ホットカーペットの電気代を節約するための5つの方法

ついつい「つけっぱなし」になりがち。大きさにもよりますが、いくら省エネ仕様のものでも、電気代がかさんでしまうことも…。寒い冬場でも取り入れやすいように節約しながらうまくホットカーペットを使用する方法を紹介します。

1.ホットカーペットの強みを活かそう

暖房器具にもそれぞれ特徴があって、強みがあります。

例えば冬場によく使用されるエアコンやファンヒーター。
これらは空間を温めるのに適しています。一方、ホットカーペットは一部分を温めるための器具。ここがポイントです。

つまり、部屋の大きさなどによってはホットカーペットだけで温まろうとするのは電気代節約には良くないということ。

2.部屋の大きさに合ったものを使おう

次に、ホットカーペットを使用するときに注意したいのが、本当に部屋や使用する目的に合った大きさなのかということ。
あったかい方が良いからと言って、安易に大きめのホットカーペットを購入してしまうと、後で後悔することになるかもしれません。

例えば、部屋全体を包み込めるようなホットカーペットを購入したとします。
しかし、部屋自体が大きいと使用されていない部分も少なからず出てくるはず。
その、使用されていない部分というのは、無駄に温められているいらない部分なのです。
こうした無駄が発生することによって、実際に使っている面積は狭くても、電気代がかさむ要因になってしまいます。

ホットカーペットを新調する際は、部屋の面積や使用目的を考えてから購入するようにしましょう。
大きさが変わるだけでも、電気代は大きく変わってきます。
もし、ホットカーペットが既にある場合は、機能が備わっていれば半面運00076352241_Large転など機能をうまく使ってみると良いでしょう。

3.断熱材をカーペットと床の間にはさんでみる

 

床の上にそのままホットカーペットを引いて使っている方は、ぜひ床とホットカーペットの間に断熱シートを挟んでみましょう。

冬場は床が冷たくなりがちですから、いくらホットカーペットを使っていると言っても床の冷気にさらされ熱が逃げやすい状態になっています。

そこで、活躍するのが断熱シート。
断熱シート一枚を挟むだけで、熱の逃げにくさがだいぶ改善されるのです。

4.できるだけ中運転にしておく

ホットカーペットを強で運転するのはあまりおすすめしません。

ホットカーペットを強にすることによって、温めようとする力が強まり、その分電気代も消費してしまうからです。

できれば中運転で使うようにしましょう。

5.他の冬場のアイテムをうまく使う

ホットカーペットの電気代を節約するなら、他の暖房器具などとうまく組み合わせることが電気代節約のコツです。

あまりお金がかからない方法として取り入れたいのが、分厚い靴下やネックウォーマーなど暖かいファッションを取り入れるということ。

どうしても寒い場合は、こたつやファンヒーターなどを併用して利用してみるのも良いです。

ホットカーペットは、冬場の暖房器具の中でも電気代を消耗しがちなアイテムです。うまく使うことが電気代節約の近道。冬場の電気代がかさんでしまいがちだという方は、一度ファンヒーターの使い方を見直してみましょう。

他の記事を見る
冬になると暖房費がかさんで、電気代が高くなりがちです。冬の電気代は気になるものですが、寒いのは我慢したくないですよね。電気代が高くなるからと暖房をつけるの...
空気を乾燥させたり汚したりすることがなく、温風によってほこりが舞うこともない。そんなメリットだらけの床暖房ですが、一方でネックとなってくるのは、電気代では...
節約、とくに水道代について考えたことは? 水道代は段階式に値段が上がっていくので一概には言えませんが、相場を見ると1リットルあたり約0.25円が平均となっ...
01.無料でできる!契約アンペアを見直してみようアンペール(1775年〜1836年)物理学者、数学者。電流の流れる方向と磁場の向きに関する「右ねじの法則」...
ベルギーの首都ブリュッセルの中心地にある大広場、グラン・プラス。「世界でもっとも美しい広場」と形容されるこの場所で、2年に1度開催されているのがフラワーカ...
「2000N Pressed Shoe」というスニーカーのアッパー素材になっているのは、レザーでもなくスウェードでもなく、車のカーペットです。
真冬とチョコレートのかけ算はズルさがある。たとえ、オーナーが有名バリスタで、本格派コーヒーを出す店『COFFEEHOUSE NISHIYA』でも、ホットチ...
丁寧な暮らし、つまり心が豊かになるような生活は、無理な節約をしていると叶いません。節約をするにしても、無理やりするのではなく、できることなら楽しみながら行...
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
「mindbodygreen」において、ライターのCortney Harden氏が、家庭用品を使ってお金を節約する72の方法を紹介しています。曰く、既製品...
気持ちも温まるホットチョコレートを飲めるカフェ。晴れた日に、ふらっと立ち寄りたい『COFFEE SUPREME TOKYO』は公式サイトにも、Instag...
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
フィンランドのスタートアップ「Solar Foods」は、空気と電気を主な原料として、プロテインを生成することに成功しました。
地球に暮らす人々が抱える社会問題に手を打つべく、「Hi Fly Airline(ハイフライ航空)」というポルトガルの航空会社は、使い捨てプラスチックの節約...
「The Duo Carafe」は、本体に入っている水をコップなどに注ぐ瞬間に熱湯にしてくれる電気ケトル。温度も99℃までなら細かく調節可能なので、いろん...
ホットウィスキーが気づかせてくれたのは、お花見は「さくらを眺めるとき」でもあり、「年度最後の寒さを感じるとき」だということ。そんな風に思えば、少しは寒さが...
表面はカリカリ、中はとろっとろのチーズたっぷりホットサンド。お店で提供されるあのおいしさを自宅で作れたらどんなにしあわせか。ならばホットサンドメーカーを手...
ホットチョコレートを飲めるカフェ『VERVE COFFEE ROASTERS』を訪ねてみた。見た目の可愛さに反したスパイシーな香りが、少し背伸びした気分に...
20代は目を肥やす時間。30代はそこでの学びをもとに自分にあった判断が下せるようになる年代。ライターSuzanne McKenzieのこのメッセージ(「E...
30代は人生において活力に満ち、転機を迎える時期。フォトグラファーのStephaneさんとライターのAnneさんは、世界中の30代にフォーカスしてポートレ...