トッピングでお味噌汁にアクセントをつける方法

『毎日のお味噌汁』の中で紹介されている、料理家・平山由香さんのひと椀が、なぜこうも大胆で自由で、おおらかなのかを探っていくと、あるキーワードにたどり着きました。「吸口(すいくち)」です。

どうやらこれが彼女のアヴァンギャルドな組み合わせに、きちんとトーン&マナーをもたらす秘密のよう。

お味噌汁を自在に変化させる
仕上げのアクセント

吸口とは、お味噌汁などの汁物に付け合わせる、仕上げのアクセントのこと。吸口をあしらうことで、毎日のお味噌汁を手軽に変化させ、豊かな味わいに仕上げてくれます。

また、香りや見た目から、さらに食欲をそそるといった効果や、きゅっと最後にすべてをひとまとめにしてくれる役割も。

ここでは、毎日のお味噌汁に吸口として活用しているものの中から、いくつかご紹介します。

■自家製梅干し

味噌と梅干し!?と思われるかもしれませんが、長旅には必ず携帯するお助けコンビ。特に胃の調子が悪いとき、この組み合わせがしっくりします。油分が多い具材の吸口にするとスッキリしますよ。

■しょうが

おろしたり、針しょうがにしたりと、吸口に欠かせない素材。たっぷりの水に浸けて冷蔵庫に入れ、2日に一度くらい水を変えるだけで1ヶ月は保存ができます。

■パルミジャーノレッジャーノチーズ
またはグラナパダーノチーズ

私が愛用しているのはグラナパダーノのほう。パルミジャーノと同じくイタリア北部の硬質チーズです。旨みはあるけれど主張しすぎないので、お味噌汁とのバランスがいい。お値段がパルミジャーノより控えめなのも嬉しいかぎり。

■エキストラバージンオリーブオイル

お揚げやなすの油焼きのお味噌汁のおいしさは、油が旨みをもたらすゆえ。昆布水出汁をベースに、具材を煮込まず仕上げるあっさり味噌汁に数滴のオリーブオイルを落とすと、おいしさの輪郭が際立ちます。

その他のお味噌汁の記事はコチラ

関連する記事

きのこや野菜など、旬の味覚をお味噌汁を取り入れることで、季節の移ろいを感じることができます。具材の変化はもちろんですが、『毎日のお味噌汁』の著者・平山 由...
朝のお味噌汁づくりが楽しみのひとつになれば、お椀に向かって「おはよう」、こんなあいさつから一日がはじまるようになる。その日の気分で自由に組み合わせを楽しん...
すっかり定着した発酵食ブーム。意識せずとも毎日の食卓に取り入れることこそ、上手な発酵食とのつき合いかたでしょう。そこで「味噌」です。料理家・平山由香さんの...
ピーマンをお味噌汁に?独特の香りがチョット気になる人でも、焦げめがつくくらい素焼きするか、油でソテーすれば香りが和らぎ、とってもいいお味噌汁の具材になるん...
世界18都市の番組が聴けるイタリア発のおしゃれラジオ「THE CITY RADIO」。
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
朝一番の漁を終え、仕掛けた網の片付けがひと段落したころ、あったかいお椀をすする。どこか港町の情景が見えてきそうなこのお味噌汁。明石のおいしいタコを使ったひ...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
中国発のテクノロジー企業「Xiaomi」は、スマホなどのデバイスをリモートで充電する技術を発表した。この技術が一般化すれば、スマホをリモート充電できるよう...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。