世界一の静かさを求めた「ファントム」
〜音のないクルマ選び①〜


自分だけの静かな空間……。

こういう見方でクルマを選ぶ。エンジンとかメカ的なスペック、先進技術、金額などではなく。

高級車の代名詞が誇る究極の静寂クルマ

このクルマの選び方で、「静寂=高級車」という考えに辿りつくのは当然のこと。

だったら、天下のロールス・ロイスが本気で挑んだ「世界で最も静寂なクルマ」を最初に挙げるのは、ズルいでしょうか?

©ROLLS-ROYCE MOTOR CARS

【ロールス・ロイス ファントム】

内装はおそらく自宅のソファよりも座り心地が良く、音響快適性も追及されているのは当然。だって、それを実現するために130kgもの遮音材を装備しているのですから。これは室内に音が入ってこないようにするために、それだけのたくさんの素材を用いているということ。小さな空間にレコーディングスタジオさながらの設備とでも言いましょうか……。

ただ、そうとなればドライブ音楽をひとつ聞くにも「最高の個室である」と言えるでしょう。シートの座り心地だって言わずもがな、最高級という言葉が似合う仕様ですから。

©ROLLS-ROYCE MOTOR CARS
©ROLLS-ROYCE MOTOR CARS

このロールス・ロイス ファントムは、走っていると路面から伝わるロードノイズを吸音する造り。そのため、ボディや窓も二重構造になっていて、発砲素材やフェルト層までも挿入して音の軽減を図っている。

それに、タイヤメーカーと協力し、タイヤの内部にまでそのノイズを消し去る特殊素材を採用。とにかく、静音性は至れり尽くせり。

そのこだわり、流石!と言うどころか、もはや一般人には理解不能デス。

©ROLLS-ROYCE MOTOR CARS

静かさを求めて最大級の背伸びも?

当然、「お値段、高いんじゃないの?」
なんて声が聞こえてきます。で、実際とんでもなく高価です。

このファントム、新車価格は5460万円からと、東京のベッドタウンに新築一戸建てがゲットできるレベル。
でも、ちょっと待って!その新築の一戸建てを我慢すれば手に入る!ってことです……だいぶ強引ですが。でも、圧倒的に静かな空間で、音楽を楽しんだり、無音の中で考えを巡らせたり。そんなことができる、究極の動く豪邸なのかもしれません。

これこそ、大人による最大級の背伸びだったりします。

Top image: © ROLLS-ROYCE MOTOR CARS
「静か」をキーにクルマを探そう!
Polo。かつて世界の大衆車として君臨していたフォルクスワーゲンのGolfに代わり、その地位を着々と固めているのがこのクルマ。一般大衆にこそ静寂なクルマが...
NSX。エンジンをスタートした瞬間に“音”で存在感を表すのがスポーツカーですが、NSXは他と比べて静寂の一言。スーパースポーツの姿でも、静かな様子はスマー...
テスラ。静かなクルマ選びでいったら当然、静かです。だってエンジン積んでないんだもの……。聞こえる音は、タイヤが転がる音と風を切る音がメイン。
出張先で仕事に励むアナタのレンタカー問題に終止符を打ってくれるマツダ「デミオ」。
ヒュンダイが発表したのは「歩くクルマ」。道路を走行できる上に、脚がグイーンと伸びて、障害物を乗り越えられるような仕様です。
ブラジルのHOOBOX ONE Roboticsが発表したのは、表情で動きをコントロールできる車イス「Wheelie 7」。
英国の心意気をもったクルマ、MINIの未来的クルマ「MINI CROSSOVER PHEV」。クルマについての経験ある40代のエディターが一週間プライベー...
ドイツのスタートアップ「holoride」が開発したのは、クルマの中でプレイするためのVRゲーム。ただ仮想現実を体感させるだけでなく、曲がったり止まったり...
ロールス・ロイスといえば、自動車だけでなく、「エンジンメーカー」としても一流の名を馳せています。イギリスのヨットデザインスタジオ「Claydon Reev...
フランス人アーティストが改造し、誕生したキッチンカー。フライドポテトが作れるキッチンが設置されたものです。知らずに目の前で「パカッ」とされたら驚いてしまい...
この足元用セラミックファンヒーターはまさにペンギン村にありそうなマシンです。イエローのボックスフォルムが最高!
「Carstay」は、クルマで旅をしたいトラベラーと駐車場や空き地を貸して収益化したいホストをつなぐシェアリングサービス。アプリで現在地や目的地を入力し、...
人気映画やドラマをテーマにしたクルーズもファンにはおすすめ。例えば、「Walker Stalker」主催の『ウォーキング・デッド』がテーマのクルーズ。これ...
1月10日、オートバックスが展開するライフスタイルブランド「GORDON MILLER」が、オリジナルで手がけたクルマを発表。
「Moke Amphibie」は、水陸両用車。陸上モード時の最高時速は90km。しかも、四駆にもなるようだ。400ccの単気筒エンジンを搭載したポテンシャ...
「2000N Pressed Shoe」というスニーカーのアッパー素材になっているのは、レザーでもなくスウェードでもなく、車のカーペットです。
TABI LABOライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める記...
車イスで旅行をするための情報を集めた『Have wheelchair will travel』を運営している、Julie Jonesさん。それはハンデでは...
設計は安藤忠雄。美術館か邸宅?なんて思っていたら、実はこれ“馬の邸宅”。そう、牧場なんです。しかも、所有者はトムフォード。安藤忠雄が牧場をデザインしていた...
大人として充実してきた今の生活に、プラスになる何かが欲しい!ってときに思いついたのがクルマ。お洒落で走りもいい「MINI」がやっぱりイイ!っていきついた。