これ以上、キノコをおいしく食べる方法があったろうか。

きのこは、ペーストにすることで香りが口の中で広がりやすくなります。うまみがぎゅっと凝縮した「きのこペースト」を作っておけば、パスタにも、スープにも、サラダにも活用できるんです。そのままごはんに乗せても最高ですよ。

きのこの万能コク旨ペースト

5214179485024256

<材料:作りやすい分量>
しいたけ:100g
まいたけ:100g
しめじ:100g
にんにく:1かけ
オリーブオイル:大さじ4
輪切り唐辛子:1本
白ワイン(なければ酒):大さじ1

<つくり方>
しいたけは軸を切り落とし、一口サイズに切り、まいたけは一口サイズに手でちぎる。しめじは石づきを切り落とし、にんにくは皮をむいてみじん切り。

フライパンににんにく、オリーブオイルを入れて弱火で熱し、香りが立ったら、しいたけ、まいたけを加えて塩をふりかけ、弱火で10分炒める。

白ワインをふりかけてさらに5分炒めたあと、フードプロセッサーに入れてなめらかになるまで混ぜたら完成。

アレンジ1.
スープ

きのことバターの相性は言わずもがな。バターの原料である牛乳との相性ももちろん抜群。主材料3つ、しかも2ステップで作れる絶品スープをどうぞ。

<材料:1人分>
きのこの万能コク旨ペースト:大さじ2
牛乳:150ml
バター:5g
塩こしょう:適量

<つくり方>
鍋にきのこの万能コク旨ペースト、牛乳を入れて中火で熱し、沸騰させないように温める。そこにバターを加え、塩こしょうで味を調えて完成。

アレンジ2.
パスタ

コクと塩気が売りのパルメザンチーズは、まったりとしたきのこペーストとよく合います。初めから粉状で売られているパルメザンチーズでOK。手軽にレストランのような味に仕上がって、驚くこと間違いなしです。

<材料:1人分>
スパゲッティ:80g
Aきのこの万能コク旨ペースト:大さじ2
Aパルメザンチーズ:大さじ2
Aオリーブオイル:大さじ1
塩こしょう:適量
パセリ:適量

<つくり方>
フライパンにお湯を沸かして塩(お湯の量の1%)を溶かし、スパゲッティを袋の表示時間より1分短く茹でたらザルにあげる。フライパンにAを入れて、スパゲッティを入れて絡め、塩こしょうで味を調える。器に盛り、みじん切りにしたパセリを散らしたら完成。

アレンジ3.
ベーコンポテトサラダ

ほくほくのポテトとベーコンには、きのこの香りがベストマッチ。マヨネーズの酸味がアクセントになって、いつものポテトサラダが格段にレベルアップします。

<材料:1人分>
じゃがいも:1個
ブロックベーコン:50g
Aきのこの万能コク旨ペースト:大さじ1
Aマヨネーズ:小さじ2
塩こしょう:適量
粗挽き黒こしょう:適量

<つくり方>
じゃがいもは皮をむいて一口サイズに切る。耐熱ボウルにじゃがいもを入れてラップをし、火が通るまで600Wの電子レンジで3〜4分ほど加熱したらつぶす。そこにベーコンを加え、さらに30秒加熱したらAを加えて混ぜ、塩こしょうで味を調える。器に盛り、粗挽き黒こしょうをふって完成です。

あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
秋の味覚きのこ、その多くがこの時期に旬を迎えます。できるだけ新鮮に、長く旬のキノコをたのしむならば、冷凍保存がオススメ。冷凍することで「風味が悪くなる」な...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)では、著者の本山尚義さんが、直接現地の人に教えてもらったからこそわかる料理を、家庭でもかんたんに作...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
写真の一部だけが永遠に動く「シネマトグラフ」。これを料理写真に用いると……快感でしかない。
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
沖縄・那覇市にある「ゆうなんぎい」のお母さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味...
なんでジャンキーな食べ物っておいしそうに感じてしまうのだろう。けれど、涙が出るほどおいしい「ヘルシーな料理」だってあるのです。たとえば、キヌアとケールを使...
麺がおいしい季節となりました。生麺や乾麺、茹で麺など。麺にも様々な種類がありますが、ささっと食べられる茹で麺は忙しいときや料理に時間をかけたくないときに重...
世界とつながるためには、いろんな方法がある。旅行する。映画を見る。本を読む。そして海外で暮らし、働く。 でも五感をフルに活用すれば、もっとたくさんの「つな...