クルマのカーペット!?で造られたシューズ

好きな人にはウケるんじゃないかな〜。

「2000N Pressed Shoe」というスニーカーのアッパー素材になっているのは、レザーでもなくスウェードでもなく、クルマのカーペットで使われるテキスタイル。正しくは「Colback®」というもので、他にはオフィスのカーペットなんかにも利用されています。手入れがしやすく、耐久性があるのがウリ。つまり、「2000N Pressed Shoe」も同じような特長が備わっています。

スニーカー以外にもスリッポンもあり、これはコンビニに行くときくらいにちょうどいいルックス。

これ、販売はされていないのですが、もしも自分が買うならスリッポンにするかも!

Top image: © Studio Joris de Groot
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
Polo。かつて世界の大衆車として君臨していたフォルクスワーゲンのGolfに代わり、その地位を着々と固めているのがこのクルマ。一般大衆にこそ静寂なクルマが...
静かな空間としてのクルマ選び。ロールス・ロイスが本気で挑んだ「世界で最も静粛なクルマ」をラインナップに入れずにはいられません。
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
米「HYPELEV」社がスニーカーを空中に浮遊させて飾れるデバイス「Levitation Display Stand」を販売中。
英国のシェフ専門エプロンブランドと国内ブランドによる「エプロンウェア」のポップアップストアがHIBIYA CENTRAL MARKETで開催。
今回は原宿にある「Allbirds」。アメリカのTime誌が「世界一快適なシューズ」と紹介したサステイナブルなスニーカーを履いてみました!
捨てられる牛乳を使ったアップサイクル繊維を採用したシューズ、「MILK LINE」。
ヒュンダイが発表したのは「歩くクルマ」。道路を走行できる上に、脚がグイーンと伸びて、障害物を乗り越えられるような仕様です。
出張先で仕事に励むアナタのレンタカー問題に終止符を打ってくれるマツダ「デミオ」。
Reebokの新イノベーションシューズ「NPC UK Cotton + Corn」。オーガニックコットンや工業用トウモロコシが使われていて自然に優しいので...
LGBTに関する法整備で世界に大きく遅れをとる日本。そんな状況でも、企業が婚姻の平等に賛同するメッセージを発信することは、社会を変える大きな力になるという。
2023年の実用化に向けて「空飛ぶクルマ」の機体開発を目指す「SkyDrive」らと共同で、日本の大手総合スポーツ用品メーカー「ミズノ」が乗員用座席の開発...
テスラ。静かなクルマ選びでいったら当然、静かです。だってエンジン積んでないんだもの……。聞こえる音は、タイヤが転がる音と風を切る音がメイン。
絆創膏ブランドのBAND-AID®キズパワーパッド™は、就活生の靴ずれをなくすための「#スニ活」を開始。同時にスニーカーの販売も始め、新しいリクルートファ...
NSX。エンジンをスタートした瞬間に“音”で存在感を表すのがスポーツカーですが、NSXは他と比べて静寂の一言。スーパースポーツの姿でも、静かな様子はスマー...
もとになっているのは、カナダ軍のトレーナーシューズ。
ブラックフライデーに合わせて、史上最大のサイズを誇るレゴブロックセットが発売された。「コロッセオ」という今回のレゴは、ローマ帝国のシンボルであるコロッセオ...
仕事モードに入りたいとき、頭の中を整理したいとき、気持ちをオフモードにしたいときなど「切り替え」のためのノンカフェインティー「daytune.-tea」が登場。
さまざまなアーティストがカスタムしたスニーカーを購入できるプラットフォーム「The Custom Movement」。希少性の高いNIKEやVANSが勢揃い!
カジュアルブランド「Bershka(ベルシュカ)」は、2019年の春夏アイテムとしてシースルースニーカーを発売。透け感のある素材で作られたスニーカーは、ソ...
一見、フツーのスリッポンだが、まず手に取った瞬間に驚く。軽い! で履いてみると、やっぱり軽い。
国際輸送物流会社「DHL」のロゴがあしらわれたスニーカーが登場。同社の創立50周年を記念し、ラグジュアリーリテーラー「Budapester」とのコラボレー...
スニーカーのアッパーを取っ払って、そのまんま履けるようにした、大胆なシューズがこの「Link」。
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。