工夫です。おすすめは、すりおろした野菜。火通りの悪いレンコンや大根、...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
すり鉢でおろしたり、短冊に切ったりした長芋ならば、なんとなく食感の想像がつくはず。料理家・平山由香さんのオススメはひと味違いました。日々のお味噌汁に、冬の...
料理家・平山由香さんの著書『毎日のお味噌汁』より、普段のお味噌汁からは想像もつかないような変わった具材のひと椀を紹介します。意外な組み合わせはどれも斬新、...
料理家・平山 由香さんが仕掛ける魔法のようなお味噌汁のレパートリーは、食材のジャンルを問いません。たとえばフルーツだって、立派なひと椀に。『毎日のお味噌汁...
真夏においしいこのひと椀。理由はどれも加熱不要の具材にあり、と平山さん。トマトやアボカドなどの洋野菜に白味噌、チーズ、オリーブオイルの組み合わせを、ご本人...
栄養とともに旨みが凝縮されているサバ缶。まるごと無駄なく使わなきゃモッタイナイ。味噌汁にアレンジして、海と山の幸たっぷりの一杯をつくりましょう。
山形の名物「納豆汁」。納豆をそのまま入れるんじゃなくてすりつぶすんです。
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
おいしいお味噌汁をつくるとなると、「まずは出汁をとらなくては…」という手間が億劫という話をよく聞きます。たしかに出汁はお味噌汁に欠かせないもの。料理家・平...
ここに紹介するのはただの味噌玉ではありません、出汁入りみそに乾燥野菜や、ドライフルーツなど、ちょっと変わり種の具材を使ったものを作ってみました。
「甘くて美味しそうなスイーツ詰め合わせ」に見えますよね?でもこれ、そのまま食べるものではなく、お湯に溶かして食べられる団子状の"お味噌"なんです!説明がな...
体内から温めて、夏バテ知らずの体をつくる「ニンニクの味噌汁」はいかがでしょう。
だいぶ涼しくなってきたとは言え、まだまだ気温差も激しく、疲れが残りやすい人も多いのではないでしょうか。南国・宮崎の我が家には、そんな「バテ気味な人」にぴっ...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...