これ以上、キノコをおいしく食べる方法があったろうか

きのこは、ペーストにすることで香りが口の中で広がりやすくなります。うまみがぎゅっと凝縮した「きのこペースト」を作っておけば、パスタにも、スープにも、サラダにも活用できるんです。そのままごはんに乗せても最高ですよ。

きのこの万能コク旨ペースト

<材料:作りやすい分量>
しいたけ:100g
まいたけ:100g
しめじ:100g
にんにく:1かけ
オリーブオイル:大さじ4
輪切り唐辛子:1本
白ワイン(なければ酒):大さじ1

<つくり方>
しいたけは軸を切り落とし、一口サイズに切り、まいたけは一口サイズに手でちぎる。しめじは石づきを切り落とし、にんにくは皮をむいてみじん切り。

フライパンににんにく、オリーブオイルを入れて弱火で熱し、香りが立ったら、しいたけ、まいたけを加えて塩をふりかけ、弱火で10分炒める。

白ワインをふりかけてさらに5分炒めたあと、フードプロセッサーに入れてなめらかになるまで混ぜたら完成。

アレンジ1.
スープ

きのことバターの相性は言わずもがな。バターの原料である牛乳との相性ももちろん抜群。主材料3つ、しかも2ステップで作れる絶品スープをどうぞ。

<材料:1人分>
きのこの万能コク旨ペースト:大さじ2
牛乳:150ml
バター:5g
塩こしょう:適量

<つくり方>
鍋にきのこの万能コク旨ペースト、牛乳を入れて中火で熱し、沸騰させないように温める。そこにバターを加え、塩こしょうで味を調えて完成。

アレンジ2.
パスタ

コクと塩気が売りのパルメザンチーズは、まったりとしたきのこペーストとよく合います。初めから粉状で売られているパルメザンチーズでOK。手軽にレストランのような味に仕上がって、驚くこと間違いなしです。

<材料:1人分>
スパゲッティ:80g
Aきのこの万能コク旨ペースト:大さじ2
Aパルメザンチーズ:大さじ2
Aオリーブオイル:大さじ1
塩こしょう:適量
パセリ:適量

<つくり方>
フライパンにお湯を沸かして塩(お湯の量の1%)を溶かし、スパゲッティを袋の表示時間より1分短く茹でたらザルにあげる。フライパンにAを入れて、スパゲッティを入れて絡め、塩こしょうで味を調える。器に盛り、みじん切りにしたパセリを散らしたら完成。

アレンジ3.
ベーコンポテトサラダ

ほくほくのポテトとベーコンには、きのこの香りがベストマッチ。マヨネーズの酸味がアクセントになって、いつものポテトサラダが格段にレベルアップします。

<材料:1人分>
じゃがいも:1個
ブロックベーコン:50g
Aきのこの万能コク旨ペースト:大さじ1
Aマヨネーズ:小さじ2
塩こしょう:適量
粗挽き黒こしょう:適量

<つくり方>
じゃがいもは皮をむいて一口サイズに切る。耐熱ボウルにじゃがいもを入れてラップをし、火が通るまで600Wの電子レンジで3〜4分ほど加熱したらつぶす。そこにベーコンを加え、さらに30秒加熱したらAを加えて混ぜ、塩こしょうで味を調える。器に盛り、粗挽き黒こしょうをふって完成です。

あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
一人で食べるなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やはり美しいひと皿を仕上げたい。タイの伝統芸術「カービング」でお客様をおもてなし...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
イタリア人の「おいしい」の表現方法は、じつに多様。さすがほめ上手な国民性ってところでしょうか。