衝撃!ピンク色のゆで卵

どうです?この衝撃なまでのピンク色。

みんなをアッと驚かす、そんなゆで卵をつくってみましょう。ピクニックでも持ち寄りのパーティーでも、とにかく視線が集まる先はココ!

このゴキゲンさに
ついてこれる?

©2018 FOOD CREATIVE FACTORY

では、どうやってピンク色を生み出しているか。知ってしまえばめちゃめちゃカンタン。

正解はボルシチなどに使われる野菜ビーツです。これの缶詰の煮汁に調味料を合わせたベースをつくって、そこに茹で上げた卵を浸けこむだけ。

まずは1缶分の煮汁とお水(300ml)、赤ワインビネガー(大さじ3)、大さじ半分のきび砂糖、小さじ半分のお塩、を火にかけ沸騰したら、ゆで卵を入れます。粗熱が取れたら保存容器に移し、冷蔵庫でひと晩。ときどき転がすと、全体がムラなく色づきますよ。

Top photo: © FOOD CREATIVE FACTORY
Text used with permission byFOOD CREATIVE FACTORY
「PECKISH」は、ゆで卵とシーズニングがセットになった商品です。そのシーズニングにゆで卵をディップして食べるんです。
正直に言うと「卵を置くだけなのに、こんなにかわいい必要ある?」という感じですが、斬新で気になるけど自分で買うほどでもないアイテムってギフト向きだったりする...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
弁当の中に入れたり、朝食時によく食べたりするゆで卵。いつも同じでちょっと飽きたという方に、ここでは少し変わった作り方をご紹介。ポイントはグルグルと回すこと...
人気ゲーム「フォートナイト」が「赤十字国際委員会(ICRC)」と異色コラボした新ゲームモード「ライフラン」は、ゲームを通して、地雷撤去や救援物資の支給、イ...