企業戦士に贈るべき「デミオ」
〜音のないクルマ選び②〜

自分だけの静かな空間……。

こういう見方でクルマを選ぶ。エンジンとかメカ的なスペック、先進技術、金額などではなく。

仕事使いでも集中の時間と運転の楽しさをくれる

仕事にクルマを使って動き回るという人、もしくはそうしたいと考えている方って、どんなクルマに乗りたいでしょうか?

移動が速いクルマ?自動で連れて行ってくれる先進技術を搭載?疲れをとるマッサージ機能つき?

ここでも、「静寂」をポイントにしてみてはいかがでしょう。静かで運転が楽しければ、仕事のストレスも少しは軽減されるのではないかと。そうであれば、次の訪問先への移動の間に頭をリセットするなんてこともできる。

そこで、この問題に終止符を打ってくれるのがマツダ「デミオ」。

©MAZDA

【マツダ デミオ】

仕事向きなクルマって特別にスタイルや見栄えをマスト条件にしなければ、低価格で小回りが利き、駐車もしやすいサイズになってきますよね。で、現行の国産コンパクトカーでは、デミオに優位性を感じます。

確かにコンパクトカーとしてのスペックや価格でもそうですし、静音性の面でも他車と横並びかもしれません。

でも、デミオには欧州車のようなドアの密閉感があります。閉じたときの音には、仕事をした現場に、ひと区切りつけてくれさえする。それに、乗車した際に自分の部屋に篭った感もある。静かに闘志を燃やしつつ、仕事への専念させる雑音のない空間がそこにあるんです。

©MAZDA

何よりもドライビングが楽しいというのもセレクトのポイント。走りの小気味よさを持つディーゼルエンジンだったり、ギアチェンジの楽しさを味わうマニュアルトランスミッション採用した仕様車があります。設定でも攻めた姿勢のデミオなんです。そういった点で、他メーカーのコンパクトカーの斜め上を行ってる感は強い。

内装も他のコンパクトカーに比べ上質に感じることでしょう。欧州車の流行りのいいところをまとめた感じの室内がドライビングプレジャーを増幅させてくれます。

©MAZDA

出張先で共に闘ってくれる相棒

このクルマの本来のよさはレンタカーでも直感に訴えかけてくれるはず。というのも、仕事で利用するシーンって、所有車として乗るよりも、地方出張した際にお世話になるレンタカーだ、というほうが多いのではないでしょうか。

慣れない都市で繰り広げられる訪問先との打ち合わせに次ぐ打ち合わせ。その間を繋ぐ空間がレンタカーの車内ということもあったり。そんなときも、静かでドライビングが楽しいと、気持ちよく次の現場へ向かえる。

「毎日のちょっとした運転がきっと楽しくなるというマツダの狙い通り、私たちが出張で闘うときの相棒になる。もしも、レンタカー予約時に車種を選択できるようなら「新しいデミオありますか?」の一言をお忘れなく!

Top image: © MAZDA
「静か」をキーにクルマを探そう!
静かな空間としてのクルマ選び。ロールス・ロイスが本気で挑んだ「世界で最も静粛なクルマ」をラインナップに入れずにはいられません。
Polo。かつて世界の大衆車として君臨していたフォルクスワーゲンのGolfに代わり、その地位を着々と固めているのがこのクルマ。一般大衆にこそ静寂なクルマが...
テスラ。静かなクルマ選びでいったら当然、静かです。だってエンジン積んでないんだもの……。聞こえる音は、タイヤが転がる音と風を切る音がメイン。
NSX。エンジンをスタートした瞬間に“音”で存在感を表すのがスポーツカーですが、NSXは他と比べて静寂の一言。スーパースポーツの姿でも、静かな様子はスマー...
ドムドムバーガーの大ヒット商品、期間限定「丸ごと!!カニバーガー」。食べられるのは今のうち!
ヒュンダイが発表したのは「歩くクルマ」。道路を走行できる上に、脚がグイーンと伸びて、障害物を乗り越えられるような仕様です。
ドイツのスタートアップ「holoride」が開発したのは、クルマの中でプレイするためのVRゲーム。ただ仮想現実を体感させるだけでなく、曲がったり止まったり...
英国の心意気をもったクルマ、MINIの未来的クルマ「MINI CROSSOVER PHEV」。クルマについての経験ある40代のエディターが一週間プライベー...
フランス人アーティストが改造し、誕生したキッチンカー。フライドポテトが作れるキッチンが設置されたものです。知らずに目の前で「パカッ」とされたら驚いてしまい...
空飛ぶクルマの開発を進めるベンチャー企業「スカイリンクテクノロジーズ」が無人航空機(PPD-150)および航空機(PPD-500)の製造について、経済産業...
伊勢の産物を使ったモノづくりで、「皆様へほんまもんの伊勢のもんを届けたい。長年お世話になった伊勢へ恩返しがしたい」と、伊勢神宮に奉職して38年が過ぎた73...
「Carstay」は、クルマで旅をしたいトラベラーと駐車場や空き地を貸して収益化したいホストをつなぐシェアリングサービス。アプリで現在地や目的地を入力し、...
1月10日、オートバックスが展開するライフスタイルブランド「GORDON MILLER」が、オリジナルで手がけたクルマを発表。
「2000N Pressed Shoe」というスニーカーのアッパー素材になっているのは、レザーでもなくスウェードでもなく、車のカーペットです。
「Moke Amphibie」は、水陸両用車。陸上モード時の最高時速は90km。しかも、四駆にもなるようだ。400ccの単気筒エンジンを搭載したポテンシャ...
大人として充実してきた今の生活に、プラスになる何かが欲しい!ってときに思いついたのがクルマ。お洒落で走りもいい「MINI」がやっぱりイイ!っていきついた。
11月下旬、五感を使って暗闇を体験する「ダイアローグ・イン・ザ・ダーク(DID)」が、国立競技場前の「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」を新たな拠点...
「旅先でもお洒落に過ごしたいけど荷物を減らしたい!」という悩みを解消すべく生まれた手ぶら旅行サービス「ANA TEBURA TRAVEL」がスタート!
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
ユニオン・ジャックの格好よさやスタイリッシュさを暮らしに欲しい。クルマで変革させるなら「MINI VICTORIA(ヴィクトリア)」。欲しいものをほどよく...
2019年のCESでアイシン精機が初公開した「i-mobility TYPE-C」。ドライバーの感情を読み取る技術が搭載されていて、気が立っていたら座席が...
仕事をサボりたいと考えていた、Papa Boardslide(Twitterのアカウント名)さんはフォトショップを使って、自分のクルマのタイヤを“パンク”...
フロリダと言えば「眩しい太陽が降りそそぐ街」、そんなイメージがありますよね。しかしその反面、高温多湿な気候ゆえに「クルマに放置された赤ちゃんやペットの死亡...