納豆をすりつぶして作る「納豆汁」。さらにアレンジで楽しめる!

山形県の名物に「納豆汁」というものがあります。納豆を入れた味噌汁をイメージされる方も多いかもしれませんが、山形の納豆汁は一味違います。すり鉢で納豆をすってペースト状にしたものをスープのベースにし、ネギや油揚げをたっぷりいれていただきます。

雪国の叡智が生んだ
あったか〜い汁

山形では、毎年1月7日に七草粥ではなく、納豆汁を飲む風習があります。それほど伝統のある納豆汁。現在の納豆汁のようにペースト状にするのが、いつ定着したのは定かではありませんが、少なくとも江戸時代中期には文書の中にその名が記されています。

納豆独特のにおいは気にならず、コクの深い味噌汁のような親しみやすさでいただくことができるんです。

<材料:2人分>
納豆:1パック
油揚げ:1枚
こんにゃく:1/2個
乾燥いもがら:15cm
木綿豆腐:大さじ4
長ネギ:大さじ4
だし汁:400cc
みそ:大さじ1と1/2

<作り方>
1. 納豆は細かく刻み、すり鉢で擦る。長ネギは小口切りにする。
2. 油揚げは油抜きをし、1cm角に切る。こんにゃくは1cm角に切り下茹でする。豆腐は1cm角に切る。
3. いもがらはもみ洗いをし、熱湯で戻したら1cmの長さに切る。
4. 鍋にだし汁を入れ、2,3を加え一煮立ちさせる。
5. 擦り潰した納豆に味噌を加え4の煮汁を1カップ加えなじませ、溶かし入れる。
6. 沸騰直前で火を止め器に盛り、上に長ネギを盛りつければ完成。

納豆汁のおすすめアレンジ

そのままでも美味しいですが、こんなアレンジもありますよ。

1.キムチを入れる
キムチ納豆の組み合わせは相性抜群。納豆汁にキムチをちょい足し。これがなかなかイケるんです。

2.ラー油とチーズを入れる
ピリ辛にするとますます食欲をそそる一品に。同じ発酵食品であるチーズを加えるとまた違った味わいが楽しめます。

3.はちみつを一滴入れる
甘みが加わると、さらにコク深い納豆汁ができあがります。

4.納豆を入れる
これ、間違いではありません。納豆汁にさらに納豆を入れるなんてちょっとおかしく聞こえるでしょうか。納豆のネバネバの部分が熱でなくなり、豆の一粒一粒を楽しめます。

納豆は、茨城県水戸市の郊外で大豆をワラに包んで保管した際、たまたま発酵して出来たもの、というのは有名なお話。その納豆の国「茨城」が誇る食べ方こそ「そぼろ納...
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
「世の中にありふれたものにアイデアを加え、ささやかな日常がちょっと楽しくなるものをつくるレーベル」こと、sasayakaの新作。NEVER NEVER P...
ごはんのお供として食卓に並ぶ“アレ”を使うだけで、普通のバニラアイスがトルコ風になる。今回紹介するのは「ビエボ」に掲載されている、そんな裏ワザです。なんと...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
ピーマンをお味噌汁に?独特の香りがチョット気になる人でも、焦げめがつくくらい素焼きするか、油でソテーすれば香りが和らぎ、とってもいいお味噌汁の具材になるん...
冷や汁は地域によって読み方も様々で、宮崎のものは主に「ひやしる」と発音するそうです。宮崎の山師の間では「汁かけめしゃ食うとけがするげなど(ご飯に汁をかけて...
だいぶ涼しくなってきたとは言え、まだまだ気温差も激しく、疲れが残りやすい人も多いのではないでしょうか。南国・宮崎の我が家には、そんな「バテ気味な人」にぴっ...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
シンプルに言ってしまうと、ただの「納豆たまごかけごはん」。それでも、この一杯には“人を励ます力”があります。朝からニコニコ!栄養価的にも最高のごはんなんと...
朝一番の漁を終え、仕掛けた網の片付けがひと段落したころ、あったかいお椀をすする。どこか港町の情景が見えてきそうなこのお味噌汁。明石のおいしいタコを使ったひ...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
お椀のなかを見たとき、まずこれがお味噌汁なのだ、と理解するまでに少しばかりの時間が必要かもしれません。おいしい生麩を使って、大胆にプチトマトとアボカドを添...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
すっかり定着した発酵食ブーム。意識せずとも毎日の食卓に取り入れることこそ、上手な発酵食とのつき合いかたでしょう。そこで「味噌」です。料理家・平山由香さんの...
きのこや野菜など、旬の味覚をお味噌汁を取り入れることで、季節の移ろいを感じることができます。具材の変化はもちろんですが、『毎日のお味噌汁』の著者・平山 由...
ここに紹介するのはただの味噌玉ではありません、出汁入りみそに乾燥野菜や、ドライフルーツなど、ちょっと変わり種の具材を使ったものを作ってみました。
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...
すり鉢でおろしたり、短冊に切ったりした長芋ならば、なんとなく食感の想像がつくはず。料理家・平山由香さんのオススメはひと味違いました。日々のお味噌汁に、冬の...
料理家・平山由香さんの著書『毎日のお味噌汁』より、普段のお味噌汁からは想像もつかないような変わった具材のひと椀を紹介します。意外な組み合わせはどれも斬新、...
朝のお味噌汁づくりが楽しみのひとつになれば、お椀に向かって「おはよう」、こんなあいさつから一日がはじまるようになる。その日の気分で自由に組み合わせを楽しん...
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...