「発酵オムレツ」にヨダレが止まらない

日本にだって似たような「納豆チーズオムレツ」があるし、誰も発酵食品(チーズ) x 発酵食品(キムチ)の組み合わせ抵抗を感じる人はいないでしょう。

Food52」のAlison Romanが教えるこのメニュー、あえて本人は“ゲテモノ”なんて表現をしていますが、外カリ中フワ、こりゃ間違いなくおいしそう!!

5984813387350016
Photo by Bobbi Lin

私が初めてキムチとチェダーの組み合わせを口にしたのは、ミルクバーで働いていたときのこと。当時一緒に働いていたヘレン・ジョーが、お店の繁忙期に、よくチェダーチーズとキムチを一緒にはさみ込んだケサディアを作ってくれたんです。嬉しいことに必要な材料はたったの3つ。それに、それらは大抵の場合、冷蔵庫に常備してあるもの。

たしかに最初は疑ってかかりました。だってまさか辛い発酵食品のキムチがシャープでクリーミーなチェダーチーズと合うだなんて思いもしませんでしたし。でも、この味を知ってからは、もう虜。

とは言え、朝からケサディアはちょっと胃に重いので、私はオムレツにして毎朝食べています。これはお洒落で繊細で生焼けのフレンチオムレツとは、まったくのベツモノ。

表現は悪いですが、あえて言うならば“ゲテモノオムレツ”。通常より火を強めにして焼き、外見はカリッと、中身はトロッと仕上げる。細切りされたチェダーチーズは、卵をフライパンに流し込んだらすぐに振りかけるのがコツ。そうして溶けていくチーズは、卵と共にカリッと焼き上がりながらも、伸び〜るので、両方の食感が楽しめるっていうワケ。

<材料(4人分)>

卵(大):2個
コーシャーソルト:ひとつまみ
あらびきコショウ:ひとつまみ
無塩バター:大さじ1
細切りチェダーチーズ:大さじ2
キムチ(粗みじんにして):約60g

<つくり方>

1.小さいボウルの中に卵を割り、卵白と卵黄を淀みなくフォークでかき混ぜる(たくさん空気を含まず、まんべんなく混ぜる)。仕上げに塩コショウをまぶす。

2.中位のフライパン(カーボンスチール、ノンスティック、年季の入った鋳鉄がお薦め)にバターを流し込み、中火で温める。バターが溶けて、泡っぽくなってきたら卵を投入。卵が全体に広がるようフライパンの中で回す。その後すぐにチーズを投入し、キムチを入れる。卵の底は茶色掛かり、若干膨らみがあるのが◎。中身はまだゆるめが極み。2〜3分ほど焼く。

3.スパチュラを使って卵の端を持ち上げ、片端からオムレツをたたんでいく。通常のオムレツのようにコロコロ回してたたむでもいいし、それが苦痛な朝は、半月のように一回折り畳むだけでOK。完成!

卵は3個ではなく2個が個人的には好み。この分量だと、厚みがクレープくらいに仕上がるから。もう少し厚みのある生地がお好みなら(もしくはとてもお腹が空いているなら)卵は3個使ってもOK。

あと、私はカーボンスチールのフライパンを使っているけれど、ノンスティックでも鋳鉄でも仕上がりに大差はありません。

Licensed material used with permission by Food52
ふわふわ、とろとろ、芸術作品みたいなオムレツ。あれ、どうやって作ってるかというと…。
バルの定番メニューのひとつが、このスペイン風オムレツ「トルティージャ」。むずかしい料理ではないんだけれど、ジャガイモを茹でる手間や、フライパンでひっくり返...
アツアツのままはもちろん、室温に冷めてもおいしい「ツナキムチパスタ」。コチュジャンにバターを加えるのがポイントです!
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
静岡・浜松市のグルメといえば、うなぎか餃子。どちらもメジャーですが、もうちょっとディープに楽しむなら「うなぎの刺身」なんていかが? 蒲焼きでも白焼きでもな...
おなじみの料理でも最適の温度があるのですが、ご存知ですか?「弱火」「中火」「強火」なんてざっくりしてちゃ、失敗しちゃいますよ。
すっかり定着した発酵食ブーム。意識せずとも毎日の食卓に取り入れることこそ、上手な発酵食とのつき合いかたでしょう。そこで「味噌」です。料理家・平山由香さんの...
食べ過ぎ注意です。でも、止まらないおいしさなんです。
「発酵食は体に良さそうだけど、納豆ばかり食べられないし、毎日お味噌汁も作れない——」ヘルシーな食生活への意識が高い人が増えた一方で、発酵食品に難しいイメー...
オーブンも、発酵器も不要。フライパンを使った「チョコパン」レシピのご紹介。発酵時間を除けば、所要時間わずか20分!動画はたったの3分ですが、作り方のポイン...
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
ひとりの旅行でも、誰かと一緒の旅行でも。片手でパッと食べられる食べ物を紹介します。
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
麺がおいしい季節となりました。生麺や乾麺、茹で麺など。麺にも様々な種類がありますが、ささっと食べられる茹で麺は忙しいときや料理に時間をかけたくないときに重...
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
花粉症シーズン真っ只中。辛くて薬が手放せない、なんて人も多いのでは? 早速、花粉症の症状を和らげる効果が期待できる食べ物や飲み物を紹介していきましょう。0...
手づくりのオフィスランチをチーム制で楽しんでいるTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場を共有した...
オフィスランチをメンバー持ち回りで手作りしているTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもおいしいけれど、いろいろな人とこの場を共有したらもっと...
書籍『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)は、著者自信が、現地で料理修行をしたからこそわかる各国の食文化と一緒に、家庭で気軽に作れるレシ...
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...