衝撃!ピンク色のゆで卵

どうです?この衝撃なまでのピンク色。

みんなをアッと驚かす、そんなゆで卵をつくってみましょう。ピクニックでも持ち寄りのパーティーでも、とにかく視線が集まる先はココ!

このゴキゲンさに
ついてこれる?

©2018 FOOD CREATIVE FACTORY

では、どうやってピンク色を生み出しているか。知ってしまえばめちゃめちゃカンタン。

正解はボルシチなどに使われる野菜ビーツです。これの缶詰の煮汁に調味料を合わせたベースをつくって、そこに茹で上げた卵を浸けこむだけ。

まずは1缶分の煮汁とお水(300ml)、赤ワインビネガー(大さじ3)、大さじ半分のきび砂糖、小さじ半分のお塩、を火にかけ沸騰したら、ゆで卵を入れます。粗熱が取れたら保存容器に移し、冷蔵庫でひと晩。ときどき転がすと、全体がムラなく色づきますよ。

Top photo: © FOOD CREATIVE FACTORY
Text used with permission byFOOD CREATIVE FACTORY
「PECKISH」は、ゆで卵とシーズニングがセットになった商品です。そのシーズニングにゆで卵をディップして食べるんです。
正直に言うと「卵を置くだけなのに、こんなにかわいい必要ある?」という感じですが、斬新で気になるけど自分で買うほどでもないアイテムってギフト向きだったりする...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
弁当の中に入れたり、朝食時によく食べたりするゆで卵。いつも同じでちょっと飽きたという方に、ここでは少し変わった作り方をご紹介。ポイントはグルグルと回すこと...
創業250年の老舗みりんメーカー「九重味淋」(愛知県碧南市)が、本みりんにほうじ茶を漬け込んだリキュール「Rincha」を開発。アルコール度数は13%。お...
台湾のコンビニで寸胴鍋に入ったまっ茶色のそれを見たことがありませんか。これ、「茶葉蛋」という立派な料理で、おやつ代わりに食べたり、中国茶のお茶請けとして提...
ゆで卵ではなく「煮卵」でつくるタマゴサンド。
「ケンコーマヨネーズ」は、イースターに欠かせない食材である「卵」を使った「カラフルゆで卵」の作り方を特設ページにて公開。作り方はドレッシングやソースに漬け...
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。
割れないよう安全に持ち運ぶ最適なデザインが、必ずしも現行のものでなくても良いのではないか?はじまりはそんなギモンからでした。
デンマークで一般的なライフスタイルや考え方を表した言葉「ヒュッゲ」。この記事では、ヒュッゲについて解説し、ヒュッゲを生活に取り入れていくヒントをご紹介していく。
行楽シーズン到来で、ちらし寿司や茶巾寿司など、薄焼き卵を焼く機会が増えてくるもの。普段のお弁当においても、彩りに重宝する料理です。ただ、薄焼き卵って地味だ...
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
思い立ったらすぐ作れるのに、炭水化物とタンパク質の両方が摂取できる。卵かけごはんは、忙しい朝の救世主だ。だけどビジュアルの地味さと庶民感は拭えない。そんな...
「茹でた卵を元の生卵に戻す!?」そんな、実現不可能に思えることを、何年も前から世界中の化学者たちは、大真面目に研究に取り組んでいたようです。カリフォルニア...
お菓子づくりで重宝するマフィン型ですが、それ以外まったく出番がないなんてモッタイナイ!
精神科医・奥田弘美先生曰く、ストレス解消にもおすすめだというクラゲ鑑賞。7月9日にリニューアルオープンする「サンシャイン水族館」の「海月空感(くらげくうか...
7月16日まで、クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」にて資金調達をおこなっている「QuenchSea」は、海水をきれいな真水に変える携帯浄水...
静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきた...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
名称は「ウェボス・ディボルシアードス」。
知ってるだけで何倍も料理がおいしくなるテクニック。これまでの常識がガラリと変わるかも!?
思わず、「これは知りたかった!」と歓喜してしまう“表”がTwitterで話題。なんと、茹で時間ごとの卵の状態が、一目で分かってしまう画期的なものなのです!...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。