ドライフルーツ、くるみ、バジル、どれも味噌玉の材料なんです。

お味噌汁つくってますか?

腸内環境改善にも役立つとされ、古くから私たちの食文化を支えてきた「味噌」。腸内環境改善にもいいとされ、近年、注目を浴びています。手軽に取り入れられるメニューとしてお味噌汁。ですが、一人暮らしだったりすると、などなかなかちゃんと作る気にもならないかもしれません。

そこで提案したいのが“味噌玉”です。1椀分にして冷凍もできるので、何個か作っておけば、常備菜的な活用もできます。ただし、ここで紹介したいのはただの味噌玉ではありません。乾燥野菜のほかにドライフルーツなど、ちょっと変わり種の具材を使ったものを作ってみました。

0fae8368e4984de293e2a5a751bdf76dc418bfe6

ドライアップル×クルミ×乾燥ショウガ

材料:1玉分
ドライアップル:2切れ
クルミ:2個
ドライジンジャー:1枚
だし入りみそ:大さじ4/5
ラップ

作り方
ドライアップルとクルミは荒みじん切りにします。ドライジンジャーはみじん切りに。ボウルに全ての材料をいれて混ぜ、ラップで丸く包んで輪ゴムなどでとめて完成。

りんごを味噌汁にしてしまう地域もあるようで。こちらはドライのリンゴで作ってみました。クルミとショウガを入れると、ただのお味噌汁というよりは中国式のスープのような雰囲気。作るときは、砂糖の添加されていないドライアップルを使いましょう。

ドライトマト×乾燥しいたけ×バジル

材料:1玉分
ドライトマト(甘くないもの):2g
乾燥しいたけ(スライス):8枚
ドライバジル:小さじ1/6
粉チーズ:小さじ1/2
だし入りみそ:大さじ4/5
水:150cc

作り方
ドライトマトと乾燥しいたけは荒みじんに切ります。それをボウルに入れてドライバジルと粉チーズを入れ、みそを入れて混ぜます。あとはラップで包むだけ。

「トマト」と「しいたけ」、この2つは太陽にあてて乾燥させることによってうま味が濃くなると言われています。そして、トマトの風味を上手にいかしてくれるのがバジルと、粉チーズ。ドライトマトは少なからず塩分を含んでいることがあるので、塩加減に合わせて味噌の量を調整しましょう。

乾燥納豆×クコの実×乾燥ネギ

材料:1玉分
ドライ納豆:大さじ1
ドライ長ネギ:大さじ1
クコの実:3粒
だし入りみそ:大さじ4/5
ラップ

作り方
ボウルにすべての材料を入れて混ぜたら、丸く包んで完成。

味噌も、納豆も原料は大豆。発酵の過程が違うだけで、もともと同じ食材であるため2つの食材の相性は◎。長ネギの香りが品よく加わります。薬膳としても用いられるクコの実もいいアクセントに。

その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
ピーマンをお味噌汁に?独特の香りがチョット気になる人でも、焦げめがつくくらい素焼きするか、油でソテーすれば香りが和らぎ、とってもいいお味噌汁の具材になるん...
きのこや野菜など、旬の味覚をお味噌汁を取り入れることで、季節の移ろいを感じることができます。具材の変化はもちろんですが、『毎日のお味噌汁』の著者・平山 由...
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
すっかり定着した発酵食ブーム。意識せずとも毎日の食卓に取り入れることこそ、上手な発酵食とのつき合いかたでしょう。そこで「味噌」です。料理家・平山由香さんの...
朝一番の漁を終え、仕掛けた網の片付けがひと段落したころ、あったかいお椀をすする。どこか港町の情景が見えてきそうなこのお味噌汁。明石のおいしいタコを使ったひ...
お椀のなかを見たとき、まずこれがお味噌汁なのだ、と理解するまでに少しばかりの時間が必要かもしれません。おいしい生麩を使って、大胆にプチトマトとアボカドを添...
料理家・平山 由香さんが仕掛ける魔法のようなお味噌汁のレパートリーは、食材のジャンルを問いません。たとえばフルーツだって、立派なひと椀に。『毎日のお味噌汁...
料理家・平山由香さんの著書『毎日のお味噌汁』より、普段のお味噌汁からは想像もつかないような変わった具材のひと椀を紹介します。意外な組み合わせはどれも斬新、...
、生活の場が飲食店という幼少期の実体験から学んだ人生観がおもしろい!飲食店におけるルールなれど、どんな仕事にも通づる大切にすべきことがあります。
すり鉢でおろしたり、短冊に切ったりした長芋ならば、なんとなく食感の想像がつくはず。料理家・平山由香さんのオススメはひと味違いました。日々のお味噌汁に、冬の...
朝のお味噌汁づくりが楽しみのひとつになれば、お椀に向かって「おはよう」、こんなあいさつから一日がはじまるようになる。その日の気分で自由に組み合わせを楽しん...
書籍『毎日のお味噌汁』の中で紹介されている、料理家・平山由香さんのひと椀が、なぜこうも大胆で自由で、おおらかなのかを探っていくと、あるキーワードにたどり着...
とろみをつけたり油を加えたりと、冷めないひと手間を心がけるのが冬のひと椀をつくるときの工夫です。おすすめは、すりおろした野菜。火通りの悪いレンコンや大根、...
栄養とともに旨みが凝縮されているサバ缶。まるごと無駄なく使わなきゃモッタイナイ。味噌汁にアレンジして、海と山の幸たっぷりの一杯をつくりましょう。
真夏においしいこのひと椀。理由はどれも加熱不要の具材にあり、と平山さん。トマトやアボカドなどの洋野菜に白味噌、チーズ、オリーブオイルの組み合わせを、ご本人...
体の内側からキンキンに冷やしてくれるデトックスウォーターの紹介です。
山形の名物「納豆汁」。納豆をそのまま入れるんじゃなくてすりつぶすんです。
おいしいお味噌汁をつくるとなると、「まずは出汁をとらなくては…」という手間が億劫という話をよく聞きます。たしかに出汁はお味噌汁に欠かせないもの。料理家・平...
「甘くて美味しそうなスイーツ詰め合わせ」に見えますよね?でもこれ、そのまま食べるものではなく、お湯に溶かして食べられる団子状の"お味噌"なんです!説明がな...
だいぶ涼しくなってきたとは言え、まだまだ気温差も激しく、疲れが残りやすい人も多いのではないでしょうか。南国・宮崎の我が家には、そんな「バテ気味な人」にぴっ...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
「じんだ味噌」を知っていますか?これは山口県周防大島の郷土料理で、素焼きしたメバルのほぐし身と麦味噌を合わせたもの。冷蔵庫のない時代、釣った魚を保存するた...