世界一の静かさを求めた「ファントム」
〜音のないクルマ選び①〜


自分だけの静かな空間……。

こういう見方でクルマを選ぶ。エンジンとかメカ的なスペック、先進技術、金額などではなく。

高級車の代名詞が誇る究極の静寂クルマ

このクルマの選び方で、「静寂=高級車」という考えに辿りつくのは当然のこと。

だったら、天下のロールス・ロイスが本気で挑んだ「世界で最も静寂なクルマ」を最初に挙げるのは、ズルいでしょうか?

©ROLLS-ROYCE MOTOR CARS

【ロールス・ロイス ファントム】

内装はおそらく自宅のソファよりも座り心地が良く、音響快適性も追及されているのは当然。だって、それを実現するために130kgもの遮音材を装備しているのですから。これは室内に音が入ってこないようにするために、それだけのたくさんの素材を用いているということ。小さな空間にレコーディングスタジオさながらの設備とでも言いましょうか……。

ただ、そうとなればドライブ音楽をひとつ聞くにも「最高の個室である」と言えるでしょう。シートの座り心地だって言わずもがな、最高級という言葉が似合う仕様ですから。

©ROLLS-ROYCE MOTOR CARS
©ROLLS-ROYCE MOTOR CARS

このロールス・ロイス ファントムは、走っていると路面から伝わるロードノイズを吸音する造り。そのため、ボディや窓も二重構造になっていて、発砲素材やフェルト層までも挿入して音の軽減を図っている。

それに、タイヤメーカーと協力し、タイヤの内部にまでそのノイズを消し去る特殊素材を採用。とにかく、静音性は至れり尽くせり。

そのこだわり、流石!と言うどころか、もはや一般人には理解不能デス。

©ROLLS-ROYCE MOTOR CARS

静かさを求めて最大級の背伸びも?

当然、「お値段、高いんじゃないの?」
なんて声が聞こえてきます。で、実際とんでもなく高価です。

このファントム、新車価格は5460万円からと、東京のベッドタウンに新築一戸建てがゲットできるレベル。
でも、ちょっと待って!その新築の一戸建てを我慢すれば手に入る!ってことです……だいぶ強引ですが。でも、圧倒的に静かな空間で、音楽を楽しんだり、無音の中で考えを巡らせたり。そんなことができる、究極の動く豪邸なのかもしれません。

これこそ、大人による最大級の背伸びだったりします。

Top image: © ROLLS-ROYCE MOTOR CARS
「静か」をキーにクルマを探そう!
Polo。かつて世界の大衆車として君臨していたフォルクスワーゲンのGolfに代わり、その地位を着々と固めているのがこのクルマ。一般大衆にこそ静寂なクルマが...
NSX。エンジンをスタートした瞬間に“音”で存在感を表すのがスポーツカーですが、NSXは他と比べて静寂の一言。スーパースポーツの姿でも、静かな様子はスマー...
テスラ。静かなクルマ選びでいったら当然、静かです。だってエンジン積んでないんだもの……。聞こえる音は、タイヤが転がる音と風を切る音がメイン。
出張先で仕事に励むアナタのレンタカー問題に終止符を打ってくれるマツダ「デミオ」。
「Airbnb」はバレンタインデーに向けて、イタリアのヴェローナにあるジュリエットの家「カーサジュリエット」に宿泊できる特別なプランを発表した。滞在中は専...