ほぼ卵だけで作れる「進化系TKG」をまとめました!

忙しい朝の強い味方、たまごかけごはん(TKG)。卵は体に必要な栄養素のほとんどがバランスよく含まれている完全栄養食です。時間がない時こそ、しっかりと栄養を摂りたいものですが、毎日同じでは飽きてしまいます。そこで! 少し変わった進化系TKGをまとめて紹介します。

黄身の旨味をギュッと濃縮
「冷凍たまごTKG」

th_tkg3
冷凍した卵黄は、もちもちな食感。そして、濃厚な口当たりです。卵黄の美味しさがぎゅっと凝縮されています。ちびちびと崩しながらごはんに絡めてお召し上がりください!

【材料:1人分】ごはん   茶碗1杯分たまご   1個醤油    適量【作り方】①たまごを殻ごと冷凍させる。②たまごを解凍させる。③器にごはんを盛り、(②)をのせて醤油をかける。

たっぷりのごはんと!
「黄身のしょうゆ漬けTKG」

th_tkg2
醤油漬けした黄身は、黄身のうま味と醤油のうま味が合わさり、深みのある味わいです。黄身のしょうゆ漬けは塩気が強いので、少量を箸でつまんでたっぷりのごはんと一緒にどうぞ!

【材料:1人分】ごはん   茶碗1杯分卵黄    1個醤油    適量【作り方】①密封容器に卵黄、醤油を入れて冷蔵庫にひと晩おく。②器にごはんを盛り、(①)の卵黄をのせる。

ごま油がポイントに
「半熟目玉TKG」

th_tkg4
とろ〜り半熟に火を通した目玉焼きをザクザクっと崩しながら召し上がれ! ごま油で焼くと香ばしさが加わり食欲をそそりますよ。

【材料:1人分】ごはん   茶碗1杯分たまご   1個ごま油   小さじ1醤油    適量【作り方】①フライパンにごま油を引いて中火にかけ、たまごを割り入れて半熟になるまで火を通す。②器にごはんを盛り、(①)をのせて醤油をかける。

食感のコントラスト!
「フライドエッグTKG」

th_tkg5
白身のフチはカリっ、黄身はとろんとした絶妙なバランスの食感がたまりません!

【材料:1人分】ごはん     茶碗1杯分たまご     1個醤油      適量サラダ油    適量【作り方】①フライパンに多めのサラダ油を入れて中火で熱し、たまごを割り入れてフライドエッグを作る。②器にごはんを盛り、(①)をのせて醤油をかける。

しゅわしゅわが癖になる
「メレンゲのせTKG」

th_tkg1

メレンゲがしゅわしゅわっと口の中でとろける新食感のTKGです。たまごの旨味がふわっと口の中に優しく広がります。

【材料:1人分】ごはん   茶碗1杯分たまご   1個醤油    適量【作り方】①たまごは卵黄と卵白に分け、卵白は泡立ててメレンゲをつくる。②器にごはんを盛り、メレンゲ、卵黄をのせて醤油をかける。

食事は日々のエンターテインメント。エンターテインメントは栄養と同じで身体に溜めておくことができないからこそ日々の食事をチョットだけ楽しむ工夫をする意義があると思います。あなたの朝ごはんをチョット楽しくするアイデアとして、ぜひ進化系TKGを試してみてくださいね。

フードクリエイティブファクトリー

暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制作チーム。農水省の海外向け和食PRサイト Taste of Japanへのレシピ提供や、シンガポールで連載や地方自治体のイベントプロデュースや料理教室など、日本の素敵な暮らしを世界へ発信しています。

れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
思い立ったらすぐ作れるのに、炭水化物とタンパク質の両方が摂取できる。卵かけごはんは、忙しい朝の救世主だ。だけどビジュアルの地味さと庶民感は拭えない。そんな...
静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきた...
大阪の「自由軒のカレー」と言えば、カレーとご飯を混ぜた茶色いお米の上に卵が落としてある独特の姿が有名。そんな自由軒のおいしいカレーの味を、好きな時に好きな...
みんなをアッと驚かす。そんなゆで卵をつくってみませんか?
春の行楽シーズンは、ちらし寿司や茶巾寿司など、薄焼き卵を焼く機会が増えてくるもの。普段のお弁当においても、彩りに重宝する料理です。ただ、薄焼き卵って地味だ...
正直に言うと「卵を置くだけなのに、こんなにかわいい必要ある?」という感じですが、斬新で気になるけど自分で買うほどでもないアイテムってギフト向きだったりする...
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。
「PECKISH」は、ゆで卵とシーズニングがセットになった商品です。そのシーズニングにゆで卵をディップして食べるんです。
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
台湾のコンビニで寸胴鍋に入ったまっ茶色のそれを見たことがありませんか。これ、「茶葉蛋」という立派な料理で、おやつ代わりに食べたり、中国茶のお茶請けとして提...
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。