デザイナーが考えた「ロールス・ロイス」がいい!

アメリカ・ロサンゼルスを拠点に活動するフランス人デザイナーJulien Fesquetさんが、「ロールス・ロイス」の最高級モデルである「スウェプテイル」をもとにした独自のデザインを公開。

実際に生産されるかどうかは別の話だが、細部までデジタル化されたその姿から、同メーカーの特徴でもある最先端技術を感じられるだろう。

デジタルルームミラー、専用ディスプレイで表示されるナンバー、ミニマルに仕上げられたヘッドライトやテールランプなど、自動車マニアならずともグッとくる人は多いのでは?

約15億円といわれるロールス・ロイスの最新モデルにこんなデジタル機能が装備されたらはたしていくらになるのか想像もつかないが、これだけは断言できる──あおられる心配は無用だ。

Top image: © Julien Fesquet
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

英「ロールス・ロイス・モーター・カーズ」が今注力しているプロダクトとは「ハチミツ」。イギリスの「グッドウッド養蜂場」では25万匹のミツバチがフル稼働してお...
「ロールス・ロイス」は「イギリス宇宙局」と共同で原子力宇宙調査を開始する。同社はかねてより原子力産業にも力を入れており、宇宙開発に役立てる。
海でも山でも、お供する最高のパートナー。しかも疲れたときには簡単に展開し、心地いい椅子になるのは、なんとあの「ロールス・ロイス」からリリースされたポータブ...
静かな空間としてのクルマ選び。ロールス・ロイスが本気で挑んだ「世界で最も静粛なクルマ」をラインナップに入れずにはいられません。
明日3月2日(火)、大阪・北堀江にアースフレンドリーで楽しいブランドを独自にセレクトしたショップ「Fav_Our_Planet(ファヴ・アワ・プラネット)...
ロールス・ロイスといえば、自動車だけでなく、「エンジンメーカー」としても一流の名を馳せています。イギリスのヨットデザインスタジオ「Claydon Reev...
ブラジルのHOOBOX ONE Roboticsが発表したのは、表情で動きをコントロールできる車イス「Wheelie 7」。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「思いっきりメイクやオシャレを楽しめるマスク」を目指して開発された「BDP mask for make up」(税込2,790円/2枚入り)が、3月2日(...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。