ボール型の味噌汁「みそまる」が、うまかわいい・・・

「甘くて美味しそうなスイーツ詰め合わせ」に見えますよね?でもこれ、そのまま食べるものではなく、お湯に溶かして食べられる団子状の"お味噌"なんです!

トリュフみたいにデコる!
「みそまる」が可愛い…。

1dfcb2734b852cd740513b857d172568cd113cffAa365d55287ebb41eae819821efe66a6c178518b

説明がなければとてもお味噌汁になるとは想像できません。が、どうやら最近この「みそまる」のつくり方が国内外問わずに話題になっているようなんです。

手作りだから種類も無限大
お弁当やアウトドアにも最適!

E3575ba2c3f8c58ff385cde3191eea07a88595f7874745d24f5c2ac2cab2e429d810a79671a1a806

つくり方は簡単。お味噌と具材を混ぜ合わせて手のひらで丸めたら完成。ラッピングして持ち運びも出来るし、食べる時はお椀にセットして熱いお湯をかけるだけ。どこでも手作りのお味噌汁が食べられます。お弁当に忍ばせたり、アウトドア用としても活躍するかも。具材との組み合わせや見た目の彩りを考えるのも楽しいですよね。

お味噌汁の具って家庭によって全然違ったりしますが、「みそまる」でもいろいろな種類がつくれるんです。ホームページを見てみると、なかには具材としてチーズやアーモンドなどを使ったものもあり、上の画像のように色とりどり。つい試してみたくなっちゃいます。

楽しめる贈り物にもバッチリ

B55206e2c9b87ea46a36d99419526d42eee69533

キレイに包装すればその見た目はどう見てもスイーツ。ちょっと斬新なプレゼントとして贈っても楽しくて喜ばれるかも!保存料などが使われていない手作りのお味噌汁になるので、体にも優しいと評判なのだとか。

日本の伝統「お味噌」を
伝えていきたい

310aac5368cb7f441780beddcb807e58894b826aEafc6d77ede5928e5aaba0184920d047eb83488c

「みそまる」を考案した藤本氏は、体にいい日本の伝統的な食文化を伝えようと「ミソガール」を結成し、「ジャパン味噌プレス」を立ち上げ、味噌の素晴らしさやその文化を伝えています。

2015年10月18日には、イタリアはミラノ万博へと出展を果たし海外進出!キュートな和服も評判が良かったそう。可愛いですよね♪

彼女が開催している味噌仕込み教室や味噌サロンでは、バリエーション豊かなレシピや食文化が学べるそう。気になった人はホームページを訪れてみてはいかが?誰にでも簡単に作れて、作りだめもできるので、まずはお弁当や朝食のためにいくつか試してみてもいいかもしれませんね。

Licensed material used with permission by 協力:みそまる普及委員会
きのこや野菜など、旬の味覚をお味噌汁を取り入れることで、季節の移ろいを感じることができます。具材の変化はもちろんですが、『毎日のお味噌汁』の著者・平山 由...
ピーマンをお味噌汁に?独特の香りがチョット気になる人でも、焦げめがつくくらい素焼きするか、油でソテーすれば香りが和らぎ、とってもいいお味噌汁の具材になるん...
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
朝一番の漁を終え、仕掛けた網の片付けがひと段落したころ、あったかいお椀をすする。どこか港町の情景が見えてきそうなこのお味噌汁。明石のおいしいタコを使ったひ...
すっかり定着した発酵食ブーム。意識せずとも毎日の食卓に取り入れることこそ、上手な発酵食とのつき合いかたでしょう。そこで「味噌」です。料理家・平山由香さんの...
料理家・平山由香さんの著書『毎日のお味噌汁』より、普段のお味噌汁からは想像もつかないような変わった具材のひと椀を紹介します。意外な組み合わせはどれも斬新、...
朝のお味噌汁づくりが楽しみのひとつになれば、お椀に向かって「おはよう」、こんなあいさつから一日がはじまるようになる。その日の気分で自由に組み合わせを楽しん...
お椀のなかを見たとき、まずこれがお味噌汁なのだ、と理解するまでに少しばかりの時間が必要かもしれません。おいしい生麩を使って、大胆にプチトマトとアボカドを添...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
すり鉢でおろしたり、短冊に切ったりした長芋ならば、なんとなく食感の想像がつくはず。料理家・平山由香さんのオススメはひと味違いました。日々のお味噌汁に、冬の...
ここに紹介するのはただの味噌玉ではありません、出汁入りみそに乾燥野菜や、ドライフルーツなど、ちょっと変わり種の具材を使ったものを作ってみました。
書籍『毎日のお味噌汁』の中で紹介されている、料理家・平山由香さんのひと椀が、なぜこうも大胆で自由で、おおらかなのかを探っていくと、あるキーワードにたどり着...
とろみをつけたり油を加えたりと、冷めないひと手間を心がけるのが冬のひと椀をつくるときの工夫です。おすすめは、すりおろした野菜。火通りの悪いレンコンや大根、...
料理家・平山 由香さんが仕掛ける魔法のようなお味噌汁のレパートリーは、食材のジャンルを問いません。たとえばフルーツだって、立派なひと椀に。『毎日のお味噌汁...
真夏においしいこのひと椀。理由はどれも加熱不要の具材にあり、と平山さん。トマトやアボカドなどの洋野菜に白味噌、チーズ、オリーブオイルの組み合わせを、ご本人...
街でも宿泊先でも、フリーのWi-Fiを利用すればいいだけの話かもしれない、けれど、それがいつでもどこでも快適に、ネット環境にアクセスできるとは限りません。...
47都道府県のおいしいものを探していると各地で頻繁に見つかる、いわゆる「おかず味噌系」の食べ物。その代表格と言えるのが金山寺味噌ではないでしょうか? なん...
栄養とともに旨みが凝縮されているサバ缶。まるごと無駄なく使わなきゃモッタイナイ。味噌汁にアレンジして、海と山の幸たっぷりの一杯をつくりましょう。
山形の名物「納豆汁」。納豆をそのまま入れるんじゃなくてすりつぶすんです。
おいしいお味噌汁をつくるとなると、「まずは出汁をとらなくては…」という手間が億劫という話をよく聞きます。たしかに出汁はお味噌汁に欠かせないもの。料理家・平...
さむ〜いこの時期に仕込むお味噌がいちばんおいしいんですって。せっかくならば、道具にもこだわりたいって人に紹介したいキットです。
「じんだ味噌」を知っていますか?これは山口県周防大島の郷土料理で、素焼きしたメバルのほぐし身と麦味噌を合わせたもの。冷蔵庫のない時代、釣った魚を保存するた...