使わない時には本をしまっておくことのできるイス

質問:「あなたは部屋のどこでゴハンを食べていますか?

これは僕の予想ですけど、ソファーで食べるっていう人が、意外と増えているのではないでしょうか。言いたいことは、「現代生活においてダイニングテーブルは要らない」ってこと。そうしたら、必然的にイスだって不要なのでは?

スペースを無駄にしない
ミニマルなデザイン

ここで紹介するのは本棚に収納できるイス。使わないときはスペースを取らないし、イス部分にも物を入れられるので、邪魔にならなそうです。部屋に置いても損はしないのではないでしょうか。

本を読むときだけはここから取り出し、用が済んだら元に戻す、なんて使い方もアリかもしれません。

Bookchair」という名前から、本を入れるように作られたようですが、観葉植物やライトを置いてもイイのかもしれません。鏡やメイク道具をそなえておけば、鏡台としての使い道も。また、Tシャツなどの洋服を入れておく壁面収納としても活躍してくれる可能性だってあります。

ただ、テーブルも取り出せるようになっていたら、もっと使えるシーンが増えていたかも?

Licensed material used with permission by Alias
他の記事を見る
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
安全性や耐久性、そしてインテリアとしてのフォルムのすべてを追求して生まれた本棚。特長はその堅牢性。丈夫な材料を組み合わせてできています。でも見た目はスッキ...
家や部屋はきれいに片付けておきたいけれど、たまの来客用に机やイスがあると便利だし、たまにはソファも使いたい。でも、できればデザインにもこだわりたい…。いま...
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
オランダにある建築事務所『MVRDV』がデザインした「天津濱海図書館」は、壁一面が本棚となっている。ロビーにある大きな球体は、外から見ると巨大な「眼」に見...
道具を一切使わず自分の体だけを使ってイスをつくりあげたNikolas Bentelさん。歯や腕など体の様々な部位だけを使ってイスをつくりました。その内容が...
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
本の楽しみ方はさまざまだ。中の情報を消費するのは当たり前。メッセージを込めたプレゼントとしても優秀。そして何より、こだわり抜かれた装丁は、インテリアとして...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
オランダ人デザイナーThijs Smeetsによる多機能本棚「LiliLite」。山形の部分に本を置くと、ライトのスイッチが自動で作動するっていう仕組み。...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
そんななかで『MONG MONT』は、インテリアの邪魔をしないという今までの考えではなく、むしろ壁に飾って見せるための<芸術性>を重視してつくられました。...
大阪の紙製収納用品専門メーカー「バンドー株式会社」が作ったのは、Tシャツを同じ大きさで簡単にたため、本棚に収納できる「TATEMU」。いわば、“彼ら”に新...
木材が放射線状に複雑に折り重なる様子はなんとも繊細で、圧倒的な存在感。