「デートの誘い文句」になる北欧のランプ。

いい感じになった二人の仲を深めたいけど、面と向かってはっきりは言えない。

そんな時、男が部屋に誘う口実はいくつかあります。学生のころはwiiがあるから一緒にゲームしようとか、ふかふかのソファがあって気持ちいいよとか。

少し大人になった僕なら、このライトで誘いたいですね。

「ARC」と名付けられたこのランプはLED製で寿命は約30,000時間。1日6時間使ったとしても約14年間使えます。値段は$34~(約3,600円〜)。

フィラメント部分は火をイメージして、ずっと見入ってしまうようなデザイン。万が一のために飛散防止の素材を使い、安全性にも配慮しています。

特筆すべきは、そのプロモーション

開発したのは宙に浮くランプを制作したFlyte社。なんと、プロモーションのために”宇宙”ギリギリまでランプを飛ばしてみることに!

風船とカメラ、ライトと回収のためのGPS機器を装着して飛ばしてみます。

実はこのあと上空でGPS機器が故障。どこに落ちたか分からなくなったものの、翌朝地元の漁師がたまたま発見し、連絡をもらったんだとか。

それでもカメラは、ランプとともにしっかり地球と宇宙の”境界”を捉えていました。

「宇宙(ギリギリ)まで行けるランプがあるんだ」

実際に宇宙ギリギリ(成層圏)まで行ったランプは予約購入してくれた人に送られるとのこと。もちろん日本への発送もOKで変圧器もいりません。

Licensed material used with permission by Flyte
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
木材が放射線状に複雑に折り重なる様子はなんとも繊細で、圧倒的な存在感。
重力に逆らい、バランスを保ったように見えるテーブルランプ。普通に考えるとあり得ない光景が、見ているこちらに不思議な感覚を呼び起こします。って、これを見て、...
長い脚、青白く光る複数の目。UMAなインテリア。
「Light Ball」とネーミングされたランプ。遊び心が溢れたスタイルは、「ナイッシュー」という歓声が聞こえてきそう。こちらを手がけたのは、ウクライナを...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
照明にとって最も重要なのは光る部分かも。そこがデザインされてないのはもったいない。D-DIGN Lightシリーズは、そんなコンセプトから誕生しました。
スマホを強制的に手放すよう設計されたのが、このベッドサイドランプです。デザイン性云々よりも、アイデアの勝利です。
月明かりで生活できたなら…、そんなロマンチックな夢を実現したムーンライトがあります。このおぼろげな明かりをまずはその目で確かめて。夜空の月明かりをそのまま...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
デザイナーGavin Munroさんによるプロジェクト。イギリス・ダービーシャー州にある農園「Full Grown」で、生育中の木に接ぎ木や剪定をすること...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp世界的な建築家と数多くのプロジェクトを作りあげてきた...
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
イタリアの家具ブランド「arflex(アルフレックス)」によるこのソファ。日本の伝統的な様式美「盆栽」と「床の間」にインスパイアされたものだとか。