【便利】「糸で切る」を、ちゃんと覚えよう!

ケーキを切っていたら、生地がつぶれてクリームがはみ出してしまったり、ゆで卵を切ろうとしたら黄身がボロボロになったり……。包丁でうまく切ることができない食材ってありますよね。

そんな時は「糸」を使えばキレイに、かつスピーディに切ることができます。よく知られた方法ですが、あらためて実践してみましょう!

用意するのは糸だけでOK!
キレイに切れる理由

0dd404b5ff80bdc4d907a90123066d2c0416a90a

糸を使うとキレイに切れる理由は、食材全体に均等に圧力をかけることができるため。食材に糸を巻きつけることで360度全方向から力がかかるため、食材がつぶれることなく切ることができるのです。

包丁を使うと上から押しつける力しかかからないため、下にある食材ほど、どうしても潰れてしまいます。

糸を使った切り方

0b9928ed003ff630ba5355e8f6da4c180d4491b3

たった3つのステップでキレイに切ることができますよ。

①糸の上にケーキを置く
②糸をケーキの上でクロスさせる
③ぎゅっと引っ張る

ご紹介した方法で、ハンバーガーやサンドイッチ、シュークリーム、ゆで卵だってキレイに切れるからおどろきです。包丁よりも手早く切れて、さらに、洗いものの時間もかからないのでスピーディ。もうケーキの取り分けで手間取ることはありません。

ちなみに、タコ糸などでも切れるのですが、少し太すぎて切り口が粗くなるので、ミシン糸などなるべく細い糸がおすすめです。切りにくい食材は糸を使って美しく切り分けてくださいね。ぜひお試しください!

フードクリエイティブファクトリー
「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
弁当の中に入れたり、朝食時によく食べたりするゆで卵。いつも同じでちょっと飽きたという方に、ここでは少し変わった作り方をご紹介。ポイントはグルグルと回すこと...
アウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」が開発を進める、新製品のアウタージャケットに、いま世界のアパレル業界が注視してい...
その長さ距離にして約2キロメートル。1本の長〜い黒糸と28インチの自転車のリム。道具はこの二つだけ。あとは、リムの外周に200個設置したフック状の錨に、た...
春の行楽シーズンは、ちらし寿司や茶巾寿司など、薄焼き卵を焼く機会が増えてくるもの。普段のお弁当においても、彩りに重宝する料理です。ただ、薄焼き卵って地味だ...
「WonderHowTo」で紹介されていたのは、卵の殻の利用術。ライターBrady Klopferさんによれば、彼が1年でどのくらいの卵を食べているか計算...
「茹でた卵を元の生卵に戻す!?」そんな、実現不可能に思えることを、何年も前から世界中の化学者たちは、大真面目に研究に取り組んでいたようです。カリフォルニア...
思わず、「これは知りたかった!」と歓喜してしまう“表”がTwitterで話題。なんと、茹で時間ごとの卵の状態が、一目で分かってしまう画期的なものなのです!...
台湾のコンビニで寸胴鍋に入ったまっ茶色のそれを見たことがありませんか。これ、「茶葉蛋」という立派な料理で、おやつ代わりに食べたり、中国茶のお茶請けとして提...
イラレの操作スキルがあれば、なんでもリアルに再現できてしまうけれど、もっと身近な「針」と「糸」で、それを叶えるアーティストがいる。
テクノロジーが進化し、どんどん便利になる今日この頃。目新しいアイテムも魅力的ですが、一方で「昔ながらの知恵」に立ち返りたくなることもあります。たとえば、消...
ロシアで活躍する刺繍作家のKrista Decorは、動物や植物をモチーフにした数々の作品を生み出している。モチーフとなるものと天然石やビーズなど一つひと...
まな板の上で切った具材を、包丁の腹でサッ。っと右手に寄せれば重さが計測できちゃいます。たったこれだけですが、便利ですよね。このコンセプト・デザインが話題に...
おいしいお味噌汁をつくるとなると、「まずは出汁をとらなくては…」という手間が億劫という話をよく聞きます。たしかに出汁はお味噌汁に欠かせないもの。料理家・平...
"ドイツはゾーリンゲンの刃物メーカー、〈Boker(ボーカー)〉のハサミは、機能美という言葉に尽きます。金属の仕上げやハンドルのくびれなど、使いやすさと美...
寄り添いあっていても、手を重ねていても。
静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきた...
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
やっぱり子どもに包丁を持たせるのは怖いし、大人でも料理初心者の包丁使いにはハラハラ。でも、何事も挑戦しなきゃ上達なんてできないから。