「発酵オムレツ」にヨダレが止まらない

日本にだって似たような「納豆チーズオムレツ」があるし、誰も発酵食品(チーズ) x 発酵食品(キムチ)の組み合わせ抵抗を感じる人はいないでしょう。

Food52」のAlison Romanが教えるこのメニュー、あえて本人は“ゲテモノ”なんて表現をしていますが、外カリ中フワ、こりゃ間違いなくおいしそう!!

5984813387350016
Photo by Bobbi Lin

私が初めてキムチとチェダーの組み合わせを口にしたのは、ミルクバーで働いていたときのこと。当時一緒に働いていたヘレン・ジョーが、お店の繁忙期に、よくチェダーチーズとキムチを一緒にはさみ込んだケサディアを作ってくれたんです。嬉しいことに必要な材料はたったの3つ。それに、それらは大抵の場合、冷蔵庫に常備してあるもの。

たしかに最初は疑ってかかりました。だってまさか辛い発酵食品のキムチがシャープでクリーミーなチェダーチーズと合うだなんて思いもしませんでしたし。でも、この味を知ってからは、もう虜。

とは言え、朝からケサディアはちょっと胃に重いので、私はオムレツにして毎朝食べています。これはお洒落で繊細で生焼けのフレンチオムレツとは、まったくのベツモノ。

表現は悪いですが、あえて言うならば“ゲテモノオムレツ”。通常より火を強めにして焼き、外見はカリッと、中身はトロッと仕上げる。細切りされたチェダーチーズは、卵をフライパンに流し込んだらすぐに振りかけるのがコツ。そうして溶けていくチーズは、卵と共にカリッと焼き上がりながらも、伸び〜るので、両方の食感が楽しめるっていうワケ。

<材料(4人分)>

卵(大):2個
コーシャーソルト:ひとつまみ
あらびきコショウ:ひとつまみ
無塩バター:大さじ1
細切りチェダーチーズ:大さじ2
キムチ(粗みじんにして):約60g

<つくり方>

1.小さいボウルの中に卵を割り、卵白と卵黄を淀みなくフォークでかき混ぜる(たくさん空気を含まず、まんべんなく混ぜる)。仕上げに塩コショウをまぶす。

2.中位のフライパン(カーボンスチール、ノンスティック、年季の入った鋳鉄がお薦め)にバターを流し込み、中火で温める。バターが溶けて、泡っぽくなってきたら卵を投入。卵が全体に広がるようフライパンの中で回す。その後すぐにチーズを投入し、キムチを入れる。卵の底は茶色掛かり、若干膨らみがあるのが◎。中身はまだゆるめが極み。2〜3分ほど焼く。

3.スパチュラを使って卵の端を持ち上げ、片端からオムレツをたたんでいく。通常のオムレツのようにコロコロ回してたたむでもいいし、それが苦痛な朝は、半月のように一回折り畳むだけでOK。完成!

卵は3個ではなく2個が個人的には好み。この分量だと、厚みがクレープくらいに仕上がるから。もう少し厚みのある生地がお好みなら(もしくはとてもお腹が空いているなら)卵は3個使ってもOK。

あと、私はカーボンスチールのフライパンを使っているけれど、ノンスティックでも鋳鉄でも仕上がりに大差はありません。

Licensed material used with permission by Food52
ふわふわ、とろとろ、芸術作品みたいなオムレツ。あれ、どうやって作ってるかというと…。
バルの定番メニューのひとつが、このスペイン風オムレツ「トルティージャ」。むずかしい料理ではないんだけれど、ジャガイモを茹でる手間や、フライパンでひっくり返...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。
愛知県犬山市(いぬやまし)は、日本最古の城「犬山城」がそびえ立ち、雰囲気のいい城下町が今も元気だ。そこに、かつてはタカラヤという名の家具屋さんだった、5階...
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきた...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
春の行楽シーズンは、ちらし寿司や茶巾寿司など、薄焼き卵を焼く機会が増えてくるもの。普段のお弁当においても、彩りに重宝する料理です。ただ、薄焼き卵って地味だ...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
おなじみの料理でも最適の温度があるのですが、ご存知ですか?「弱火」「中火」「強火」なんてざっくりしてちゃ、失敗しちゃいますよ。
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...