覚えておきたい出汁のとり方。冷蔵庫でじっくりと

おいしいお味噌汁をつくるとなると、「まずは出汁をとらなくては…」という手間が億劫という話をよく聞きます。たしかに出汁はお味噌汁に欠かせないもの。料理家・平山由香さんの『毎日のお味噌汁』では、時間のない朝ではなく、前日の夜からつくり置きする簡単な方法を教えてくれています。

いわく、「おいしすぎる出汁は不要」。覚えておきたい、手間いらずの水出しによる出汁のつくり方です。

981cb8d045538c600ab151bd88d735a3ecce4b3b

忙しい朝にわざわざ出汁をとる時間はない。ならばと平山さんが始めたのが、細切り昆布や煮干しをひと晩水に浸しておく「水出汁」です。これを冷蔵庫にストックしておけば、具材を切るくらいであっという間にお味噌汁をつくることができますよ。

ここでは、簡単な出汁のとり方を紹介します。これさえ仕込んでおけば、朝のひと椀が自然と日課になることでしょう。

■昆布水出汁

3a55a607b48485576229dd79e4c728d5c9fedb71

1リットルのお茶用ポットに10gの細切り昆布を入れて冷蔵庫で半日からひと晩、これだけでOK。昆布を細く切る。このひと手間で、今までの半分の量で十分にうまみが抽出できるのもいいところ。

お茶用ポットに入れ、昆布が水に浸かっている状態で冷蔵庫に入れて、1週間程度は保存可能です。水出ししたあとの昆布は佃煮にしていただきましょう。お弁当のおかずやおにぎり、お茶請けなどいろいろ使えて便利ですし、何よりおいしい!

お味噌汁はもちろん、フレンチ、イタリアン、エスニックにも、この昆布水出汁が活躍するんですよ。

■煮干し水出汁

B43566a3e10761f917995b748ad690ff1147ab09

同じく1リットルのポットに10尾ほどの煮干しを入れて、冷蔵庫でひと晩から1日。煮干しも具材のひとつとして、一人2尾くらいを目安にお味噌汁に加えれば捨てることろなし。

水出しでもうまみは十分。野菜や油揚げとの相性はもちろんのこと、根菜との取り合わせにもぴったりです。

■半干ししいたけ出汁

59d2dabc254c9854d8cf39630ba9f7398c70d72f

しいたけの水出汁は、原木しいたけを半干しにして使うのがオススメです。石づきは落とし、軸は手でさき、笠の部分は丸ごとだったり細く切ったり。四つ割にすることも。

半干しにしたところで冷凍します。太陽の力で干すことでうまみが増し、冷凍することで細胞が壊れるため、うまみが出やすくなるのです。

もどす必要はなく、そのまま水と一緒に鍋に入れて加熱するだけ。うまみは抜群、香りは穏やかな仕上がりに。しいたけは原木がおすすめです。

■野菜のゆで汁

A9eae181030d82485beeba15dde400cf440683dc

野菜のゆで汁も捨てずに冷蔵保存します。野菜のおいしい出汁が立派に出ているゆで汁を捨てるなんて、モッタイナイ。じゃがいも、ブロッコリー、アスパラガス、キャベツのゆで汁などには、うまみがいっぱいです。

出汁に使うことを前提として、昆布水出汁で野菜をゆでれば、野菜はよりおいしく色鮮やかにゆで上がり、ゆで汁をそのまま使えます。

甘くやわらかな風味のやさしい出汁は、どんな素材とも好相性。野菜によってはアクの強いものもありますが、捨てる前に必ず味見をする習慣をつけてみてくださいね。

その他のお味噌汁の記事はコチラ

お椀のなかを見たとき、まずこれがお味噌汁なのだ、と理解するまでに少しばかりの時間が必要かもしれません。おいしい生麩を使って、大胆にプチトマトとアボカドを添...
きのこや野菜など、旬の味覚をお味噌汁を取り入れることで、季節の移ろいを感じることができます。具材の変化はもちろんですが、『毎日のお味噌汁』の著者・平山 由...
ピーマンをお味噌汁に?独特の香りがチョット気になる人でも、焦げめがつくくらい素焼きするか、油でソテーすれば香りが和らぎ、とってもいいお味噌汁の具材になるん...
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
港につけた船から朝採りの牡蠣を直接売っているところもありますが、それ以上に新鮮です!
朝のお味噌汁づくりが楽しみのひとつになれば、お椀に向かって「おはよう」、こんなあいさつから一日がはじまるようになる。その日の気分で自由に組み合わせを楽しん...
朝一番の漁を終え、仕掛けた網の片付けがひと段落したころ、あったかいお椀をすする。どこか港町の情景が見えてきそうなこのお味噌汁。明石のおいしいタコを使ったひ...
すっかり定着した発酵食ブーム。意識せずとも毎日の食卓に取り入れることこそ、上手な発酵食とのつき合いかたでしょう。そこで「味噌」です。料理家・平山由香さんの...
すり鉢でおろしたり、短冊に切ったりした長芋ならば、なんとなく食感の想像がつくはず。料理家・平山由香さんのオススメはひと味違いました。日々のお味噌汁に、冬の...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
書籍『毎日のお味噌汁』の中で紹介されている、料理家・平山由香さんのひと椀が、なぜこうも大胆で自由で、おおらかなのかを探っていくと、あるキーワードにたどり着...
とろみをつけたり油を加えたりと、冷めないひと手間を心がけるのが冬のひと椀をつくるときの工夫です。おすすめは、すりおろした野菜。火通りの悪いレンコンや大根、...
料理家・平山 由香さんが仕掛ける魔法のようなお味噌汁のレパートリーは、食材のジャンルを問いません。たとえばフルーツだって、立派なひと椀に。『毎日のお味噌汁...
料理家・平山由香さんの著書『毎日のお味噌汁』より、普段のお味噌汁からは想像もつかないような変わった具材のひと椀を紹介します。意外な組み合わせはどれも斬新、...
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
真夏においしいこのひと椀。理由はどれも加熱不要の具材にあり、と平山さん。トマトやアボカドなどの洋野菜に白味噌、チーズ、オリーブオイルの組み合わせを、ご本人...
栄養とともに旨みが凝縮されているサバ缶。まるごと無駄なく使わなきゃモッタイナイ。味噌汁にアレンジして、海と山の幸たっぷりの一杯をつくりましょう。
山形の名物「納豆汁」。納豆をそのまま入れるんじゃなくてすりつぶすんです。
ここに紹介するのはただの味噌玉ではありません、出汁入りみそに乾燥野菜や、ドライフルーツなど、ちょっと変わり種の具材を使ったものを作ってみました。
だいぶ涼しくなってきたとは言え、まだまだ気温差も激しく、疲れが残りやすい人も多いのではないでしょうか。南国・宮崎の我が家には、そんな「バテ気味な人」にぴっ...
体内から温めて、夏バテ知らずの体をつくる「ニンニクの味噌汁」はいかがでしょう。
「甘くて美味しそうなスイーツ詰め合わせ」に見えますよね?でもこれ、そのまま食べるものではなく、お湯に溶かして食べられる団子状の"お味噌"なんです!説明がな...
冷や汁は地域によって読み方も様々で、宮崎のものは主に「ひやしる」と発音するそうです。宮崎の山師の間では「汁かけめしゃ食うとけがするげなど(ご飯に汁をかけて...